学生が苦手な集団面接「事前準備」で劇的に変わる!面接に挑む極意を教えます

集団面接が苦手な人に5つの極意を教えます。

面接対策 

2015.09.21

ざっくり言うと

  • 集団面接の極意を紹介!
  • ポイントは事前準備
  • 5つの極意を紹介!

はじめに

「集団面接は苦手、嫌い」
「個人面接は得意なのに...」

こんな風に思ったことはありませんか?

実はそんなあなたは就活でかなり
「損」してしまうかもしれません。

集団面接は一人一人の持ち時間が短いので、
少ない時間で自分を目一杯
アピールしなければなりません。

そのため、実は
良いパーソナリティを持った学生でも
自分をアピールすることが出来ずに
埋もれてしまうことがあるんです。

そこで今回は、そうならないための
集団面接の極意をお伝えします!

【極意①】自己紹介の準備をする

集団面接でほぼある、自己紹介の時間。
第一印象を決めるので非常に大切です。

自己紹介に使える時間は1分です。

短い時間の中で上手に自分をアピールできるような
以下の項目を満たした自己紹介を考えましょう。

《内容》
・名前、大学、学部
・主な専門分野
・自己PRとなる活動内容に触れる
 (自己紹介=自己PRの入り口と捉える)
・自分の性格、アピールポイント(一言で)
・企業に魅力を感じているポイント
・最後は元気よく挨拶で締める


【自己紹介例】

「○○大学の佐藤と申します。
 大学では、経済を専門としています。学業以外は
 バスケットボールの部活動に取り組みました。
 チームで何かを達成するために
 努力をおしまない姿勢には自信があります。
 御社の××という分野の△△に魅力を感じ
 志望しました。本日は宜しくお願い致します! 」

自己紹介の段階で
企業への興味をアピールできていれば
周りと差が付けられます。

【極意②】話を簡潔かつ聞き手にとって魅力的な話にする

面接官は短い時間で複数人の学生を
評価しなければならないので、
話が簡潔に話せない学生は面接官にとって
評価を大幅に下げる対象になってしまいます。

《簡潔にまとめるコツ》
・話は長くても90秒以内に話す
・結論から述べる
・要点だけを述べる


いきなり聞かれたことに対して
90秒にまとめて話すのは難しいです。

ですが、よく聞かれる質問である志望動機、
自己PRは事前に話せるよう準備することが重要です。

‣聞き手にとって魅力的な話とは

同じ話でも話の切り口で聞く側の意識も変わります。
例)
①「俺、誰にも負けないくらい
  かっこいいプロポーズしたんだ」
②「俺、最近5年間付き合っている彼女に
  プロポーズしてOKされたんだ」

同じプロポーズの話ですが、
より「わくわくする」のはどちらでしょうか?
①と答える人が多いはずです。

最初に相手に興味を持たせるような
先が気になるような話し方をすると、
自然と面接官の中で印象づけられます。

【極意③】他の学生の話もしっかり聞く

学生でよくあることとして
自分の話す内容を考えて他の人の話を聞いていない
ということがあります。あるいは、
緊張してしまって話が入ってこないという場合。

集団面接では、
他の学生の話をしっかり聞いているのか、
面接官はチェックしています。
「隣の人の意見あなたはどう思いますか?」
などの質問をしてくる人もいます。

《話を聴くときのコツ》
・話している人の方向を軽く向く
・適度にうなずく
・笑顔で聴く


基本的なことですが、
意識しないとできないものです。
ぜひ意識してください。

【極意④】周りのレベルが高くても気にしない

集団面接は相対評価の場合も
絶対評価の場合もありますが
「自分はダメだ。」と思い諦めたら
そこで終わりだと思います。

周りの人がどんなに学歴が高くて、
話し方が上手で魅力的でも
気にせず自分のアピールをしてください。

「周りに関係なく自分の伝えたいことを
 しっかり伝える」ことが重要です!

【極意⑤】他の学生と話が被っても気にしない

集団面接に失敗した学生が多く述べる理由は
「他人と言おうとしたことがかぶってしまい、
 話せなかった。」です。

特に志望動機は企業の強みを述べることになり
被ることが多くなるのは避けられません。
ですが、気にせずそのまま話すことが重要です。

自分が考えてきた志望動機を自分の言葉で伝えれば
全く被ることはまずありません。

一番のNGワード
「○○さんと被るのですが・・・」という前置きです!

よく学生が言ってしまう言葉ですが、
初めから自分の話す内容に
ネガティブ要素を与えないようにしましょう。

おわりに

集団面接で合格するコツは5つあります。

①自己紹介の準備をする
②話を簡潔かつ聞き手にとって魅力的な話にする
③他の学生の話もしっかり聞く
④周りのレベルが高くても気にしない
⑤他の学生と話が被っても気にしない

多くの学生は集団面接に対して
苦手意識がありますから
得意にしてしまえばかなり強いわけです。

就職活動においては
事前準備がどれくらいできているかが合否を分ける
といっても過言ではありません。

この5つ以外にも、
「企業への質問」をあらかじめ考えておくことも
効果的な対策ですね!

集団面接を実施している企業についての
選考情報や面接で聞かれたことについては
こちらから確認してみてください!

集団面接を突破して、
内定にグッと近づきましょう!!

タグ

他のオススメ就活対策記事

もっと見る