書類選考通過のカギである顔写真!たった4点注意するだけで合格へ!

元リクルート人事が存在すると認めた就活での顔選考。能力は十分あるのに顔や容姿によって書類選考から落とされるなんて嫌ですよね!顔採用があるからと諦めているあなたもこの記事を読めば書類選考通過間違いなし!顔採用の対策方法を伝授します!

エントリーシート  面接対策  マナー 

2017.09.30

ざっくり言うと

  • 顔採用は実在する
  • 顔写真で注意すべき4つのこと
  • 写真の補正はどこまでOKなのか

目次

1 元リクルート人事が語る顔選考バナシ
2 人事は学生の顔写真のどこをチェックしているのか
3 顔採用を突破する対策
4 顔写真はどこで撮るのがベストなのか
5 写真補正はどこまでOKなのか
6 まとめ

1 元リクルート人事が語る顔選考バナシ

「就活において顔採用はあるの?」
と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

その通り、就活において顔選考は存在します。


就活の場だけではなく、
バイトやゼミの選考など多くの場で
顔や容姿による選考があります。
 

先日元リクルート人事の方に
顔選考についての質問をした時の話です。

gmarchの美人な学生と、早慶以上の清潔感が無く美人ではない学生がいた場合、どちらを採用しますか?」

という質問をしたところ、

「gmarchの美人な学生」を採用する
という回答が返ってきました。

このようにいくら学歴が高くても、
見た目が悪いと落とされることもあり、
逆に言うと、学歴が低くても、
見た目が好印象だと採用される確率も
高まります。


これを読んで、
自信を無くした学生も多いでしょう。
しかし!!!
この顔選考を乗り越えられる方法があります!
順に見ていきましょう!

2 人事は学生の写真のどこをチェックしているのか

顔採用の第一関門とされている書類選考。

履歴書やESに貼られている顔写真を見て
面接に進めさせるか否かを判断している企業が
多くあります。

面接に進むためにはどうすればよいのか
知りたいですよね。

そこで企業が顔写真を見る際に
注意して見ている点についてまとめてみました。

①写真の表情や容姿
→活き活きしているか、
 極端に痩せていたり、太っていないか

②服装
→清潔感があるか

③写真の質
→携帯のカメラなどでテキトウに撮られていないか

④写真の切り方
→斜めになっていたり、ガタガタになっていないか


この4つの点で、
1つの写真から外見から性格まで
その人の人柄を読み取ることができます。

一緒に働く仲間として、
営業をしていくなかで

見た目、雰囲気、清潔感、性格
とても重要な要素となるのは
言うまでもないですよね!


3 顔採用を突破する対策

それでは本題に入っていきたいと思います。
以上のことから、
書類選考の際、
企業側が見ているポイントとして2つにまとめると、

・外見(表情・容姿・清潔感等)
・内面(性格・態度)
この2つが書類選考通過のカギとなっていました。

この章では顔採用対策として
「外見」に着目していきたいと思います。

顔選考があるからと言って
今から顔を変えることはできないし、
どうすれば良いの!と思っている人が
多いと思います。

企業は顔のパーツや形が綺麗であることを
求めているのではありません。
ある程度清潔感があり、明るく、
雰囲気が良ければそれでよいのです。

皆さんの周りにもいませんか?
特別かわいいわけでもかっこいいわけもないのに
みんなから可愛がられ、支持されている方を。

特別美人でなくても、
この子は美人だ!と思わせることはできます!


そこでオススメしたいのが、
近年話題になっているのが「就活メイク」
メイク次第で、あなたも面接官ウケの良い
表情、容姿に変身することができます!

メイクで変われるなら変わりたいけど、
メイクの仕方がわからない…
という人も安心してください!

資生堂が主催している就活メイク講座
というものがあります。
眉の書き方やアイラインの引き方等、
人事のウケが良いメイクを伝授してくれます!
ほんとに面白いくらいメイクで人間は変わります。
気になった方はこちらから申し込むことができます↓↓

また就活メイク講座に行くのが面倒くさい…
自分でできるものならお金をかけずにやりたい…
という人もいるでしょう!
こちらも資生堂が出している就活メークに関する
動画です!
これならお金をかけずに手軽にトライできますね!

自分で就活メイクに挑戦したい方はこちらから

表情などは
メイクで簡単に印象を変えることができますが、
企業は容姿もチェックしています。

容姿はその人の自己管理能力が反映します。
太っていたり、極度に痩せていたりすると、
自己管理ができていない人だと認識され、
その時点で不採用
になってしまいます。

極度に太っていたり、痩せている人は
生活習慣を見直しましょう。

2章3章についてまとめると、
書類選考を通過するために、
顔写真について注意すべきポイントは、

○就活メイクで人事ウケの良い顔を作る!
○生活習慣を見直してキレイな容姿に!
○活き活きとした印象のために笑顔!
○姿勢を正し、堂々とした態度で!


この4つに気を付ければ
書類選考を通過し、さらなるステップに
進めるでしょう!

4 顔写真はどこで撮るのがベストか

2章で書類選考の際、
企業が顔写真を注意してみている点として、
「写真の質」
というものが挙げられていました。
この章では企業が見ている「内面」
について着目していきたいと思います。

履歴書やESに貼る写真は
どこで撮ってもらうのがベストで
補正はどこまでして良いのか疑問ですよね。

履歴書・ESに貼る顔写真を撮れる場所は

・証明写真
・写真館(フォトスタジオ)
・プリクラ(証明写真用)
・デジカメ
・携帯

このように様々な形態があります。

○証明写真
長所:素早く写真を入手できる

短所:1人で撮影をするため、あまり良い写真が
撮れない可能性もある。

○写真館
長所:就活写真のプロが撮影してくれるので、
自分の魅力を引き出し、きれいに撮影してもらえる。
また、修正の技術も素晴らしい。

短所:他の手段より、費用と時間がかかる。

○プリクラ(証明写真用)
長所:現在のプリクラの技術から見てわかるが、
いつもの自分より、何倍もきれいに撮影できる。
比較的安価で、写真も入手しやすい。

短所:証明写真と同じように1人で撮影するため
角度や背景と顔の割合など調整が難しい。

○デジカメ
長所:手軽に写真を撮ることができる。
デジカメで撮った写真をパソコンで修正、
フォトショップで補正が可能。

短所:証明写真やプリクラと同様、
プロの写真の腕には劣る。

○スマホ
長所:手軽に写真を撮ることができる。
様々なアプリを用いて、修正ができる。

短所:証明写真プリクラ、デジカメ同様、
プロの実力には劣る。

以上の点から、
スピードやコストを重視しないのであれば、

写真館(フォトスタジオ)で撮影してもらうことが
ベストです!


一度写真を撮ってもらって、データを入手すれば
何回も使いまわしできるという利点もあります!

5 写真補正はどこまでOKなのか

先程から写真の修整や補正という言葉が
ちょくちょく出てきましたが、
就活顔写真を修整して大丈夫なのかという
疑問がありますよね。

結論をのべますと、
「補正修正はしても良いが過度な補正修正は控えたほうが良い」


書類選考を通過できない限り、
面接には進めないという状況の中、
顔写真を修整するか否かで
選考結果も変わってきます。
次のステップに進めない以上、
あなたの就職活動はそこで止まってしまいます。
そのため、
ある程度の修整・補正をする必要があります。

しかし、あまりにも顔写真と面接で会った時の顔が
異なっていた場合、
信頼を失ってしまう可能性があり、
面接に進めても合格にはつながらないケースが
多々あります。

修整、補正を加える際は、常識の範囲以内
行うことをお勧めします。

6 まとめ

・面接官ウケに良い顔はメイクで作れる
・清潔感、姿勢
・生活習慣の改善で美貌を獲得
・写真を撮るときは写真館で
・補正修正は適度に


以上が書類選考を通過するために
顔写真について注意するべき点です。

就活の第一の扉である書類選考。
顔採用に打ち勝つために
できることはすべて実行しましょう!!