リアライブ

コラム

ガクチカなんてない、、、
なんて方必見!
身近にあるガクチカ

757views

閉じる ×

はじめに

学生時代頑張ったことは何ですか?
結論から言うとこの質問、
絶対に聞かれます。
ですがこの質問に胸を張ってこたえられる人は
そうそういないです。

この学生時代に力を入れたこと略して
ガクチカ」と呼ばれるものですが、
はっきりこれだというものが
ない人が多いのも事実です。

誰しもに挫折があって、その経験をバネに成長した!
何てことがあったらみんな就活に苦労しませんよね。

振り返ると今までこれといった困難な経験などなく、
淡々と過ごしてきた。
サークルの幹部はおろか
バイトリーダーにもなってない。
そんな人多いんじゃないでしょうか?

そんな方のために今回は
身近にあるガクチカをご紹介します。


1.趣味

就活ウケのいい趣味とはどんなものでしょうか?

この趣味一つでも
目的意識が肝心で、それに対しての行動が大切です。
趣味はどんなことでもよいですが
そこでの話し方を考えましょう。

例えば「読書」。
一見ごくありふれた趣味に見えます。
ただ好きな作家の本を読んだというのではなく、
月に○冊の本を読むというノルマを課し、
感想をすべて記していた
」と話し
実際に印象に残っている小説などの話ができたら
面接官の印象に残ると思いませんか?
このように目的意識一つで
平凡な趣味からワンランク上にアップできます。

話は少し変わりますが、面接は選考が進むにつれて
役職が上がり面接官の年齢も上がっていきます


もし趣味におじさま受けする趣味があると
会話も弾むかもしれません。
例えば釣りでおすすめの釣りスポットや、
ぐるなびでの高評価スポットめぐりなど。

ある知人の趣味が「寿司」でした。
首都圏近郊のおいしい寿司や巡りを
趣味にしていたと話したところ
「おいしい店を教えてほしい」と
喰い付かれたことがあったそうです。

2.学業

2つ目は勉強です。
そもそも大学生の本文は学業にあり、
学業に力を入れていたところで
何も問題はなくむしろ素晴らしいくらいです。
当然、学業に関してのガクチカは
企業からの評価は高い傾向
にあります。

更に学業に関して今まで何もやってこなかった人も
これから始まる卒業論文に向けてゼミの先生に
3年生である今からみっちり指導してもらったり、
卒論企画をいまから考えるなど
学業に関して今からでもできることが沢山あります。

また卒論のテーマが比較的自由な学部生は
行きたい業界について研究できると
卒論と就活と一石二鳥ですよね。

3.アルバイト、サークル

3つめはアルバイトとサークルです。
ほぼほとんどの大学生がやっている
アルバイトとサークル活動。
やってはいるものの何らかの役職についていない人は
何をすればよいのでしょうか?

そんな人は
普段の当たり前の行動に+αをしてみましょう!

例えばアルバイトでただ当たり前にやっていた行動に
一工夫をし作業の効率化をはかる、
誰よりも一番に何かをするなどが挙げられます。

そしてその+αに至った行動には問題意識があり、
・どうして問題に感じたのか?
・その解決策として自分は何をしたのか?
などは実体験として話すことができるでしょう。

またある程度継続したことで見えてきたことなども
あなたにとってよい体験となるはずです。

おわりに

最後になりますが、
就活は準備段階で大方の勝負は決まります。
ガクチカに始まり自己分析など
やらなけらばならないことは沢山あります。

これから就活を通じて
自分という商品
を企業に売っていくために、
はやめはやめに準備を進めていきましょう。

閉じる ×