「SPI英語(ENG)の対策ってした方がいいの?」実施企業や問題形式とは

SPIに英語が課されることもあるって知っていましたか?言語・非言語の分野のみ対策して満足しているそこのあなた!SPIの英語を侮ってはいけません。英語能力検査(ENG)とも呼ばれる試験の例題や、対策方法、実施企業などをご紹介していきます!

SPI・WEBテスト対策 

2017.09.16

ざっくり言うと

  • 問題形式ってどうなってるの?
  • どうやって対策すればいい?おすすめの対策方法とは
  • ENGを実施する企業ってそんなに多いの?気になる実施企業とは

もくじ

1、はじめに

英語の学力は、一夜漬けでは伸びません。
その為、事前に計画を立てて準備を始めることが、
ENGを突破するうえで重要になってきます。

ここでは、SPI英語の勉強法だけでなく、
どういった企業が英語の試験を課しているのかなども
お伝えしていきます!


2、SPI英語の問題形式

まず、ENGはテストセンターとペーパーテストで実施されます。
WEBテスティングでは実施されません。

実施時間はテストセンターでは約20分(出題数は受験者によって変わる)、
ペーパーテストは約30分(40問)です、

主に7つの問題形式に分かれるので、以下、説明していきます。

①同意語
選択肢の中から、最も意味が近い単語を選ばせる問題

②反意語
選択肢の中から、反対の意味を持つ単語を選ばせる問題

③空欄補充 
選択肢の中から、空欄の中に当てはまる語句を選ばせる問題

④英英辞書
選択肢の中から、英語の説明文に最も近い単語を選ばせる問題

⑤語文訂正
文法の誤りを訂正させる問題

⑥和文英訳 
選択肢の中から、日本文に最も合った英文を選ばせる問題

⑦長文読解
内容把握、空欄補充など

(参照:Study Pro)


3、SPI英語の対策

①問題集を買う
SPIの問題集を買って練習すると一番効率が良いでしょう
購入の際、SPIのテストセンター用の対策本を買うと、
ENGの問題も掲載されているようです

②隙間時間を活用する
・アプリをダウンロードする
SPI用のアプリでも、英単語に特化したアプリでも良いです
電車を待っている間や乗っている時など
ちょっとした隙間時間を利用しましょう
「ちりも積もれば山となる」です

③TOEICの勉強をする
TOEICの勉強をすると、自然とENGの勉強もできてしまいます!
単語や長文読解など、共通する部分が多いからです。
一石二鳥ですね

4、実施企業

過去にSPIの英語の試験を実施したことがある企業は
以下の通りです↓
ゴールドマン・サックス、三菱商事、丸紅、住友商事、双日、
豊田通商、TBS、日本航空(JAL)、
全日本空輸(ANA)、三井不動産

総合商社などは、やはりSPIの英語の試験を課すところが多いようですね。

また、SPIではなくても、
独自問題で英語の試験を課したことがある企業↓
マッキンゼー・アンド・カンパニー、P&GJapan、日本ロレアル、フジテレビ

玉手箱の英語を課したことがある企業↓
みずほ証券、三井物産、日産自動車、サントリーホールディングス

このように、就職活動において、英語の能力も重視している企業は多いようです。

「英語の勉強はしなくていいや」と思っていた方は
要注意です!!

5、おわりに

いかがでしたか?
「SPIに英語の試験を課す企業って思ったよりも多い…」
と思った方が多かったのではないでしょうか?

英語の勉強は将来的に見ても、しておいて損することは絶対ないです!

①問題集を買う
②隙間時間を活用する
③TOEICの勉強をする

ぜひこの機会に対策をはじめてみましょう!