“就活のスタートとは?インターンシップとは?” 納得の【逆算就活】

夏休みのインターンとか何も行ってない。。そもそもインターンって参加する意味ある? 参加するにはどうしたらいいの?就活のスタートって3月ごろじゃないの?あなたの疑問に納得のいく解説をご用意。

インターンシップ 

2017.10.07

ざっくり言うと

  • 逆算しながら就活しよう!!
  • 企業の選考時期と学生の動きはおさえておくべき
  • 逆算から見えるインターンの重要性

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

就活ナビRebeについて漫画で解説中!!
詳しくは こちら

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

目次

はじめに

就活で勝てるかどうかは逆算
できるかどうかにかかっています。
就活の逆算、人生の逆算はできていますか?
逆算を考えるとインターンシップに
参加する必要性、重要性が見えてきます。
いざ検証!!

1就活とは?いつから始めればいい?

よく“成長したい“という人がいます。
成長するためには仕事をする相手や
仲間が重要なカギをにぎります。
大手に漠然と就職しても、
営業の場合、あなたが一緒に仕事をするのは
顧客なのです。
成長を考えるのであれば、
顧客の対象がどのような人なのか、
一緒に仕事をする人がどんな人なのか、
ということまで考えるべきです。
就活は単なる企業選定ではありません。
正確に就活はいつから始める、
という決まりはないので
いつからでも始められます。
ですが、逆算をしながら考えると
就活をいつから始めるべきなのか見えてきます。
人生を左右する就活です。
成功させるための道しるべを考えましょう。


2企業の選考のタイミング

大事なのは逆算!
まずはゴールがどこなのかを押さえておきたいところ。
企業の選考の時期は業界や会社によって異なります。
外資系行きたかったのにもう選考終わってる、、
なんてことのないようにチェックしましょう。

✔経団連加盟の大手企業(三菱商事やキリンホールディングス、みずほ銀行など)
大学3年6月~大学3年2月 インターンシップ
大学3年3月~大学4年5月 説明会、ES提出
大学4年6月~大学4年8月 選考、内定

✔経団連非加盟の大手ベンチャー企業(サイバーエージェント、楽天など)
大学3年6月~大学3年2月 インターンシップ
大学4年2月~大学4年8月 選考、内定

✔マスコミ(朝日新聞社や日本テレビ放送網など)
大学3年6月~大学3年10月 インターンシップ
大学3年11月~大学3年3月 選考活動
大学3年12月~大学3年3月 内定

✔外資企業
大学3年6月~大学3年9月 インターンシップ
大学3年10月~大学3年11月 選考活動
大学3年11月~大学3年12月 内定

✔中小企業
年中


3学生の動き

上記の企業や業界ごとの選考のタイミングから
実際に学生がどのように活動するべきなのか、
おさえておきましょう。


大学3年生
6月 就活サイトがオープンするため、会員登録を徐々にする。
         インターンシップ申込み、自己分析を始める。業界研究、
7月下旬 インターンシップに参加
8月 インターンシップに参加後興味のある業界について企業、業界研究を行う。
9月 OB、OG訪問を開始。SPI対策を開始。
10月 面接やESの練習を兼ねて気になる業界の外資企業やベンチャー企業を受ける。
1月 冬のインターンに参加
3月 情報解禁。説明会参加やエントリーシートの提出を行う。
   
4年生
6月本選考開始。面接が始まる。

4インターンシップに参加しよう!

5インターンは業界研究にもなる

世の中には金融業界広告業界
美容業界人材業界飲食業界インフラなど
さまざまな業界があります。
就職活動が始まると、
自分はどんな業界で働きたいのかを考えます。
その際、本や新聞、学校での説明会などの
情報だけでは具体的に自分が働く想像がしにくいです。
インターンの中でも短期の1dayインターンシップや
5dayインターンシップなどに参加すれば、
一定期間に複数の業界や企業を体感できます。
就職率が高い今、注意しなければならないことは、
企業の言葉を鵜呑みにすることです。
企業は少しでも自社に興味をもってもらいたい、
と良いところばかりを強調します。
ですが、企業の良いところだけをみて
就職してしまうと、理想と現実のミスマッチ
が起きてしまいます。
見極める力を身に着けるためにも
さまざまな業界や企業を知ることが必要となります。
インターンに参加して真の業界研究をしましょう!


おわりに

就職は一生を左右するもの。
生活していく中で、環境はとても大事です。
良い環境の中で生きていくためには自分を高め、
認めてもらうことはもちろん、
見極める力が必要となります。
漠然と就活するのではなく、
どんな人生を歩んでいきたいかを考え、
その目標のために今やるべきことを
逆算していきましょう。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

就活ナビRebeについて漫画で解説中!!
詳しくは こちら

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽