自己PRはどのように作る?作成のコツとアピール方法を紹介します!!

ちょっとしたコツをおさえれば自己PRが苦手なものから得意なものへと変わります。

自己PR 

作成日:2015年08月17日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • 自己PRで面接官が知りたいこと
  • 自己PR作成の3ステップ
  • アピールパターンベスト8

はじめに

実は自己PRは簡単に作れます。

作れないのはコツを知らないだけのことです。

面接官が知りたいことをどう伝えれば
効果的かがわかれば簡単に作れます。

面接官が一番知りたいこと

エントリーシートや面接における質問で一番多いのは
学生時代に一番頑張ったことは何ですか?」です。

では、なぜ面接官は学生時代に
頑張ったことを知りたいのでしょうか?

この一番の理由は学生が
物事に対して一生懸命頑張れる」という行動特性を
持っているかどうかチェックしたいからです。

頑張ったことは何でもよい

サークルやアルバイト、ゼミなど、
どんなことでもテーマになります。

大切なのは、どのくらい頑張ったかです。

その頑張った度合いだけ、
「物事に対して一生懸命頑張る」
行動特性が高いと判断されます。

頑張る行動特性が高いほど、
社会人になったら仕事に対しても、
その行動特性が高く発揮されると面接官は考えます。

自己PR作成の3ステップ

①テーマの選択
 (部活、サークル、アルバイトなど)
②切り口の選択
 (継続年数、積極的取り組み、根性など)
③表現手法の選択
 (実例アピール、大きな数字をアピールなど)

つまり
どんなテーマ
どんな切り口
どんな表現手法で書くか
ということです。

例えば
部活をテーマとして
継続年数を切り口として
大きな数字でアピールする手法で書く
という感じです。

特に②、③はアピール力の強い
自己PRを作るためには非常に重要です。

アピールパターンベスト8

以下のアピールパターンを応用すれば、
面接官に対してアピール力の強い
頑張ったネタの自己PR」が簡単に作成できます。

①実例の質でアピール
②実例の数でアピール
③ナンバーワンでアピール
④大きな数でアピール
⑤実績でアピール
⑥増加でアピール
⑦ユニークな能力でアピール
⑧インパクトでアピール

おわりに

いかがでしたか?
自分だけの自己PRは作れそうですか?

何を問われているのか
ということを忘れないようにしてください!

タグ