面接で使える心理学!面接官の心を読む心理術①

面接にも、実は心理学のテクニックを応用できます!今すぐできるものばかりです!

面接対策 

2015.11.26

ざっくり言うと

  • 面接は対人コミュニケーションの1つ
  • 面接官に好かれるための心理テクニックとは?
  • 心理学を応用して面接官の印象を上げよう!

はじめに

選考において最も回数が多く、重要視される面接。
突破のために、色々なコツや方法論が
色々な本やサイトで紹介されています。

面接といっても、結局は
対人のコミュニケーションです
今回は、心理術を面接に応用して
面接官からの印象をあげる方法を紹介していきます。

① ミラーリング

聞いた方も多いかと思いますが、

1つ目のテクニックは「ミラーリング」です。

恋愛のテクニックとしても有名ですよね。

面接官の心を探るものとは少しずれますが、
面接官の自分への印象を意図的に操作するものです。

簡単に言うと、
「相手の仕草をそっくり真似する」 
テクニックです


例えば面接官が髪を触ったら自分も髪を触る、
身を乗り出したら身を乗り出すといったことです。

こんなことが本当に意味あるのかと
思う方もいらっしゃると思いますが、
人間には「同調傾向」というものがあります。

これは、仲がいいもの同士や気が合うもの同士の
仕草が似てくることを指します。

その状況を意図的につくりだすことで、
人間はこの人と気が合うのではないか?と
錯覚してしまいます。

② ペーシング

2つ目のテクニックは、「ペーシング」です。
ミラーリングが相手の視覚情報を真似るのに対して、
ペーシングは相手の聴覚情報を真似します。

つまり、
面接官の話し方や話すスピード、
間の置き方などを真似するテクニックです


この方法は、ミラーリングよりも高度なため、
すぐにできるものではありません。
ぜひ仲の良い友達などで練習してから、
実践してみてください。

③ バックトラッキング

3つ目は、「バックトラッキング」です。

単純に言うと、
相手の言ったことを
そのままオウム返しのように返すテクニックです。
しかし注意点として、
完全なオウム返しではありません。
言い方を少し変えて、
同じ内容を返します


例えば、
面接官:
「私のファーストキャリアはコンサル業界でした。」
自分:
「新卒でコンサル業界にいかれたんですね。
どうでしたか?」

のように、少しだけ言い方を変えて返します。

【次のページへ】

タグ

人気セミナー