【本選考情報アリ!】業界即理解!!〜コンサルティング編〜

コンサルティングってどんな仕事?どんな業界なの?難関と言われているからこそ必要な資質や能力など、入るために必要なこと、大公開します!

志望動機  業界・企業研究  面接対策  インターンシップ 

2017.10.21

ざっくり言うと

  • コンサルティングにも色々な種類があるのです
  • アクセンチュアなどの本選考情報公開します
  • コンサルタントになるために必要な能力は3つある

はじめに

「コンサルティング」という仕事を
一言で表すこと、できますか?

コンサルティング業界には
様々な分類があります。

今回は
コンサルティング業界
という広い部分から、
実際にどんな能力が求められるのか
という重要な部分までを
網羅していきます!

コンサル業界はスタート時期が早いので
すでに知っているという方も
多いかもしれません。

そういった方に
コンサルという仕事について再確認したうえで
本選考の内容や様子
お伝えしていきたいと思います!

コンサルティング業界の市場構造

コンサルティング業界は
IT革命などを機に
企業の合併や買収、
つまりM&Aの増加、
そしてグローバル化の流れがあるため、
各企業がこぞって
実力あるコンサルタントファームに
オファーを出す状況が続いているので、
市場としては伸びている業界となります。


また、日本のコンサル業界の
市場規模としては、
約1800億円〜3000億円

アメリカのコンサル業界は
約6兆円〜10兆円
と言われています。


次にコンサルティング業界には
どのような分野があるのか、
ご紹介します!

① 戦略コンサル

企業の戦略やビジョンの策定、多角化戦略などの
成長戦略の提案を行ないます。
他にも
M&Aや R&D、業務提携といった
企業経営に関わる分野を担当します。

② 業務コンサル

財務や管理会計、生産・販売・人事管理
SCM(供給連鎖管理),CRM(顧客関係管理)
といった業務工程における改善策を
求められるコンサルティングになります。

③ 組織人事コンサル

人事の評価制度の見直しや
企業年金、賃金制度の改定といった
組織の風通しを良くする業務から、
人材育成のための
研修プログラムの導入を促したりする
役割を担うものです。

④ ITコンサル

企業がITインフラを構築する際の支援や
企業のIT担当者をハンズオン型で担うこともあります。
ERP(企業資源計画)の導入といった
業務も行ないます。

⑤ 財務コンサル

業務のコンサルティングと似ていますが
M&A全般の統括(企業価値の評価や組織統合など)
コンプライアンス調査・破産処理・事業再生などを
対象としたコンサルティングとなっています。


このように
コンサルティング業界は
多岐にわたる分野の業務があります。

企業も得意分野の異なる
複数のコンサルティングファームに
依頼を出すため、需要があるので
業界自体が好況であると言えます。

どんな企業がある??

コンサルティング会社の中には
マッキンゼー&カンパニーや
ボストン・コンサルティング、
ベイン&カンパニーなど
世界的に有名な企業もあります。

コンサルティングという仕事は
アメリカで生まれたものであるため、
多くが外資系です。

もちろん、
他にも有名な企業は数多く存在し、
総合的なコンサルティングファームとして
PwCやアクセンチュア
デロイトトーマツコンサルティングや
アビームコンサルティング、
日本系であっても
経営共創基盤などの企業もあります。

戦略コンサルティング会社としては
A.T.カーニーやローランドベルガー
などの会社が挙げられます。

これらのコンサルティング会社の
本選考フローがどうなっているのか、
という方は↓↓↓↓↓

アクセンチュアの本選考情報は[こちら]

アビームコンサルティングの本選考情報は[こちら]

デロイトトーマツコンサルティングの本選考情報は[こちら]

コンサルタントに必要な3つの要素

コンサルタントに求められるのは
相手企業の経営課題を解決することで
収益の最大化をしていくことです。

その中で必要な要素を
説明していきます!

1. 論理的思考力

コンサルタントにとって
「相手から課題をヒアリングする」
「課題の原因分析から最適な解決策を見つけ出す」
「仮説を検証するとき」

など、どの場面においても必要な能力になります。

2. 自力での解決力

誰かに言われる前に
自分で何が問題なのかを考え、
解決策を講じた結果、
解決したものを報告する

といったサイクルで
考える能力が重要視されています。

3. コミュニケーション能力

コンサルタントは
いつも人と関わる仕事であるので、
問題のある相手がいることで
初めて仕事になります。

その相手と
「お互いに信頼関係にある」
ということが重要です。

ただし、それは
友達になるということではありません。

「相手の言い分を正しく理解し、整理する」
「自分の意見を、誤解を与えず相手に伝える」


ということが重要になります。


これらの素質が必要になります。
また、加えて
地頭の良さ・柔軟さを
採用の段階から問われるため、
相当な準備が必要になります!

おわりに