元教育業界の人事が執筆!就活マナー連載コラムvol.2【質問の仕方】

2016.02.03

はじめに

今回、このコラムを執筆していただくM氏は大学卒業後、三井住友銀行で3年間勤務。その後10年ほど教育業界のとある会社で、採用担当として就活生の採用・面接を行ってきたプロの人事の方です。
今回は、就活生の皆さんに、「就活マナー」を題材としてコラムを連載致します。

Vol.1では、「言葉遣い・話し方・話の聞き方」をお話しました。
その「話を聞くポイント」の中で「質問をしよう」という項目がありましたので、今回は「逆質問」に焦点を絞ってお話したいと思います。

逆質問の本質

「逆質問」は、「熱意=入社意欲」を伝えられるチャンスです。
企業側は逆質問をする際、「本当にうちを志望しているのなら、知りたいことがたくさんあるはず」と考えます。なので、「特にありません」と答えてしまうと「この学生は本当にうちに入りたいのか?」と印象を悪くしてしまう可能性があります。自分の方から質問できるわけですから、自分のペースで話ができます。鋭い質問をすれば、企業側も「なかなか鋭いな」と感心してくれます。このように、逆質問を通して能力的な素養をアピールすることもできます。
 もちろん、本当になければ無理して質問するのではなく、「ありません」と答えて大丈夫です。その際に「○○さんや□□さんなど、色々な方に詳しくお話をお伺いさせて頂きましたので、今のところ不明な点はありません。」のように、企業研究を徹底してきたことが伝わるコメントを添えておくのが無難です。

■効果的な質問例

①会社のことを聞く
「今後はどのように企業拡大していくのでしょうか?」など、その企業ならではのことや旬な話題に対する質問がよいでしょう。入社意欲が高く、事前に企業研究をしっかりしているのだというアピールができますね。ホームページや会社案内で見ればすぐわかるような質問はNGです。

②社員について聞く
「人事担当の方(名前がわかれば「○○さん」)はなぜこの会社に入ろうと思ったのですか?」「会社選びは何を重視しましたか?」など、それこそ面接のプロに聞いてしまうというのもアリです。その会社ならではの質問がなかなか思い浮かばなければ、目の前にいる、志望企業で働いている方の声も聞いてみましょう。

③自分について聞く
「もし内定をいただけたら、入社までにやっておいた方が良いこと、やっておくと入社してから役に立つことは何でしょうか?」など、入社後のことまで考えているアピール、少しでもスキルアップしたい、という熱意のアピールができる質問です。

■質問をする際の注意点

ありがちなのは質問内容が自分軸になってしまっているということです。給料やボーナス・休日・離職率、また福利厚生面ばかりを質問をするのはマイナスイメージを与えかねませんので避けましょう。
逆質問は、説明会や面接時にほとんどの人事担当がしてくることです。苦手だと思う方もいるかと思いますが、これをチャンスと捉え積極的に質問してみましょう。

Vol.3では会社訪問時のポイントとマナーについてお伝えしてきます。
リンク→