インターンシップはいつから始めればいい? おすすめの開始時期とは

「たくさんのインターンがあって、どれから手を出していいのか分からない」「いつから始めればいいの?」などと迷っている人も多いのではないでしょうか。 インターンは職業体験やセミナーなどを通して、その職種や企業、ひいては仕事に就くこと、社会生活について理解を深める場です。学生にとってはまたとないチャンスですから、自分に必要なものはどれなのか、いつから準備をすればいいのかを知った上で計画的に参加しましょう。 ここでは、インターンの種類や選考などについてお伝えします。

自己PR  面接対策  インターンシップ 

2017.08.18

ざっくり言うと

  • インターンシップにおける短期・長期の違いを理解しよう
  • 参加したいインターンが決まっている場合は募集時期のチェックを欠かさずに
  • 企業側がインターンを採用する意図を把握しておこう

インターンシップには短期と長期がある

インターンのタイプには、大きく分けて短期と長期があります。それぞれ目的やいつ受ければいいのかなどが異なるので、押さえておきましょう。

まず、長期インターンシップですが、1カ月から長くて1年程度参加するタイプです。
実際に、その企業で業務を行う参加型のインターンシップで実務経験を積むことができるのが最大の特徴です。その職種や企業についてより近い場所で見識を深められるので、興味のある職種がすでに決まっている場合には早い段階で参加するのがおすすめです。
長期インターンシップは1年生や2年生からでも参加できるものもあるので、早めに行動しておくといいでしょう。

もう1つの短期インターンシップは、1日や1週間程度の短い期間で行われるタイプです。
こちらは業務を体験するような参加型とは異なり、企業の説明を聞いたり、職場見学をしたりするのがメインで、企業研究や情報収集の場となっています。短期インターンシップは主に就活生向けになっているので、3年生になってから参加するのが通例です。
長期のものと比べて期間が短い分、気になった企業をいくつも受けることが可能です。また、拘束期間が少ないので、忙しい時期でも予定を入れやすい特徴もあります。

夏の短期インターンシップ(サマーインターン)する大学生が多い

インターンは春から冬まで年中開催されていますが、主に夏のインターンは参加する学生も多くなります。夏休みを利用したサマーインターンは企業側も学生側も時間を都合しやすいため、秋からの本格的な就職活動の準備として位置づけられているようです。
企業側が積極的に学生と接触する機会を持とうとするので、1日から1週間程度の短期インターンがたくさん開催されます。日にちが短いものほど、その企業の概要を知るための説明会タイプが多く、数日かけて行われるものは職業体験や実務に重点を置いたものが多くなります。

いずれにせよ短期のインターンシップなので、本格的な実務というよりは企業の見学やチームを組んでのワークショップのような内容が一般的です。多くの企業と触れることができるので、就活前の企業研究としてはもっとも重要な場といえます。
インターンシップに参加することと内定は直接関係ないと言われてはいますが、就活本番に向かって企業への対策を練るのには十分なチャンスとなるでしょう。

インターンシップの募集開始時期

参加したいインターンシップがある場合は、募集時期のチェックを欠かさないようにしましょう。インターンシップは大体開催の2~3カ月前に募集されることが多いです。継続的に参加する長期インターンシップの場合は選考などもありますから、前もっていつ募集をしているのかを調べておく必要があります。
短期の場合も、複数受ける場合はいつ募集が始まるのかを確認してスケジューリングしましょう。サマーインターンシップであれば、春ごろが募集開始時期にあたります。4月中頃から募集が始まり、6月末で一部企業が募集締め切り、7月末ごろにはほとんどの企業の募集が終わるのが通例です。そのため、夏の予定は早めに立てておくことが必要です。

また、冬のインターンシップは就活に直結したものが多く、企業を絞って受ける人が増えてくるので、申し込み漏れがないように募集状況の確認が必須です。
一次選考免除などのオプションがついているインターンは競争率も高くなるので要注意です。大手サイトなどでインターン情報を細かくチェックしておくと安心です。

インターンシップの選考に通過するため

インターンの選考にはどうやったら受かるのか、それは企業側のインターンをとる意図を考えてみると分かりやすいです。
企業側は、せっかくインターンをとるのであれば、真剣な取り組みや就業意思のある学生をとりたいと思うものです。自社や同職種に興味があって、主体性があり能動的な働きができるかどうかが大きなポイントになってきます。これは実際に雇った時に必要なスキルでもあるからです。
選考時には、インターンを受けるうえでの明確な意思や企業や職種への興味、積極的な参加の姿勢を見せることが大切です。インターン経験をしっかり生かそうと考えている様も企業側の好感度を呼ぶでしょう。
これらの点を踏まえて、面接時の対策を練ります。

インターン参加への明確な意思を伝えるためには、志望動機をはっきりさせて、より伝わりやすくアピールすることです。また主体性や行動の面では、過去の体験談などを交えて具体的に示すのが良いです。
それと同時に、「素直な聞く姿勢」も重要になります。勉強をしに来ているという態度を表すことは、マナーでもあるからです。
謙虚な態度と積極性をアピールして、インターンシップ選考を乗り越えましょう。

人気セミナー