東京海上日動火災保険の選考でカギを握る自己分析|あなたはこの業界に適してますか?

「自己分析ってなにすればいいの?」そんな悩みを抱えている人がこの時期は特に多いでしょう。結論から言うと、、この記事の内容を押さえれば自己分析はOKです。大手企業で問われる自己分析レベルを網羅しています。【自己分析のための4つの質問】や【自己分析の際に使用するマトリックス】を知りたければ、今すぐこの記事をご覧あれ!

就活セミナー  志望動機  業界・企業研究  自己PR  エントリーシート  面接対策  インターンシップ 

2017.10.21

ざっくり言うと

  • この記事の内容を押さえれば自己分析はOK
  • 自己分析のための4つの質問一挙公開
  • 自己分析の際に使用するマトリックスを知ってますか?

-  目次 -

Ⅰ. 自己分析のための4つの質問


Ⅱ. 自己分析の際に使用する効率的なマトリックス


Ⅲ. 自己分析の結果と業界の特徴の擦り合わせ作業


Ⅰ. 自己分析のための4つの質問

「過去の振り返る」という行為の一環で
自己分析の方法をご紹介いたします。


自分を変えられる人は自己分析に時間をかけます。

起きた出来事について
「なぜ自分はあんなことをしたのか」と考えたり

その時の行動が誤りなら
「どうすればよかったか」と自分に対する
好奇心を発揮させて自己分析したりします。


本トピックでは振り返り方を掘り下げます。


私は「振り返り」の作業を
「変わっていくための再考」と考えます。


19卒の皆さんにやっていただきたいことは
自己分析のための「4つの質問」です。


まずは「何を褒めるべきか?」という
称賛の問いかけです。

*批判的な問いかけはNG。


人は過去を振り返ると
「何を間違ったか」「なぜ失敗したか」と
ネガティブなことだけを考えます。

それではポジティブな方向に進めません。
「褒めるべきことは何か」「何に成功したか」と
仕事でもプライベートでも自問してください。
 

次に「どんなことに驚いたか」を自問します。
重要な教訓を得られることがあります。
「仕事でこんなフィードバックを得るとは
思っていなかった(のに得られたので驚いた)」
といった驚きがあるはずです。
 

次に「1年を象徴する感情・体験は何だったか」も自問します。
後悔や失望といったネガティブなことかもしれません。

その場合は...
「後悔や失望は、この機会を逃してしまったからだ」
「こう間違ったからだ」と
客観的に分析してください。
 

最後に「誰のことが羨ましいか」聞いてください。
嫉妬する相手を思い浮かべて
「『自分が欲しいと思っているもの』の中で
何を身につけているのか」と深掘りします。
 


こうして4つの問いかけで出てきた答えを基に
「ここからどんな教訓が導けるか」を考えます。


ここまでくれば自分が達成したい短期的な目標は
たくさん頭に浮かんでいるはずです。
 

Ⅱ. 自己分析の際に使用する効率的なマトリックス

横軸に以下の要素を並べてみましょう。

-小学校
-中学校
-高校
-大学
-社会人


縦軸に以下の要素を並べてみましょう。

-どんなことをしてきたか
-ワクワクしたこと
-辛かったこと
-将来やりたいこと/思っていたこと
-当時の自分の価値観
-どんな環境、ひと、仲間が好きか/嫌いか

Ⅲ. 自己分析の結果と業界の特徴の擦り合わせ作業

上記の質問やマトリックスを駆使して
自己分析をします。


これらのプロセスを経たら
その結果をもとに
業界研究で得た業界特有の特徴と
マッチングする点を見つけるのです。


これがいわゆる
【擦り合わせの作業】です。