【就活生必見!】自己分析ができないと悩んでいるあなたへ 内定のとれるやり方教えます。

「就職活動を意識する時期に近づいてきたけど自己分析が全然できない、どうやればいいのかいまいちわからない、」「そもそも自己分析って何?」「やる必要あるの?」って考える人も多いと思います。しかし、自己分析を怠って自分の内面や、やりたいことがわかっていないと企業選びの判断基準が持てません。そこで自己分析の目的、やり方、そして、やってはいけないこと4つをご紹介いたします。自己分析ができないと焦っているあなたは特に必見です。

自己分析 

2017.11.24

ざっくり言うと

  • 自己分析は将来の自分のため
  • 自信に繋がる自己分析
  • 間違った自己分析では意味がない


自己分析をさらに深めたい、そんな方にお勧め! 
就活サイトRebeに登録すればプロのキャリアアドバイザーに無料で相談に乗ってもらえます!

詳しくは [こちら]

目次

1、 はじめに
2、 自己分析の意義
3、 自己分析の目的
4、 自己分析の具体的やり方
5、 やってはいけないこと4つ
6、 さいごに

1、はじめに


「自己分析って1日あれば終わるし、まだ大丈夫でしょ?」って思っている方も多いと思います。

しかし、そんなに自己分析は甘いものではありません!

就活生がやっておけばよかったこと1位がなんと、自己分析です。

それくらい自己分析というのは就活において大事なことであり、最も大切なことといっても過言ではありません。

そこで、今から始めるべき自己分析のやり方を教えます。



2、自己分析の意義

自己分析のやり方をお話しする前に、

「そもそも自己分析をやる意義ってあるの?」

と思う方もいるのではないでしょうか?

そこで、自己分析をやる意義をお話ししますと、

・自分のことを知ることで好きなこと、嫌いなことが分かり、
 どんな仕事がしたいのか、やりたくないのか理解できるようになる。

・自分のやりたいことが分かるとともにそのために今の自分に足りないもの、
 これからやるべきことが見つけられ、自分の良い部分をさらに伸ばせる。

・本当にやりたいことを見つけられればそのやりたいこととマッチする
 企業の志望動機も自然と書けるようになる。
 よって第一志望の企業の内定に繋がる。



3、自己分析の目的

強みを探す 

自分が今までどのようなことをしてきたか、その都度どのような選択をしてきたか、過去の経験から企業の利益に貢献するような自身の強み、そして、他の学生と差別化を図れるような強みを探す。

自分が一体どんな人間であるかを考えるときに、根拠もなく私はきっとこういう人間だと思い込んでしまうと、
例えば、「明るく社交的で常に元気な人間でありたい」という願望が混じり、
実際に傍から見たらそうではないと言われる場合もあり、

企業の人から見たら「自分のこと何もわかってないんだね」と思われてしまう。

そうならないためにも過去の経験から自分がどのような人間であるのかを見つけ出し、両親や友人、尊敬できる先生や恩師にも自分がどんな人間であるかを聞き、そこにミスマッチがないかを確認してみる。

志望する企業に利益をもたらすことができる人材であることを認知してもらうためにも自分の強みを見つけ、面接において言語化できるようになるまでになれば内定をもらうことができる!!

4、自己分析の具体的やり方

・自分史をつくる
 
 自分の過去の経験を振り返りながら時系列に並べて、書き出すことによって過去の経験に共通する自分の強みや他者との差別化が把握できる。

 具体的に、

小学校、中学校、高校、大学、それぞれの時代に経験したことを書き出してみて、その中で特に印象に残ったことについて深掘りする。

重要ポイント

まず、頑張ったこと、楽しかったこと、大変だったこと、などの中で一つのテーマを決め、そのテーマに沿った経験を書き出す。

なぜそのように考えたのか、なぜその選択をしたのか、なぜ他の選択ではだめだったのか、など

「なぜ?」を5回以上繰り返し、その経験についての自分の行動心理を分析する。

特に「なぜそのような選択をしたのか」を分析することで自分がどのようなことを大切にして生きているのか、決断を迫られたときに自分にとっての優先順位とは何かなどを分析すると、

自分の「価値観」を知ることができる。

また自分がこれまで頑張ってきたことに関して挙げてみて、それに共通することは何か、どんな時に自分は頑張れるのか、頑張る原動力を見つけることが可能である。


5、自己分析でやってはいけないこと4つ

① 短所ばかりを見つける

自己嫌悪に陥り、ネガティブな人間になってしまいます。それによって自分はダメな人間だと思い込み、就活に対して自信を失くしてしまいます。短所の部分は裏を返せば長所としても考えられます。例えば、優柔不断な所が短所であるならば、逆に長所として慎重に物事を運ぶ所があると捉えることができます。

② 思い込みで強みを見つける

根拠のない強みというのは自己PRにおいて説得力が足りないものになる可能性が高いため、自分の印象に残っている経験を集め、その経験に共通する考え方や行動を探し出すことによって根拠のある自分独自の強みになると考えられる。


③ 企業の求める人物像に無理に自分の強みを当てはめようとする

企業の求める人物像に対し、無理に合わせようとすると自分のアピールしている強みとそれに基づく経験との不一致、すなわち矛盾が起きる。過去の経験や行動から自分のつよみをできる限り多く見つけることが大切。


④ 一度きりしか自己分析を行わない

一回、自己分析をやっただけで完璧にやったつもりでいて以降はやらない。
自己分析は一度やっただけで満足してはならず、特に就職活動がうまくいかないとき、再度自己分析をやってみると今まで気づかなかった点を発見できます。躓いたとき短期間で自己分析をやり直しましょう。



① 短所ばかりを見つける

自己嫌悪に陥り、ネガティブな人間になってしまいます。それによって自分はダメな人間だと思い込み、就活に対して自信を失くしてしまいます。短所の部分は裏を返せば長所としても考えられます。例えば、優柔不断な所が短所であるならば、逆に長所として慎重に物事を運ぶ所があると捉えることができます。

② 思い込みで強みを見つける

根拠のない強みというのは自己PRにおいて説得力が足りないものになる可能性が高いため、自分の印象に残っている経験を集め、その経験に共通する考え方や行動を探し出すことによって根拠のある自分独自の強みになると考えられる。


③ 企業の求める人物像に無理に自分の強みを当てはめようとする

企業の求める人物像に対し、無理に合わせようとすると自分のアピールしている強みとそれに基づく経験との不一致、すなわち矛盾が起きる。過去の経験や行動から自分のつよみをできる限り多く見つけることが大切。


④ 一度きりしか自己分析を行わない

一回、自己分析をやっただけで完璧にやったつもりでいて以降はやらない。
自己分析は一度やっただけで満足してはならず、特に就職活動がうまくいかないとき、再度自己分析をやってみると今まで気づかなかった点を発見できます。躓いたとき短期間で自己分析をやり直しましょう。



6、さいごに

自己分析は今までの過去の自分の経験や行動を振り返り、どうしてこのような選択を自分は決断したのか分析することが大切になります。

しかし、それだけでなく周りの友達や家族、先生に自分がどのような人物であるか客観的な意見を求めることも大切です。

自分ひとりだけでは気付かない部分が周りからの意見によって自分がどのように思われているのかを知る良い機会にもなります。



タグ