スピード写真は絶対にダメ!!エントリーシート・履歴書の写真はこう撮ろう!

お金の節約のため、とスピード写真で済ませようとはしていませんか?

エントリーシート 

2015.08.16

ざっくり言うと

  • スピード写真がダメな理由
  • 男女別良い写真の例
  • 写真が面接官にとっての第一印象となる

はじめに

履歴書で最初に目が行くのが写真です。

つまり、
この写真が面接官の第一印象となるのです。

絶対に手を抜かないでください!

スピード写真は絶対に不可

スピード写真は絶対にやめましょう。

写真やスタジオで撮影したものとは
明らかな差があります。

そして、服装を変えるなどして、何度か撮影して
もらい、納得のいくものを選びましょう。

一般的に良いとされている写真例(男性)

①髪型
前髪が顔にかからないように。短いほうが良いです。
②ネクタイ
ストライプなどで若さを出しましょう。
③ワイシャツ
白い無地でストレートより
ボタンダウンを選びましょう。
④スーツ
グレーより紺、紺より濃紺や
黒の方が引き締まって見えます。
⑤目つき
正面を見据えて、睨まないようにしましょう。
⑥顔つき
微笑んでいるようなさわやかな表情にしましょう。
⑦姿勢
顎をあげないようにし、胸をはってとりましょう。

一般的に良いとされている写真例(女性)

①髪型
肩までの長さが無難です。
長い場合はすっきりまとめましょう。
②ブラウス
襟の大きなものや華麗なものは避けましょう。
③スーツ
グレーが濃紺、黒が定番です。
明るい色が好まれる業種もあります。
④メイク
口紅やチークは薄めにしましょう。
そして、眉尻は強く書かないようにしましょう。
⑤アクセサリー
小さなピアス程度にしましょう。
ネックレスや派手なアクセサリーは避けましょう。
⑥目つき、顔つき、姿勢については
男性の場合と同じです。

おわりに

いかがでしたか?

人生を左右する就活だらこそ写真一つにも
絶対に手を抜かないようにしましょう!!