トップ > 就活対策一覧 > インターンシップ後の懇親会、立食パーティーももう怖くない!

インターンシップ後の懇親会、立食パーティーももう怖くない!

今からマナーを身につけて備えましょう!

インターン・ジョブ

作成日:2015年09月15日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • 立食パーティーで最低限押さえておきたいマナーを紹介!
  • 意外と知らなかったパーティーマナー!
  • 交流を深めるだけではなくマナーもしっかり

はじめに

一週間以上のインターンシップを終えると、
多くの場合懇親会が設けられています。

その目的はインターン生同士や社員等様々な人と
交流を深めてもらうという点にあるので、
話しやすい立食形式であることが多いです。
またインターンシップ以外にも、
内定者懇談会は立食形式が多いので、
今からマナーを身につけて備えましょう!

身支度

立ち姿が綺麗に見える服を選びましょう。
指定がないのなら
男性はスーツ、女性は上品なワンピース
等がおすすめです。

第一印象が子供っぽくなってしまうので、
ハンカチやペンなどの
キャラクターものは外していきましょう。

また、座ることがほとんどないため、
足が疲れにくい靴を履いていきましょう。
足元の疲れが表情の悪さに繋がり、
初対面の印象を悪くしかねません。
女性はハイヒールではなく、
履きなれた靴がおすすめです。

また、会場に入る前に
荷物は小さめのショルダーバッグにまとめ、
コンパクトにしましょう。
大きいカバンやコートは
事前にクロークで預けるのがマナーです。

会場内で

【お皿・グラスの持ち方】

立食パーティーではできる限り
利き手をあけておきます
会話の最中の簡単な身振りや握手など
何かと空いてると便利です。

また、冷たい飲み物を持つ場合には
グラスの下半分に紙ナプキンを巻きましょう。
冷たい飲み物の入ったグラスには
水滴がつくので、そのせいで
手が濡れてしまったり、床が滑りやすくなってしまう
などのトラブルを未然に防げます。

【料理の取り方】

料理はカウンターに用意されたものを
右から左へととっていきます。
基本的にコース料理の順番通りなので、
前菜→魚料理→肉料理→デザート
となっています。

料理を盛る際は、
一度にたくさんの料理をのせていると
見た目も悪くみっともないので、
前菜から3種ずつ、メインから2品ずつを意識して、
少量をバランスよくとりましょう。

また、温かい料理と冷たい料理を
同じお皿に盛ることは
作り手に対して失礼にあたるので
マナー違反ですl

【話を聞く際の注意点】
インターンシップの懇親会であれば、
主催者から会場全体に向けて、
インターンシップお疲れ様でした、
というような話が必ずあります。

立食パーティーの最中は
基本的に会話をしながら飲み食いできますが、
誰かが会場全体に向けて話している最中は
必ず手にしているお皿・グラスは
テーブルに置きましょう。
真剣に話を聞いている
という姿勢を見せることが大切です。

おわりに

以上が立食パーティーで最低限!
押さえておきたいマナーです。

立食形式は難しいと感じる人もいますが、
マナーをしっかり身につけていれば
きっと大丈夫です。

またとないチャンスだと思って、
インターン生や社員等と積極的に
コミュニケーションをとっていきましょう。

このような立食形式の懇親会の目的は
食事ではなく、あくまで交流を深めることだ
ということを忘れないでください。