モテる就活生はここが違う。恋愛にも就活にも自己分析が必要!自分にぴったりな企業との出会い方

恋愛と就活は実は似た者同士。“幸せになりたい。”そう思ったとき、自分の理想ばかりを考えていませんか?あなたも選ばれる側です。自分とは何者かを理解したうえで相手(企業)を選ぶとマッチングします。さあ一緒に自己分析していきましょう!

自己分析 

2017.10.14

ざっくり言うと

  • モテない人は面倒くさい人!
  • 自分を知ることはマスト
  • 一晩でできる自己分析がある!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

就活ナビRebeについて漫画で解説中!!
詳しくは こちら

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

目次

はじめに

就活も恋愛と同じように
自分と他者との理解が
しっかりできている人ほど
理想と現実のミスマッチが
起きにくく成功する傾向があります。
自己分析をしたうえで
自分にはどのような職業が
向いているのかを考えたいところ。
まずは自己分析について知っておくべき
ポイントを押さえておきましょう。


1モテない就活生は面倒くさい!

たまに、自分の長所を勘違いしている人がいます。
例えば
細マッチョではなく
ヒョロヒョロな体系なのに
「俺は細マッチョなのが自慢なんだ」という人。
料理がうまくないのに
「私は料理が得意なの!」という人。
コミュニケーション能力が
そこまで高くないのに
「コミュ力だけは自信あるから」という人。
などなど他にも多くあげられますが、、(笑)
このように勘違いしている人は、
自分自身を他人と比べて評価できていない
自己ワールド型の人間で
正直扱いにくく、面倒ですよね。
人事の人もこの子はしっかりと
自己分析をできているのか

どのように自分を評価しているのか
を見ています。
判断するために
何度も面接などを通して面会するのです。
会社に採用する、ということは
一緒に働くということなので、
やはりしっかり自己分析ができていて、
自分にはどのような業界や会社が
合うのかを考えて、就活に臨んでいる子を
仲間にしたいと思うものです。
やはり企業から欲しい、
と思われるようなモテる就活生は
しっかり自己分析をしているようです。

2どうして自己分析が必要?

恋愛において受け身な人もいるでしょう。
ですが、就活において受け身だったら、
どこにも就職できません。
就活ではグイグイいく必要があります。
ですが、自分をアピールするとき、
自己分析がしっかりできていない人は自分を
正しくアピールすることができません。
誤ったアピールをして、
異性と付き合い始めると
しばらくしてから“こんなはずじゃなかった”
というようにミスマッチが起こってしまいます。

なので正しく自己分析をして、自分を理解し、
どこの企業が自分に合っているのか
見極めることはマストです!

3まずは一晩でできる自己研究

以下の項目について自分なりにまとめてみてください。


●好きなこと、楽しかったこと

●悔しかったこと、満たされなかったこと

●私の好きなところ、嫌いなところ

●あなたの弱点

●あなたの長所と短所の推測


誰に見せるわけではありません。
思いのまま書き出してみてください。
答えに正解はありません。
少しずつ自分と向き合う時間を作っていきましょう。

これが終わったら
過去を振り返る、現状を把握する、
社会と自分の未来を考える、
自分の向上プランを考えましょう。

ここで自分の本音が書けない人は
自分から逃げない強さを
身に着けらえるよう意識しましょう。
モテるためには地道な努力が欠かせないのです。


4自己分析はいつから始めれば良いの??

毎年就活でもっと早く取り組めばよかったランキング1位の自己分析。


(出典:一般財団法人 雇用開発センター 「2017卒大学生就職活動調査」)

自己分析をしっかりしていないまま
就活を始めると途中で
「なんのために就活してるんだろう??」
となってしまう学生が多いです。

いつから始めなさい、という決まりはありません。
あれ、自己分析いつからやれば良いんだろう、
気づいたときが自己分析を始めるサインです。
もちろんそれは早ければ早いほど、
充実した自己分析ができます。
恋愛に置き換えて考えてみてもそうです。
早いうちから自己分析をして、
ターゲットを絞り、探っていくのであれば、
早く自己分析をしている人の方が
相手をじっくり吟味することができますね。

おまけ

恋愛においてモテる人には
共通点が見られます。
○面白くてユーモアがある
○明るい性格
○自分の弱みを知っている
○素の自分を見せる
○人を見くださない
○特技がある
○イケメンまたは美人
○思いやりがある

どうでしょう。企業側
があなたを欲しい、とする場合、
これらの条件は必須かもしれません。
自己分析をして
自分と他者を比べたときに
劣っていたり及ばない部分が
見つけられれば成長への第一歩です。
モテる人を参考にしてモテる就活生
になっちゃいましょう。

自己分析をしっかりしたうえで
就活の軸および企業選びの軸をつくる!
軸が定まる自己分析ができたら自己分析完了です!
軸をもとに企業研究を進めていきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
恋愛上手は就活上手といいます。
ということは!!
就活上手は恋愛も、、?
もしかしたら自己分析をきっかけに
人へのアプローチの仕方が変わるかもしれません。
自己分析をしたことで人生設計が
明確になってきた、という人もいるでしょう。
そこで大事なのは自分の将来の目標や
計画に対して常に逆算することです。
逆算を意識すると今自分が何をするべきなのか
が見えてくるでしょう。
就職活動は通過点でしかないのです。
まず就職しよう、と考えるのではなく、
どう生きたいのか、どうなりたいのか、
何をしたいのか、を明確にできると、
人生がより充実した実りあるものとなるはずです。

出典:ダイヤモンド社
   『絶対内定2019 自己分析とキャリアデザインの描き方』

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

就活ナビRebeについて漫画で解説中!!
詳しくは こちら

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

タグ