【企業研究のやり方】効率のいい方法あなたは知ってる?

企業研究ってなんで必要なの?その目的って? 具体的にはどうやって企業研究すればいいの? それらの疑問に答えます! 企業研究をすればライバルに差をつけられること間違いなし!

業界・企業研究 

2017.10.07

ざっくり言うと

  • 本当にやらなきゃダメ?企業研究の必要性と目的とは
  • 意外と知らない!企業研究のやり方3選!
  • 企業研究をするのに早すぎるということはない!

もくじ

1、企業研究の必要性と目的
2、企業研究のやり方

1、企業研究の必要性と目的

毎年、就活を終えた先輩方の、後悔していることランキングの
上位にランクインする「企業研究」

なぜ、企業研究はしなければならないのでしょうか?

①面接で差をつけるため

企業を理解していないと、面接で志望動機を述べるときに、
薄っぺらい志望動機になってしまいます。

例えば同じ業界の他の企業を受けるときに、
そこでも通用するようなありきたりな志望動機になってしまうのです。

それを避けるためにも、企業研究を深めて、その企業の特徴をふまえて、
自分が入社後何をしたいかなどを述べるようにするのが目的です。

②自己分析をするため

企業研究と自己分析はちがうのでは?と思うかもしれませんが、
実はとても似ています

企業研究を深め、「なぜその企業に入りたいと思ったのか」「どこに魅力を感じたのか」などを掘り下げていくと、自分の就活の「軸」が見えてきます。

③自分に合った企業を探すため

新卒の3割が3年で辞めると言われているこの時代、、

足りないのは我慢なのでしょうか?

企業研究不足も一因なのではないかと言えます。

今後個人差はありますが40年以上働く企業を、
詳しく知らずに決めてしまうのは、
あまりにもリスクがあります。

事前に企業研究をして、後悔のない就活にしましょう!

2、企業研究のやり方

企業研究のやり方はたくさんあります。

しかし、今回は、その中でも3つをピックアップして伝授していきます
企業研究のやり方に正解はありません
以下のやり方を参考にしながら、自分なりのやり方を見つけていくのも
いいかもしれません

①企業のホームページを見る

チェックするポイントとしては

・事業内容
→事業内容から、その企業がターゲットとしている顧客などが分かるため、
働くときのイメージがしやすくなります
また、志望動機を考える際の参考にもなります

・企業理念、経営理念
→これらに共感できるかどうかは、何十年も働いていくうえで非常に重要になってきます
企業が大切にしていることが載っているので、ぜひチェックしてみてください

・売上高
→企業の成長性が分かります

・福利厚生
→侮ってはいけないのが福利厚生。自分の生活に大きく関わってくるので、必ず見ておきましょう

・求める人材
→例えば挑戦することを恐れない人、だったら、自分が挑戦してきたことなどをアピールすると良いです


②OB・OG訪問をする

OB・OG訪問は、説明会などでは話さないような、働いている人のリアルな本音が聞けます。
また、OB・OGの方に、なぜその会社に入られたのかなどを聞くと、自分自身の志望動機を考える際の参考になるかもしれません

③説明会やインターンに参加する

会社説明会や合同説明会などに参加すると、移動する手間はあるものの、
効率よく企業のことについて知ることができます

また、インターンに参加すると、具体的な業務なども体感できるため、
より深い企業研究ができます

インターンで感じたことを、忘れないうちにメモしておいて、
志望動機を作るときに組み込めると良いです


企業研究を始めるにあたって早すぎるということはありません!
後回しにせず、計画的に企業研究を行い、悔いのない就活にしましょう!

他のオススメ就活対策記事

もっと見る