トップ > 就活対策一覧 > パソナキャリア > 【OB・OG訪問】パソナキャリア家族みたいな会社

パソナキャリア

【OB・OG訪問】パソナキャリア家族みたいな会社

2015.10.29

訪問先詳細

企業名 :株式会社パソナキャリア
入社歴 :3年
担当部署:営業総本部
訪問時期:2015年10月
接触方法:就職活動セミナー
接触場所:オフィス

仕事について

Q1.今の仕事内容について教えてください。

・ 人材紹介事業
・ 再就職支援事業
・ 官公庁事業

の3つありますが、私は人材紹介事業で、その中でもキャリアアドバイザーを担当しています。
キャリアアドバイザーは、個人のお客様と面談、ヒアリングをし、入社まで二人三脚でお客様の就職支援を行っています。


Q2.1日の仕事の流れを教えてください。

10:00 出社(出社時間は面談の時間に合わせて調整できます。)
10:00~19:00 新規求人のマッチング、当日面談の準備(1件〜3件)、メール処理
19:00~21:00面談(昼に面談もあります。)


Q3.仕事を通じてどんなことを実現したいですか?

いろんな事業を経験していろんな人の価値観を吸収し、視野を広げていきたいです。


Q4.やりがい、働きがいを感じるときはどんなときですか?

毎日、感じています(笑)
答えが無い仕事に向き合えているからです。


Q5.仕事が大変だと思うときはどんなときですか?

毎日、大変です(笑)
人の人生に寄り添う仕事なので、責任を感じているからです。
また、出張が多いので体力的にも大変です。


Q6.思い出になった仕事を教えてください。

初成約のときです。
26.27歳の女性で、小さな会社で事務を担当していました。
そこで、採用業務がやりたいということで採用相談に来ました。
年齢的にも、業務的にも厳しいということでどこの会社でも相手にしてもらいませんでした。
しかし、採用の求人広告を多く紹介したところ、それが功を奏して、東証一部上場の大手企業から内定をいただきました。
実はその企業は新卒のとき、第一志望でしたが、落ちた企業だったそうです。
そのときはすごく鳥肌が立ちました。


Q7.どんな人に入社してほしいですか?

相反する人です。
具体的には、論理的ですが、感情的な人などが相反する人です。


Q8.仕事をする上で心がけていることは何ですか?

人を否定しない人の話を聞くことを心がけています。


Q9.入社して驚いたことは何ですか?

こんなに仕事を任せてもらえるとは思いませんでした。
つまり、仕事量、勉強が多いです。

会社について

Q1.パソナキャリアを一言で表してください。

家族みたいな会社です。(笑)


Q2.同業他社と比べたパソナキャリアの魅力を教えてください。

どんどん先に進むだけではなく、社会の問題点を解決することを同業他社よりも意識していると思います。


Q3.理念はどの程度浸透していますか?

クレドを常に持ち歩いていて、毎朝一つ全員で唱和しています。


Q4.パソナキャリアの課題は何ですか?

現場に出る人がまだまだ足りません。
また、IT分野が課題です。

会社の制度・雰囲気について

Q1.社内や部署の雰囲気はどうですか?

仕事は厳しく人柄は優しい人が多くいて、一緒に働いていて楽しいです。
仕事のときは手を抜かず、責任感が強い人が多くいます。


Q2.働きやすい環境は整っていますか?

1年目はメンターが必ずついているので研修面はしっかりしています。
社長が一番下に位置するピラミッド型の会社であり、役職名ではなく、「〜さん」と名前で呼び合っています。
何でも任せてもらえる上司が多いですし、失敗してもフォロー してくれます。


Q3.女性は働きやすいですか?

産休育休利用率が95%を越えていますし、女性の割合が多いので働きやすいと思います。

先輩の就活体験記

Q1.パソナキャリアを選んだ理由は?

就職活動を始めて受けた説明会が人材業界のクイックさんでした。
そこで人材業界の面白さに気づきました。
その中でもパソナキャリアを選んだ理由は2つあります。

企業規模感
大きすぎると仕組みに頼ってしまうのではないか。
小さすぎると信頼感があんまないという意味で大きすぎず、小さすぎない企業の規模感を重視しました。

ヒト
一緒に接していて、嫌になる人が一人もいませんでした。
私のときの選考は8回でいろんな社員さんと出会いましたが、一緒に働きたいと思える人が一番多かったです。


Q2.採用のフローを教えてください。

説明会→筆記試験→人事との面接→集団面接→集団ディスカッション→パソナグループとの面接→パソナグループとの役員面接→社長との個人面接

※今は5回。


Q3.学生時代に力を入れていたこととは?

バレーボールサークルをやっていました。
チームの半分が初心者である中でキャプテンとして最後の大会で決勝トーナメントまで行った話をし、諦めない姿勢などをアピールしました。


Q4.どんな軸を持って就活していましたか?

・モノじゃなくてヒトと向き合う仕事

・自分の努力ややり方次第で結果が変わる仕事がしたい、答えが無い仕事

この2つを軸に就活をしていました。

感想

人材業界で働く方なだけあり、コミュニケーション能力が非常に高かったです。
話していると、パソナキャリアの魅力に吸い込まれてしまいました。
人材業界でもそれぞれ社風があります。
ぜひいろいろな会社に足を運んでみましょう。

人気セミナー