トップ > 就活対策一覧 > 【就活体験記】テレビ局内定者に聞いた打ち込むことの大切さ

【就活体験記】テレビ局内定者に聞いた打ち込むことの大切さ

先輩の経験から学ぼう!

就活セミナー

作成日:2015年09月15日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • 打ち込むことの大切さ
  • 先輩の就職活動を覗き見!
  • 先輩の経験から学ぼう!

プロフィール

・22歳男性
・所属 :慶應義塾大学
・サークル:無所属
・資格 :普通自動車免許
・TOEIC :なし
・内定先 :テレビ局T
・就職先 :テレビ局TT
・アピールポイント
日本一を目指し打ち込んだ経験(学外)

企業・業界選びの軸

スポーツの魅力を伝える仕事がしたく、最もそれを体現できるのはテレビ局であると思ったため。

スケジュール

12月
・OB訪問(~3月)

3月
・ES提出

4月
・選考(~5月初旬)

*インターンシップ・説明会不参加(参加することは勉強になると思うが、他の活動で多忙であったため)
*テスト対策なし(テレビ局は特殊なため)

OB訪問に力をいれた理由

人数:20人くらい(2企業)

現場の詳細・やりがい・改善すべきポイントや会社の本質が見える。
また、その会社・部署にしかない強みが分かる。

これにより面接でも、なぜその会社なのか、なぜその部署なのかが説明できるため、必ず力をいれて行うべき!

自分が採用されたと思う理由

その会社の求めている人材とマッチしたこと。
丹念に自己分析を行い、自分の強みを明確にし、また企業研究をしその企業が求めている人材を考え、それを重ね重ね面接でアピールした。

就活に役立った経験

学生時代、自分の身を削って打ち込んできたものがあったこと。

3年生へのメッセージ

【大変だったこと】

OB訪問は神経をすり減らすものだった。
事前準備や事後対応が非常に大事だと感じた。

【やっておけばよかったこと】

英語の勉強。
英語が話せることで損をすることはない。少しずつでも良いので、時間のあるうちに勉強しておくと良い。

【3年生へ】

就活は人生を決める一大イベントです。
妥協だけは絶対にしないようにしましょう。
やっている最中は辛くても、後で振り返れば良い思い出です。

関連記事