【就活体験記】会った社会人の数は1000人以上!?そして私が気付いたことは…

こんな学生はなかなかいない!貴重な体験を読んでおこう!

2015.09.16

ざっくり言うと

  • 1000人の社会人と会って気づいたこと
  • 先輩の体験記!
  • 貴重な体験を読んで自分の就活に役立てよう!

プロフィール

・23歳 男性
・所属   :日本大学 法学部(政治経済学科)
・ゼミ   :国際私法に関するゼミ
・サークル :学園祭実行委員会
・アルバイト:ホテルスタッフ/映像製作会社で編集の仕事
・資格   :TOEIC785点/宅地建物取引主任者(宅建士)
・内定先  :ITメガベンチャー、外資系医療機器メーカー、総合広告代理店、
       企業向けソフトウェア開発大手企業、家具卸大手企業
・就職先  :ITメガベンチャー
・アピールポイント
①アルバイト(想像力の豊かさ/知的好奇心旺盛なところ)
②サークル活動(人間関係構築力/人間観察力)
③広告業界の面接時のみ、映像制作会社で培ったスキルを、専門用語を用いて具体的にアピールした。

企業・業界選びの軸

スピード感
会社の向かっているベクトルと、自分の向かっているベクトルが同じということを前提に、様々なことに挑戦させてくれる環境にある企業に魅力を感じた。
「1に対して1で満足するのではなく、1を与えられて3や4を生み出せるような環境で仕事がしたいと思った。」

世の中に対して使命感を持てる仕事
自分の生み出したもので、人が喜んだり幸せになったりするのを見ていることが凄く好きで、それが自分にとってのやりがいであり使命感だと感じた。
また、人々の生活にとって絶対に必要不可欠なものを根本から支える仕事をしたいと思った。

【実際に受けていた業界】
・広告
・MR
・インフラ
・IT
・小売

スケジュール

大学2年3月
・学生と社会人の交流イベントに参加(〜今も継続)

大学3年5月
・合同説明会参加(6回)
・就活セミナー(4回)

6月
・合同説明会(4回)
・就活セミナー(5回)

7月
・5DAYSインターン
・3DAYSインターン
・就活セミナー(3回)
・15卒16卒交流会

8月
・5DAYSインターン
・1DAYインターン

9月
・20DAYSインターン
・就活セミナー(2回)

10月
・就活セミナー(4回)
・15卒16卒交流イベント

11月
・就活セミナー(7回)
・OBOG訪問(4回)

12月
・就活セミナー(3回)
・面談(お話しましょう)(4回)
・1DAYインターン

1月
・1DAYインターン
・就活セミナー(6回)
・面談(3回)

2月
・就活セミナー(9回)
・面談(8回)
・15卒16卒交流会

3月
・就活セミナー(5回)
・面談(8回)
・3DAYSインターン

大学4年4月
・企業のセミナー(11回)
・面談(5回)

5月
・企業のセミナー(4回)
・面談(7回)

→志望度の高い企業から内定をもらったため、就活終了

就職先を決めた理由

そこで働く人の熱意や人柄を、実際にインターンを通して知って、魅力を感じたから。また、リスクヘッジをしっかりとした上で会社の利益になることであれば個人を尊重してたくさんのことに挑戦させてくれる環境の良さ。イメージとしては、会社が社員の背中をポンっと押してくれるような存在で、他にはなかなか無いからここを選んだ。

就活を通して最も大切にしてきたこと

ずっと継続してきたことは、社会人にとにかくたくさん会うこと

その理由として、日本に約270万社ある中でその全てを企業研究するのは難しいけど、150ほどある業種業態という観点から見ればそれらを研究することは可能だと感じて、それをやることが自分の本当にやりたいことを見つけられる最善の方法だと気付いたから。実際にそこで”社会人に会った数と内定獲得率は比例する”と感じた。

それを感じてから社会人と合えるイベントには積極的に参加して、トータルで1000人以上の社会人とお会いさせていただいた。それが自己分析企業研究をする上で本当に役立った。

3年生へのメッセージ

最も伝えたいことは、就職活動に正解はないということです。

でも、そこが就職活動の面白いところだと思います。
だからこそ、思い立ったら即行動して自分にあったやり方を見つけるのが大切です。ただ単に内定をとるということだけを考えずに、内定をとったあとにその会社で自分が何をしたいのか、それを常に自問自答してください。その熱意が本番で武器となって面接官の心を動かします。

関連記事

・早期内定のコツ伝授!→[こちら]

・今すぐすべき事前準備とは?→[こちら]

・知っておくべきビジネス用語!→[こちら]