トップ > 就活対策一覧 > エントリーシートや履歴書で意外と書き方に困る趣味と特技の上手な書き方!

エントリーシートや履歴書で意外と書き方に困る趣味と特技の上手な書き方!

趣味と特技の欄で自分をアピールしませんか?

エントリーシート

作成日:2015年09月03日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • 趣味特技を聞かれる理由とは
  • 書き方の3つのコツ
  • 具体的には?

はじめに

履歴書やESの趣味・特技欄。

小さいからって適当に書いたり、
特になし。などと書いてはいませんか?

実は、趣味・特技欄からも、
採用担当者はあなたのことを見ている
のです。

趣味や特技がない!!そんなあなたは、
ここで書き方を学んでみましょう。

趣味・特技を聞かれる理由

①実績や物事に対する集中力を図る
これまでの実績や物事に対して、
どれだけ集中して取り組めるか
図るために書かされます。

つまり、アピールポイントになるのです!
きちんとアピールするために、
「趣味を通じてこんなことが出来るようになった」
「特技での実績は○○である」

という書き方をしましょう。


②趣味や特技が仕事に活かせるかどうかを確認する
複数の趣味や特技がある場合は、
より自己PRするために希望している企業に
何らかの形で関係があるものを選びましょう。

より面接官が興味を持って質問をしてくれます。


③人物像を見て、「会話のきっかけ」にする
面接官はあなたの人物像を知るために、
趣味・特技から人物像をイメージし、
面接官は「会話のきっかけ」にします。

重要なアピールポイントとして、
手を抜かずに書きましょう。

書き方の3つのコツ

①面接官が食いつきそうなネタを書く。
面接中に一度は注目する趣味や特技。

面接官が話題に出してくれるような、
食いつきそうなネタを書くと、
よりアピールになります。

仕事に何かしら通じる、
または面接官が個人的に興味のある
趣味や特技には関心を示してくれます。

複数記載して、特に触れてきた分野の
趣味・特技の話題を広げるようにしましょう。


②どれだけ真剣に打ち込んできたかアピールする
大事なことは、
どれだけ熱中して打ち込んできたかを書くことです。

特技では、人と比べて優れている点について書く
自己PRにもなりますし、説明しやすいので、
具体的な数字で業績をアピールしましょう。


③具体的なエピソードを添える
漠然とではなく、
一歩踏み込んだ具体的なエピソードを書きましょう。

何故特技と言えるのか、
どのように仕事に活かせるのかが
面接官に伝わるように書くのがポイントです。


【書き方の例】
料理・・・
料理の腕には自信があり、
本格的な料理教室に通った経験もあります。
基本的な料理は一通り作ることが出来ます。

パソコン・・・
ExcelとWordが得意で、
よく友人たちに教えています。

旅行・・・
知らない場所で新しい発見をするのが楽しいです。
電車やバスで隣り合った方と
お話をするのが旅行の醍醐味です。

読書・・・
通学時間や寝る前の時間を利用して読書をします。
昨年は年間で100冊の本を読みました。

書道・・・
小学校の頃から続けていて、
師範の資格を持っています。

○○語・・・
海外への留学経験があり、
ビジネス会話、文書にも対応できます。

スポーツ・・・
学生時代は名門高○○に所属し、
現在でも週末に汗を流すようにしています。

企画力・・・
主体的に旅行やイベントなどを企画し、
スケジュール管理などもしっかりこなし、
メンバーから「楽しかった」と言ってもらえました。

次のページ