トップ > 就活対策一覧 > インターンで最強プレゼン発表法!

インターンで最強プレゼン発表法!

これを読めば絶対にプレゼンが上手くいく!

インターンシップ

作成日:2015年09月14日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • インターンで行われるプレゼンテーションに自信がない方必見!
  • プレゼンが絶対上手くいく5つのコツ
  • 最後にまとめを入れることで印象付けることができる!

はじめに

インターンで行われるプレゼンテーション。

実際プレゼンをする機会はあまりなく、
不安のままプレゼンをした苦い経験はありませんか?

「どうしてプレゼンをするの?」
「どうしたらプレゼンがうまくいくの?」

と考えている人も多いはずです。

今回は、そんな人の悩みに答える
最強プレゼン発表法特別に公開します!!

なぜプレゼン力が必要なの?

プレゼンは就活だけでなく、
仕事の場でよく使われます。

社内での会議の場や、取引相手への交渉材料、
営業での商品のPRの場など、多岐に渡ります。


ビジネスの現場では、
相手に自分の考えていることを理解してもらう
必要があります。

そのために重要なのが、【プレゼン力】なのです。

プレゼン力が高い人は、
将来仕事が出来る可能性が高い人と言えます。

プレゼンがうまくいく!5つのコツ

①堂々と話す
意外と出来ない堂々と話すこと。

グループワークの発表では
初対面の人ばかりで緊張する場面です。
多少緊張しても、自信がなくても、
【堂々と】話しましょう。

<堂々と話す効果>
▼聞き手を説得させる効果が上がる
▼聞き手にきちんと聞いてもらう
雰囲気作りができる

プレゼンは、相手を動かすコミュニケーションです。
聞き手どう聞いてほしいのかを意識して、
まずはこの基本から出来るようにしましょう。


②結論から話す
結論first

過程から話してしまうと、「結論は結局なんなのか」
曖昧なまま、せっかくの発表を終えてしまいます。

結論をきちんと述べたうえで発表しましょう。


③定義や前提を明らかにする
グループワークで与えられる課題の中には、
定義や前提が不明確のままのことがあります。

自分が考えている定義・前提と、グループメンバーや
聞き手が考える定義が一致しているとは限りません。

「そもそも○○の定義/前提は・・・」
と定義づけをはっきりとさせ、
誰が聞いても同じ定義・前提にしましょう!!


④伝えたいことは一つにまとめる
プレゼンでは、
伝えたいことは一つにまとめましょう

伝えたいことが何個も何個もあると、
聞き手は「本当に伝えたいことはなにか」
分からなくなってしまいます。

伝えることは一つにまとめ、複数の具体例を提示し、
伝えたいことを支えるような発表にしましょう。


⑤最後に「まとめ」を入れる
最後にまとめの部分を入れましょう。

もし聞き手が複数のプレゼンを聞いている場合、
「この班のプレゼンはどんな内容だったっけ」
と忘れられがちです。

そうならないためにも、
最後に言いたいことを繰り返すことで、
念押しにもなりますし、
聞き手へしっかりと印象付けることが出来ます。

プレゼンのフレームワーク

このようなフレームワークに沿って
考えることにより、内容がシンプルで
まとまりがあるプレゼンになります!!

必ず活用しましょう!!


また、プレゼンでのスライドを上手に作成したい方は
コチラ】をチェック!

おわりに

ちょっとしたポイントを意識するだけで、
あなたのプレゼンテーション力はぐんと上がります!

また、プレゼンは
相手へプレゼントを届けること
だと心得ましょう。


プレゼンは就活だけでなく、
ビジネスの場でも何回も使われます。

今のうちにコツを掴み、
プレゼンに対する苦手意識を克服しましょう!