リアライブ

コラム

「〇〇上場」ってどういう意味?
いまさら聞けない
「上場」について徹底解説

7,658views

閉じる ×

はじめに

「東証一部上場」などという言葉を
よく耳にしますが、 「上場」がどのようなことか
いまいちわかっていない人も多いはずです。

そこで、いまさら聞きづらい
「上場」について説明します。

そもそも上場とは

証券取引所で株式が売買されるようになること
を「上場」と呼び、その株式を発行している
企業を「上場企業」と呼びます。


【メリット】
・資金調達がしやすくなる。
→上場することで、
銀行から融資を受けやすくなります。
また、株主からも資金を集めることが出来る
ようになります。

・企業価値が高まる。
→上場するためには厳しい項目をクリアしなければ
ならず、また財務諸表を公開するため経営の透明性も
認知できるようになります。
そのため、
「上場企業」=企業価値が高い、となります。

・優秀な人材を集めやすくなる。
→企業価値が高まるため、
優秀な人材が集まりやすくなります。


【デメリット】
・買収されるリスクがある。
→株式を公開しているため、株式を買い占められ
買収される恐れもあります。
・株主が経営に口を出す。
→株主たちは資金を提供する代わりに持ち株の
割合に応じて、議決権を得ることが出来ます。
また、株主たちは目先の利益を追求する
傾向があるため、長期的な視点で
事業に取り組みづらくなります。

非上場企業

非上場企業の中には、
上場基準を満たしているにもかかわらず、
戦略的に非上場企業であり続ける企業があります。


【最も重要視するメリット】
・株主の意見に左右されずに経営できる。
→前述した上場企業のデメリットにあるように、
上場すると、株主たちに議決権を与えてしまいます。
目先の利益を追求する傾向がある
株主たちの意見に左右されないために、
非上場企業であり続けることを選択しています。


【戦略的に上場しない有名企業】
・サントリー
・ロッテ
・小学館
・朝日新聞社
・JTB
・竹中工務店
・佐川急便
・森ビル

株式市場の違い

「〇〇上場」の〇〇には株式市場の名前が入ります。

日本にはいくつかの証券取引所があり、
その中でも大企業向けや、新興企業向けに
株式市場が分かれています

日本の大企業のほとんどは
東証一部に上場しています。


【東京証券取引所(東証)】
・一部市場=大企業向け
・二部市場=中小企業向け
・マザーズ=新興企業向け
・ジャスダック=新興企業向け

【名古屋証券取引所(名証)】
・一部市場=大企業向け
・二部市場=中小企業向け
・セントレックス=新興企業向け

【札幌証券取引所(札証)】
・一部市場=大企業向け
・二部市場=中小企業向け
・アンビシャス=新興企業向け

【福岡証券取引所(福証)】
・一部市場=大企業向け
・二部市場=中小企業向け
・Qボード=新興企業向け

おわりに

どの市場に上場しているかによって
会社の規模を見分けることもできますが、
前述したように戦略的な非上場企業もあります。

なので、
一概に上場していないから悪いとも言えません。

また、自身の力で企業を上場させることもやりがいの
一つなので、 自身に合った企業を探す一つの手段
として、上場しているのかどうか、
どの市場なのかを調べてみてください。

閉じる ×