私の就活にTOEICはいるの?いらないの?どっちなの!!?

できればラクして就活したい。 TOEIC受けたくないなあ。 TOEICなくても就活できる、、? あなたの就活にTOEICが必要かどうか真相を解明!!

2017.08.12

ざっくり言うと

  • TOEICのいらない就活とは?
  • どうせ受けるなら高得点でないと意味がない!
  • 時間がないときの対策法が知りたい!

目次

はじめに

すでにインターンなどで
TOEICの足切りを味わった人も
いるでしょう。
書類選考ではTOEICが
足切りとなる場合があります。
ですが、就活においてTOEICは
就活生を差別化する手段の一つ
でしかありません。
努力できる人かどうか、
目標達成力があるかどうか。
あなたの就活に
TOEICは必要でしょうか?
必要な場合、
どんな対策をしよう…
一緒に考えていきましょう!

1TOEICが必要ない場合

TOEICは必ずしも必要な資格ではありません。
希望する業種やスコアに
よっては必要ない場合があります。
TOEICを受験しなかった場合、
省くことができるのは、
ズバリ
✔受験料
✔試験勉強に費やす手間や時間
です。

TOEICスコアが重視されない業種とは
外資系企業や大手以外の企業。
つまり、、
そこまで大手を狙わないのであれば
TOEICのスコアは必要ない(企業による)!!

”資格は入社してからでも取得出来るが、
人格や経験は入社後には変えられない!”
と考える企業も多く、今後は
TOEICなどの資格よりも人格を重視
した就活が主流となってくると考えられます。

実際、TOEICのスコアの高い学生でも
英会話ができない場合が多く、
直接的な英語力につながっていないのが現状です。
みんなが受けるからなんとなく受験する、
という学生は多いのではないでしょうか。
もちろん、持っていて損な資格では決して
ありません。
ですが今必要でしょうか?
今は学生時代にしかできない経験を積む
という有意義な時間です。
あなたもTOEICが必要ないかどうか見極め、
今やるべきことを見つけましょう!


2TOEICが必要な場合

TOEICが必要な場合は
企業がTOEICを採用基準と
している場合です。
就活において採用される人は、
ポテンシャルの高い人です。
TOEICはまさにその
ポテンシャルを図るのに適当な手段
なのです。
企業がTOEICを採用に使う理由としてあげられるのは
✔TOEICの普及率が高いこと
✔グローバル化する企業において英語力が必要なこと
✔努力できる人かどうかが図れる資格であること
です。
現在、約7割の企業が採用の際にTOEICを
確認しているとされています。(下記図参照)


また、入社時だけでなく、
入社後の部署決めの際にも
TOEICのスコアを必要とする
企業が増えています。

TOEICのスコアは努力の証や、
能力を社会的に証明することができる上、
学歴以外の学業面において
学生の能力に優劣をつけることができるのです。

また、就活のためとはいえ、
TOEICの対策をすることは
英語学習のきっかけとなります。
時間に余裕のある大学生は
TOEICを受ける利点が多くあるので、
できるだけ受験することをオススメします。


3TOEIC足切り,,?

TOEICにおいてボーダーラインを
決めている有名企業があります。
以下、とても点数が高いですね、、。
TOEICを持っていればこのような企業に
挑戦すれば良いし、持っていなければ、
他の企業を選べば問題ありません。

TOEIC600点以上
ANA 600点 入社時
日本IBM 600点 入社時
JICA 640点 グローバル人材育成プログラム(インターン)

TOEIC700点以上
ユニリーバ 720点 採用募集要項
日産 730点 新卒採用「皆さんに期待する英語レベル」
アビームコンサルティング 730点 入社時
東京海上日動 730点 TOKIO MARINE Premium Seminar(2DAYS) /グローバルビジネス編
GE Healthcare 740点 EEDP・OMLP部門(理系)

TOEIC800点以上
楽天 800点 入社時
UBS証券 800点 In-House Environment Program Part Time
日本IBM 800点 マーケットデベロップメント部門(インターン)
GE Corporate 860点 FMP (Financial Management Program)
野村ホールディングス 860点 グローバル型社員
三菱東京UFJ銀行 900点 グローバルCIB

出典(SousPeakより)



4TOEICの時期と対策

上記にもあるように足切りや
ボーダーラインもあるので
どうせTOEICを受けるなら高得点を取らないと
意味がありません。
そこで、押さえておくべきTOEICを受験する
時期と対策法を見ていきましょう。

時期
就活生は非常に忙しいです。
インターンシップ、自己分析、
SPI対策、OB訪問、業界研究、
エントリーシート作成など、
TOEIC以外にもやるべきことは多くあります。
なのでTOEICに取り組む際は、
計画をたてて、効率よく取り組みましょう。
期限と目標スコアを決めておくこと
が一番有効だと考えられます。
期限は就活解禁日の一か月以上前の試験日まで。
得点は業種ごとに異なるのでこちら を参照してみてください。
2019卒の場合、就活解禁日が3月1日なので、
チャンスはあと数回あります。
日程は以下を参照してみてください!

第225回
申込日:2017年9月8日~2017年10月10日
試験日:2017年11月19日
結果発送日:2017年12月19日

第226回
申込日:2017年10月13日~2017年10月31日
試験日:2017年12月10日
結果発送日:2018年1月9日

第227回
申込日:2017年11月9日~2017年12月14日
試験日:2018年1月28日
結果発送日:2018年2月27日


忙しい就活生におすすめのTOEIC対策
具体的な目標をたて、実行し、
それに対して達成できたことと
できなかったことを反省し、
次の目標に向けて行動する。
まさにPDCA勉強法です!

  <EX>830点の人のPDCA
  ☆Plan→毎日、過去問の文法50問、長文を3題解く。
   リスニング対策のためその日解いた長文は
   5回ずつ速読する。
   その日解いたときに出てきた単語は
   完璧に覚える。
  ☆Do→今日は文法50問、長文3題解いた。
   速読は5回、単語もしっかり覚えた。
  ☆Check→計画していた量はきちんと
   こなすことができた。
  ☆Action→もう少し一日にやる量を
   増やしても大丈夫そうなので、
   長文を3題ではなく、明日は5題解く。

具体的な数字を設定すると、
目標が明確になり、
PDCAがうまくまわせるでしょう!
参考にしてみてください!


また、ESに書く際にTOEICの話を
書く事もできます。
つまり、ESの話題づくりのための受験です。
大学3年の夏以降になっても、
ESに書くような話題のない方は
TOEICを受験することも一つでしょう。
自分の中で目標を決め、
目標に向けてのアプローチの仕方
と成し遂げた結果を書くと有効です。

例えば、
学生時代に頑張ったこと
私は二カ月でTOEICを250点あげました。
毎日、文法50問、長文を3題解く。
リスニング対策のため
その日解いた長文は5回ずつ速読する。
このようにその日のプランを徹底し、
一日の小さな目標と得点を200点
あげるという大きな目標を
明確にしながら努力しました。
その結果、目標よりも50点高い得点を
とることができました。
毎日PDCAを構成し、
達成できたことが大きな目標の達成に
つながったと考えます。
今後も、この経験を活かし、
目標達成のために
明確な目標をもって行動することを
意識していきます。


おわりに

いかがでしたでしょか。
絶対にTOEICのスコアが必要である、
というわけではありません。
ですが、受験するからには
高得点が取れるように対策を練って
頑張りましょう!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

就活ナビRebeについて漫画で解説中!!
詳しくは こちら

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽