トップ > 就活対策一覧 > 大学3年生からでも間に合う!学生時代に頑張ったことの作り方

大学3年生からでも間に合う!学生時代に頑張ったことの作り方

あなたは学生時代にがんばったことはありますか?

インターンシップ

作成日:2016年08月20日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • 就活本番に備えよう!
  • 2つのがんばったことの作り方を紹介!
  • ボランティア活動って?長期インターンって?

はじめに

面接で必ずといっても良いほど聞かれる質問として
「学生時代に頑張ったことはなんですか?」
ということがあります。

しかし、
学生時代頑張ってきたことなんてないという人や、
人と違う経験を作りたいと思っている人は
多いと思います。

そんな人たちのために!
今から作れる「学生時代に頑張っていたこと」
の作り方を紹介します。

一般的な学生時代頑張ったこと

・サークル活動
・勉学
・ゼミナール活動・研究室
・アルバイト
・学生団体
・資格
・海外留学

以上が王道な学生時代頑張ったことですね。
サークル活動や勉学ゼミナール活動、
アルバイトなどはほとんど全員が
経験していてなおかつ時間がかかりますよね。

さらに学生団体や資格、
海外留学はとても魅力的ではありますが、
残念ながらすぐに行うことができません。

それではどんなことで
学生時代頑張ったことを作れば良いのでしょう?

今回おすすめする、
すぐに作れる学生時代に頑張ったことは…

長期インターンシップ
ボランティア活動

です。
次から2つの頑張ったことの作り方について
説明していきます。

学生時代に頑張ったことの作り方①

1つ目のおすすめは
長期インターンシップです。

理由
・対人関係能力をアピールできる
・努力の成果が定量的に表現できる


社会人と一緒にビジネスを経験したという経験は
企業にとって魅力的にうつるため、
これから頑張ったことを作る人、
他の人に差をつけたい人にはぴったりだと思います。

また長期インターンはベンチャー企業を中心に
年中募集していることが多い為、
すぐに調べて面接を受けて受かれば動き出せます!

学生時代に頑張ったことの作りかた②

もう一つの今から作れるおすすめ
「学生時代に頑張ったこと」は
ボランティア活動です。

理由
・1日から参加できる
・幅広い経験をすることができる
・社会貢献していると見なされる


懸念点として1日の経験では
頑張ったということは言いにくいですが、
何度か行くか、夏休みや冬休みの
長期休みを使って長く行くことによって
解消することができます。

おわりに

どうでしたか?
学生時代頑張ったことは案外簡単に作れますよね。
もちろんこの2つが全てではありません。

ここで何が言いたいかというと
すぐに動き出せばなんとかなるということです!

私は何もやってこなかったからと諦めるのではなく、
今から誰にも負けない経験を積むんだ
という気持ちで動きましょう!

今からでも遅くはない!

ぜひ動いて就活本番に備えましょう!