自己分析って就活の中で出来るって知ってた??

面接などをしながら自己分析も進んでいけば一石二鳥ですね!

自己分析 

2015.08.18

ざっくり言うと

  • 就職活動で自己分析が必要な理由
  • 自己分析は繰り返し行うもの
  • 自分を知ることは簡単なようで難しい

はじめに

就活でよく自己分析が大事って聞きますよね!

どんなことをやればいいのか
悩んでる人も多いと思います。

でも実は!!
就活をしながら自然に進めることができるんです!

就職活動で自己分析が必要な理由

就職活動は、多くの企業の中から
自分に合う企業を探し、その会社に
自分の強みをアピールしていくプロセスです。
その中で最も大切なのは自己分析と言われています。

なぜなら、
就職活動のすべてのプロセスの中心に
自己分析があるから
です。

自己分析がしっかりできていれば、業界や企業を
選ぶ際やエントリーシートを書く際、
面接試験の際にも自信を持って臨むことが出来ます。

自己分析を深めていくことが、
限られた時間の中で本当に自分に合った
就職先を見つけるためのコツです。

自己分析は繰り返し行うもの

自己分析は繰り返し行うことが重要です。
ではどのようなプロセスで行えばよいのでしょうか。

【①過去の自分を振り返る】
幼いころから自分がどんなことに
興味を持っていたのか振り返ってみましょう。

夢中になっていたこと、得意だったこと、
苦手だったこと、学業以外に行った習い事、
アルバイト等の自分が経験してきたこと、
そしてそれらを通じて学んだこと、など
強く印象に残っているエピソード
思いつく限り書き出しましょう。


【②現在の自分の価値観、職業観を知る】
あなたが大切にしていることや、何か物事を
進めるとき際に譲れないことはどんなことですか?

企業はあなたの仕事んい対する姿勢や価値観、
人柄を知りたいと思っています。
自分の核をしっかりと固めるためにも
価値観や職業観を考えることが必要です。


【③現在の自分の長所、短所を考える】
就職活動では「やりたいこと」だけでなく、自分が
「できること」をきちんと伝えることが大切です。

そのためにも自分の長所、短所、得意なことや
不得意なことを考えその根拠を明確にしてください。

長所と短所は裏返しです。
短所ばかりに目がいってしまう場合は、
短所を裏返して長所を見つけてみましょう。
家族や友達に聞いてみることも大切です。


【④将来の夢、理想の自分を考える】
将来○○してみたい!
こんな社会人になりたい!など
将来への夢を具体的に持つことも大切です。
具体的なイメージがわかない人は、
理想の人や憧れの人を分析してみましょう。

なりたい自分、理想の自分が
具体的に浮かび上がってきます。

おわりに

いかがでしたか。

自己分析は簡単に見えて難しいことです。
日頃からしっかり行いましょう!!

タグ