これであなたも就活マスター!就活マスター!就活ノートの作り方

就活ノートって作りたいけど難しい、って思っていませんか?

業界・企業研究 

2015.09.03

ざっくり言うと

  • なぜ就活ノートを作るの?
  • ノート選びのポイント
  • ノートに書くべき項目とは?

はじめに

そもそも就活ノートは、
なぜ作らなければならないのでしょう?

その目的は2つ!

企業の説明会やセミナーの情報をまとめるため

得られた情報から自身の考えを整理し、
  傾向を理解するため


多くの企業の説明会に参加していると、
どこがどのような企業だったか
分からなくなりがちです。

情報をストックするという意味でも、
自分に合う会社を探すためにも、
就活ノートを活用していきましょう。

そんな就活ノートの作り方を紹介します!

用意するもの

【ノート】
業界別に数冊(3〜5冊)用意しておくと良いです
付箋をつけたり目次ページを作ったりして
自分なりの工夫をすると使いやすくなります。

【ルーズリーフ】
後からページを付け足せるため、
複数の企業の選考が
同時進行で進む就活においては
整理が簡単なのでオススメです。

ポイント

①得られた情報だけでなく、
自分なりの気づきや感想もメモしましょう。

②後から書き足せるように余白を広めにとりましょう

③記入のタイミングは
できるだけ会場に居残って書き終えましょう
家に帰ってからだと忘れがち、、、

シャープペンではなくボールペンで記入
ESを書く練習にもなります。

ノートに書くべきこと

就活ノートを作るにあたり、
具体的にどのようなことを書けばいいのでしょう?

基本的な項目としては以下の3つです。

【セミナーや説明会】
①企業名

②イベント内容
セミナーや説明会では、
その企業がどのような人材を求めているか
知る手がかりがあります。
後の選考対策の材料にもなるため、
しっかりメモしておきましょう。

③スピーカー社員の部署名と名前
説明会に参加する社員は
採用のキーマンであることが多く、
後の選考において面接官として
話す可能性があります。

④気づきや感想
自身のキャリア感
これからのアクションプランについても
併せて記載しておくと、
自身の成長を確認することができます。

⑤企業についての印象
印象を記録することで自分の志向
(どんな企業・環境を好むのか)が
明確になってきます。
書くことで思考を整理し、
より正しい意思決定をすることができます。

⑥連絡先


【スケジュール】
①インターンシップの日程と内容

②説明会、セミナーの日程

③エントリーシートの提出期限

④Webテスト、筆記試験の日程

⑤面接の日程

⑥正式内定予定日


【就活の記録】
①インターンシップの記録
内容や提出書類について

②エントリーシート
記載内容、選考結果と反省

③Webテストや筆記試験の記録
テスト形式と内容、選考結果、反省

④面接の記録
形式、レベル(1次、2次など)、質問内容、
自身の回答、反応、結果、反省を記録しましょう。

また、面接内容を振り返り、
面接官の意図を推測してみましょう

これを繰り返していくと、
面接中に質問の意図がわかるようになっていきます。

おわりに

就活ノートは情報をストックするだけでなく、
その後のキャリア選択を考える材料にもなります。

自分なりのノートを作り、
明日からの就活に活かしていきましょう!

他のオススメ就活対策記事

もっと見る