直前チェック!!SPI言語分野の頻出語句50選!語句の意味暗記法!

あなたはSPI言語分野の対策がしっかりできていますか? SPIは非言語分野が難しいとされがちですが、言語分野も対策をしていないともちろん痛い目にあいます! 特に<語句の意味>ではあまり馴染みのない語句も多く出題されます。 そこで、馴染みのない単語を中心に頻出語句50を紹介!試験の直前にチェックのためにご活用ください!

SPI・WEBテスト対策 

2017.10.21

ざっくり言うと

  • SPI言語対策の方法
  • 言語分野頻出語句50選!

はじめに

はじめに、spiの説明です。
Spiには受験形態により以下の4つに分類されます。
・ペーパーテスティング
・Webテスティング
・テストセンター
・インハウスCBT
今回はこれら4つの中でも、ほぼ全ての就活生が受験することになるだろうテストセンター受験での、言語分野の対策法を見て行きましょう。

テストセンターの言語問題は出題範囲がひろいので、対策が必要です。
具体的な出題範囲は以下の通りです。
・二語の意味

・語句の意味

・語句の用法

・文の並び替え

・空欄補充

・長文読解



こんなに多様な問題が出るSPI言語ですが、そのほとんどは語彙力を伸ばすだけで高得点が狙えます。
逆に、語彙を知らないと全くわからない問題も多いです。
そのため、SPI言語において、頻出語句を覚え、語彙力を伸ばすための1番の近道と言えます。



頻出語句50選!!語句の意味をチェック!



1折半
1半分に分けること。

2折衷
2それぞれのいいところとって
 一つに合わせること。

3看破
3真相などを見破ること。

4打診
4相手の意向を確かめるため様子をみること。

5標榜
5主義・主張などを公然と表すこと。

6漸次
6次第に。

7暫時
7しばらく。

8委細
8細かく詳しいこと。

9英気
9優れた才気。

10披瀝
10気持ちなどを隠さず全て打ち明けること。

11謬見
11誤った意見、考え。

12出色
12他より目立って優れていること。

13感服
13深く感じて尊敬の気持ちを抱くこと。

14拮抗
14力に優劣がなく互いに張り合うこと。

15毅然
15意志や信念をつらぬき、物事の動じないさま。

16泰然
16落ち着いていて物事に動じない様子。

17督励
17監督し励ますこと。

18超然
18俗事にこだわらず、ゆうゆうとしているさま。

19吹聴
19言いふらすこと。

20寡聞
20知識が浅く、見聞が狭い事。

21肝要
21非常に大事な事。

22消長
22勢いが衰えたり、盛んになったりすること。

23遜色
23見劣り。

24卑近
24身近でありふれていること。

25腐心
25何かを成し遂げようと心をくだくこと。

26沿革
26組織などの移り変わり。

27憐憫
27可哀想に思う事。

28造詣
28どの分野に関しての深い知識や、優れた技量。

29斡旋
29間に入って両者をうまくとりもつ事。

30営々
30コツコツと励む様。

31闊達
31度量が広く、小さいことにこだわらないさま。

32迎合
32人にへつらい、調子をあわせること。

33躍如
33生き生きと目の前に見えるさま。

34直言
34考え・信念そのまま遠慮せずに言うこと。

35咀嚼
35内容をよく考え、十分に理解し味わうこと。

36恭順
36謹んで命令などに従うさま。

37忖度
37相手の心中をおしはかること

38詭弁
38道理に合わないこじつけの弁論。

39僭越
39出すぎたこと。

40陶冶
40性質や能力を円満に鍛え育てること。

41閨秀
41学問や芸術などに優れた女性。

42逡巡
42決断できずにぐずぐずすること。

43慟哭
43決断できずにぐずぐずすること。

44遁走
44逃げ出すこと。

45気丈
45気持ちがしっかりしていること。

46早晩
46いずれ。

47粉飾
47うわべを繕って実際より良く見せること。

48斯界
48この分野。

49汗顔
49大いに恥じること。

50軋轢
50仲が悪くなること。

まとめ

いかがでしたか??


SPI言語分野の長文読解以外は
いかに対策したかが、得点を左右します。

つまり、対策さえしっかり行えば
誰でも、高得点が取れるのです。
逆に、言語分野の得点が低いと言うことは、
内定のためにその程度の対策しかしてこなかった
ということを意味します。

その意味で、SPI試験は
企業が就活生を信頼できるかどうかの材料となります。

しっかり対策を行い、企業からの信頼を勝ち取りましょう!