【最短で内定が欲しい人必見】就活で押さえるたった2つのポイント

自分と企業の価値観をマッチングさせるためには?

業界・企業研究  自己分析 

2015.09.04

ざっくり言うと

  • 自己分析や企業研究の最終的な目的は「採用担当者に良いイメージを残すこと」
  • 自分を理解し、採用方針と合致する企業を見つけよう!
  • 企業にアピールすべき2つのポイントをご紹介

はじめに

面接、エントリーシート、自己分析、企業研究など、
就活でやらなくてはならないことは山積みで、
なんだか嫌になっちゃう・・・という人も多いはず。

しかし、面倒だからといって
どれも疎かにするわけにもいきません。

実は、面倒な就活の本質には
ある共通点 があります。

この共通点をおさえることで、
面倒な就活がシンプルになってしまうのです。

このコラムでは、それらの共通点から
内定を手にするための最短ルートを教えます!

共通点とは

面接やESや自己分析や企業研究などを
行う最終的な目的は何だと思いますか?

それは、

採用担当者に良いイメージを残すこと

です。

自己分析・業界研究・企業研究は、
良いイメージのネタ探しにあたり、
それを実際に採用担当者に伝える場面が
面接やエントリーシートにあたります。

自己分析や業界研究や企業研究と聞くと、
すごく大変そうに聞こえます。

しかし、結局これらの目的は

自分を理解すること

企業の採用方針を見極めること

の2点です。
内定は、これら両者が一致したときに得られます。
つまり、この2つの見極めさえきちんとしてから
就活に挑めば、内定は誰でも手に入ります!!

①自分を理解する

【目的】
過去・将来を考えることで、
「自分の軸(価値観)」を発見する

【ポイント】
「なぜ」「どうして」の問いかけを続ける
表現の転換(具体的⇔抽象的)

はじめに「自分史」を作成します。

まずは、なるべく幼い頃からの
できごとを書き出すようにします。

面接官にどの角度から突っ込みを入れられても
いいようにこれまでの人生の全体感を把握します。
キーワードを書き出すぐらいでよいです。

ただし、キーワードに基づいた
エピソードを話せるようにしておきましょう。


次に、高校・大学を中心に掘り進めます。
ここで注意するべきは、自分の志望している
業界に合わせた内容にしないこと。
また、字数に制限を設けずに書くことです。

これを基に、自分の軸や価値観の発見を行います。
具体的には、高校の時
「なぜ」その部活に入部したか?
「なぜ」その音楽にハマっていたか?など、
ささいなことでも問いかけを行うようにしましょう。


最後に、表現の転換を行います。
高校3年生の時に県で優勝できてうれしかった
というのは、抽象的な表現の段階です。

そこで、
より面接官の心に刺さるストーリーを作るためには、
具体的な表現に落とし込む必要があります。
高校1年生・2年生の時の成績はどうだったのか、
そのときの課題は何だったのか、どのように
解決したのかなどを踏まえたうえで、
どのように嬉しかったのかという流れで
ストーリーを展開できると、
エントリーシートや面接のネタに繋がります。

②企業の採用方針を見極める

実は、企業が求めているのは
「頭がいい人」一択とは限りません。

企業が求めているのは
「企業の利益に貢献できる人」です。
企業の利益に貢献できる人の判断基準としては、

利益に貢献できる能力があるか
能力を引き出すための高いモチベーションがあるか

よって、
就活では上記の二点をアピールすることが大切です。

また、自分の能力を他者と比べる必要はありません。
なぜなら、企業は
「様々な能力を持つ人をバランスよく採用したい」
と考えているためです。

自分の能力を判断するのに加え、企業の
採用ポートフォリオを見極めることが大切です。

採用のポートフォリオを見極めるためには、
企業の戦略を知ることが大切です。

そのために、押さえておくべきは
「新聞からの情報収集」です。

新聞からの情報収集方法について知りたい方は
こちら】もチェック!

おわりに

多くの就活生が、
就活に対して困難なイメージを抱きがちです。

しかし、実際に行われていることは
「自分と企業の価値観のマッチング」 だけです。

堅苦しく構え過ぎず、
「なんで今のバイトを始めたんだっけ?」
「バイトで楽しいことってなんだろう?」
「なんで、○○が好きなんだろう?」
など、普段の生活の中にある
自分の価値観考えることから始めてみましょう!

他のオススメ就活対策記事

もっと見る