トップ > 就活対策一覧 > 就活に早起きは鉄則!?朝を有効に活用する方法は?

就活に早起きは鉄則!?朝を有効に活用する方法は?

朝が弱い人必見!絶対に説明会等に遅刻しない早起きのコツ!

マナー

作成日:2015年09月15日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • 朝が弱い方に向けた早起きのコツ!
  • 5つのポイントを紹介します!
  • 簡単にできる早起きのコツ!

はじめに

就活において、朝寝坊は厳禁です。
しかし、どうしても早起きが苦手な方や、目が覚めても体を動かせないという方も多いのでは!?

これから
朝が弱い方に向けた早起きのコツ
を5つ紹介します。

①「光」を浴びる

人間は「光」を浴びると
脳内物質のセロトニンが分泌され、
脳が覚醒状態になります。
これを利用し、起床に合わせて
「光」を浴びられるように工夫をしてみましょう。


カーテンをあらかじめ少し開けておいたり、
照明のタイマーを起床時間に合わせてセットすると
起床に合わせ上手に「光」を浴びる事ができます。

②寝る前にカフェインを摂取しないようにする

「カフェイン」は脳を覚醒させる働きがあります。
また、睡眠物質を抑制する働きもあるといわれています。
そのため夜にカフェインを摂取すると
なかなか眠ることができず、
翌日の起床に響いてしまう可能性が高いと考えられます。

カフェインはコーヒー以外にも、
お茶や栄養ドリンクなどにも含まれています。
これらの飲み物を夜遅くに飲まないようにしましょう。

③ストレッチを行い、体に血液を循環させる

「目を覚ますことはできるが、頭が回らなくてなかなか身体を思うように動かせない」という方も多いのではないでしょうか?

起床後に頭がぼーっとするのは、
脳が十分に覚醒していないためです。
そのような方には、
起床後の軽いストレッチが効果的です。

起床後のストレッチには脳に血液を行き渡らせ、
意識をはっきりさせる効果が期待できます。
寝起きのストレッチは難しいという方は、
上半身を軽く動かしたり、
手を開閉するだけでも効果があります。

タグ