トップ > 就活対策一覧 > 東レ > 【OB・OG訪問】東レ若いうちから活躍できる!

東レ

【OB・OG訪問】東レ若いうちから活躍できる!

2015.10.10

訪問先詳細

企業名 :東レ株式会社
入社歴 :1年
担当部署:貿易事務
性別  :女性
訪問時期:2015年10月
接触場所:カフェ
接触方法:元バイト先の先輩からの紹介

【仕事について】

Q1.仕事のやりがいは何ですか?
私は現在、貿易関係の事務職に就いています。東レは主に繊維を取り扱う会社で、私は営業の方から発注を頼まれた原材料を輸入するため、外国の取引先に連絡をし、その後の運送、管理までの流れを取りまとめています。多くの部署が存在する中、私が学生時代に学んできた英語を使って仕事ができることは一番のやりがいです。ですが、ビジネスでの英語は今まで学んできた英語とは違い、相互理解を深めることが難しく、互いが同じ解釈に至るまでにものすごい時間がかかることがあります。ただ英語が話せれば良い、読み書きができれば良い、というわけではなく、国の文化や個性までも理解して、取引を行う必要性があるのだと感じました。そこで、取引が成立した時の達成感は大きなやりがいにもつながります。

Q2.仕事のモチベーションは何ですか?
「仕事と休み」でメリハリのある生活を送ることです。週5日間働くためには、休みの日に仕事を抱えるなどといった行為はせず、ゆっくりと休むことが非常に重要であると気付きました。休みの日の行動に楽しさを覚えることで、その日を目指して気合いが入る=モチベーションの低下を防ぐ効果もあると思います。
私の場合、自分の好きな場所で働けることも1つのモチベーションになっています。本社が日本橋にあるのですが、私はここの雰囲気や景色が好きなので、仕事に行くことが毎日楽しいと感じます。

Q3.仕事をする上で心がけていることは何ですか?
どんなに小さなことでもスピード感をもって仕事に取り組み、且つ、正確にこなす努力をしています。自分の中で“これは何時までに終わらせる!”、“30分で終わらせよう!”などと、具体的な目標を決めて取り組むことに心掛けています。そうしたことで、上司から様々な仕事を任されるようになりました。

Q4.実際に働いてみて感じたギャップはありますか?
1番はみんな残業をほとんどしないということ!社会人は日々残業に追われるというイメージがあったのですが、みんなが「その日の仕事は必ず定時までに終わらせる」という意識をもって業務に取り組んでいるという印象があります。本来は“残業がなくて当たり前”ということにも気付きました。
あとは、やはり職場には“お局様”というタイプの女性がいるのだなと働いてみて実感しました。“お局様”というと嫌味な感じがするなどマイナスのイメージがあると思います。もちろん口うるさく注意されることもありますが、ただ注意をしたり、叱るのではなく、それに対してアドバイスもいただけるので、相手側の「しっかり新人を育てていこう」という気持ちが伝わってきます。部署内で円滑に仕事を行うために、社員一人一人が周りを気遣う環境であると感じました。

Q5.今後の目標は何ですか?
自社の海外研修制度を利用し、海外留学をしてMBAを取得することです。私は現在一般職なのですが、総合職を視野に入れているため、自分の得意分野である英語力を伸ばすことはもちろんのこと、新たな知識も身につけたいと考えております。短期的な目標としては、現在貿易関係を専門とした部署に所属しているので、貿易の知識を深めるために資格試験を受けていこうと考えています。

感想

社会人1年目の方にお話を伺ったのだが、仕事を楽しんでいるという印象を受けた。また、話を聞いていくうちに、大手でありながらも若手社員がやりたいことのできる環境が整っているのだと感じた。若いうちから希望の仕事ができたり、一人の会社の責任者として扱ってもらえることは、荷が重いこともある反面、成功した時には自分の大きな自信にもつながるだろうと感じた。