トップ > 就活対策一覧 > 朝を制すものは就活を制す!充実した毎日を過ごすために「朝活」のすすめ①

朝を制すものは就活を制す!充実した毎日を過ごすために「朝活」のすすめ①

社会人になる前に・・・朝に強くなりませんか?

作成日:2015年11月09日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • 成功者ほど朝活をしている?!
  • 朝の時間の使い方とは?
  • 朝活、5つのメリットって?

はじめに

最近巷で噂の「朝活」ですが、
その名の通り、
早起きして、勉強や仕事や趣味などの時間に
当てること
」です!

毎朝家を出るギリギリの時間に飛び起きて、
焦って学校に行ったり、遅刻したり。

行くのが面倒になって、
サボってしまったりしていませんか?
朝食は抜いてしまっていませんか?

就職活動でも、社会人になっても、
朝にだらしないままではいけませんね。

この記事では、
朝活のメリットと方法をお伝えします!

朝の時間をうまく使うと人生が大きく変わる?!

成功者ほど朝活をしている人が多い
と言われています。

ご存知アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏や、
ウォルト・ディズニー社CEOの
ロバート・アイガー氏、
英国首相のマーガレット・サッチャー氏なども、
朝活をしている成功者です。

成功者は早起きをして
朝の時間を有効に活用しています!

朝活の状況について勤務先での役職別で見ると、管理職では、『朝活派』が55.0%なのに対し、「一般社員」では37.9%と、17.1ポイント差が見られました。また、年収別では「600万円以上の層」での朝活派は57.7%、「600万円未満の層」は39.6%となっており、勤務先での役職や年収によって、朝活状況に差が見られる結果となりました。
出典 ライフネット生命 ビジネスパーソンの朝活に関する調査 (グラフ・結果)

ライフネット生命のアンケートでも、
年収の高い層の朝活率が高い事がわかっています。

早起きと収入が密接な関係にある事がわかります。

朝の時間を有効に活用しよう

朝活を実践している人はこんな事をしています。

・ニュースのチェックや情報収集
・スケジュールを確認
 ToDoリストをつくる
・朝食をとる
・ランニングやヨガなどのスポーツ
・本や雑誌を読む
・掃除
・瞑想
・朝活の集まりに参加する

ここに挙げたのは一例ですが、
スキルアップだけに使わなくても、
自分を大切にする時間
として使ったらいいのです。

また、 朝活ナビという朝活をしている人向けの
イベントを毎日紹介している団体もあります。

こういった集まりに参加してみるのも
社会人との交流や繋がりを作る機会
良いのではないでしょうか。

朝活の5つのメリット