SPI英語とは?例題と解法のコツがわかる!頻出同意・反意語30選付き!

SPI英語ってどのくらい難しい?どんな企業で必要なの?時間は?そんな疑問の全てを解決!例題とともに、各問題の解放のコツを紹介!同意語・反意語問題で頻出の単語もまとめてあるので、受験直前チェックにも活用できる! しっかり対策すれば高得点がとれる!それがSPI英語です。

SPI・WEBテスト対策 

2017.10.28

ざっくり言うと

  • SPI英語って?
  • 頻出単語30選!!

目次

①SPI英語とは?

②各問題の例題と解放のコツ
  ・同意語・反意語
  ・空欄補充
  ・英英辞典
  ・誤文訂正
  ・整序問題
  ・長文読解
  ・和文英訳

③まとめ

①SPI英語とは?


あなたはSPIテストに
英語があることを知っていましたか?

企業によっては、SPIテストで英語を
受験させる企業もあります。
しかし、SPIで英語の対策までしている
就活生はあまり多くはありません。

いざ、テストセンターで受験してみたら
英語が思ったより難しかった…泣
なんてことがないように、
今のうちにしっかり対策をしましょう。

ここではSPI英語の特徴を見ていきましょう。

〜〜〜SPI英語の問題〜〜〜

SPI英語は
テストセンターでは
試験時間は約20分、
出題問題数は人それぞれです。
ペーパーテスティングでは
30分40問です。

難易度としては、
中学〜大学受験レベルとされています。

主な出題分野は以下のとおり↓↓

●同意語や反意語を答える問題

●空欄補充
 ()内の単語を埋める問題

●英英辞典
 英語で書かれた説明でどの単語を
 示しているのかを答える問題

●誤文訂正
 誤った使われ方をしている
 単語を答える問題

●整序問題
 英単語を並べ替えて正しい文にする問題。

●長文読解問題

●和文英訳



〜〜〜SPI英語を採用している企業〜〜〜

SPIで英語の受験も課している企業は
以下のような企業です。

●入社後英語での業務が必要となる企業
●グローバル事業を展開している企業。
●外資系企業
●日系大手企業
●旅行代理店

②各問題の例題と解放のコツ

〜〜同意語や反意語を答える問題〜〜

●例題

問:次の単語と最も意味が近い語をA~Eまでの中から選びなさい。
Explanation

A: solution
B: conclusion
C: expression
D: translation
E: description


答:E


問:次の単語と反対の意味を持つ語をA~Eまでの中から選びなさい。
Temporary

A: general
B: usual
C: permanent
D: timely
E: transient


答:E

●対策・コツ

spi英語でまず一番大切なことは当然単語力!
→そもそも同意語や反意語は英単語を知らないと解けない。
 また、英英辞書や長文読解は比較的難しい問題が出題される傾向があるため
 同意語、反意語の問題で得点しておく必要がある。


●頻出同意語、反意語30選
先ほど触れたように、
同意語、反意語だけでなく
SPI英語の対策にはある程度の
語彙力が必要不可欠です。

逆に、語彙力さえあれば
即答できてしまう問題も少なくありません。
そこで、最低限覚えておくべき、
同意語、反意語を紹介します。
SPI英語の受験直前の
チェックにもご活用ください!


【同意語】

① 「〜を強いる」
 compel
oblige

② 「主張する」
insist
assert

③ 「供給する」
prpvide
supply

④ 「試みる」
attempt
try

⑤ 「気前の良い」
generous
liberal

⑥ 「巨大な」
gigantic
huge

⑦ 「ささいな」
trifling
trivial

⑧ 「好機」
opportunity
chance

⑨ 「例、事例」
example
instance

⑩ 「欠点」
fault
defect
⑪ 「異なる」
vary
differ

⑫ 「悩ます」
bother
  annoy


⑬ 「明白な」
obvious
evident

⑭ 「正確な」
accurate
exact

⑮ 「本物の」
genuine
real


【反意語】

① temporary「一時的な」
permanent「永久の」

② benefit「利益」
damege「損害」

③ natural「自然の」
artificial「人口の」

④ cause「原因」
effect「結果」

⑤ absolute「絶対的な」
relative「相対的な」

⑥ accept「受け入れる」
refuse「拒絶する」

⑦ concrete「具体的な」
abstract「抽象的な」

⑧ excessive「過度の」
moderate「適度な」

⑨ ambiguous「あいまいな」
obvious「明白な」

⑩ income「収入」
expense「支出」

⑪ affirm「肯定する」
deny「否定する」

⑫ construct「建設する」
destroy「破壊する」

⑬ deficit「赤字」
surplus「黒字」

⑭ fertile「肥沃な」
barren「不毛の」

⑮ resistance「抵抗」
obedience「服従」



〜〜英英辞典〜〜

問:次の説明文に最も近い意味をもつものをA~Eでの中から一つ選びなさい。
a supply of goods available for sale by a trader or storekeeper

A: stock
B: corporation
C: demand
D: proceeds
E: materials


答:A




〜〜空欄補充〜〜

問:次の文中の()に入れる語として最も適切なものをA~Eまでの中から一つ選びなさい。
「この著者はいわばアメリカの良心である。」
This author is, (), the conscience of America.

A: as is usual
B: what it is
C: so as to
D: so to speak
E: that is

答:D



③まとめ

いかがでしたか??

他の言語・非言語に比べて
単語を知っているか否かで得点が
大きく左右されやすいSPI英語。

日頃から、単語帳などで対策をし、
知っているから得点できる!
そんな就活生になりましょう!!