効果テキメン!最強に効率的な業界研究のやり方、ポイントを徹底解説!

就職活動において避けては通れぬ「業界研究」。その業界研究のやり方について具体的にどうしたらいいかお困りの方に効率的な方法を重要なポイントを抑えながらお教えします。また当サイトにてさらに実際に業界研究を深められるセミナーも併せて紹介いたします。

業界・企業研究 

2017.12.13

ざっくり言うと

  • わかっていたつもり!?真の業界研究のやり方
  • 最強の効率性を持った業界研究の方法がある
  • 業界研究と企業研究には親密な関係がある

目次

1、 はじめに
2、 業界研究の目的
3、 効率的な業界研究の方法
4、 業界研究のメリット
5、 業界研究と企業研究
6、 おわりに

1、はじめに


いざ就職活動!となるとまず始めに行うのが業界研究。

その業界研究を始めると
「へー、こんな業界あるんだ!」
といった今まで知らなかった業界、または

「この企業はここの業界に含まれるのか」
という経験をします。

しかし、どんな業界の名前を知っただけでは業界研究とは呼べません。
業界を知ったうえで自分がどのような業界に興味を持ち、それからどのくらいその業界について詳しく調べて、理解するかが業界研究における基本です。

では具体的にどうすればいいかこれからお話しします。


ジョブトライアウトというイベントに一回参加するだけで最大で6業界、6社の企業研究が可能に!?

さらに!!その企業から特別内定直結フローを得られる!

効率的な業界・企業研究、早期内定を目指す人におススメです。

詳しくは[こちらを]


2、業界研究の目的


就職活動において業界研究が浅いと自分のやりたいこと、実際にどんな仕事があるかをTVのCMや電車や新聞の広告でよく見る企業だけでイメージする人がいます。

こういった業界研究で終わらせてしまうと最悪です。
恐らく内定を一つも出してもらえないでしょう。

そこで、そんな就職活動にならないためにも業界研究を徹底的かつ効率的に行う必要があります。

主な目的として3つあります。

① 志望業界知識を深める
志望業界のイメージの再確認、またイメージと違う点を発見する。

② 志望業界を絞る
自分の性格に合わない業界、この業界では働きたくないなど好きな業界とそうではない業界に分けて業界を絞る。

③ 業界全体の把握
業界規模、景気動向、成長性・安定性、事業内容、BtoBかBtoCの企業かなど業界を理解する。

面接の際、他業界と比べ、良い点を聞かれたり、なぜ、この業界を選んだか理由を聞かれることもあります。

その時に志望業界と他業界の違いをはっきりと述べられると企業側は「この子は業界研究をちゃんとしている」と評価をし、内定にもつながります。


3、効率的な業界研究の方法



まずは業界1つ自分の興味がありそうなところを調べてみる。

その業界を調べることである一定の基準をつくることができる。

そして、その業界内で1つの企業を徹底的に研究し、自分の中で価値ある情報にこだわる。

企業研究のやり方については[こちらを]

その後、他の業界を2,3個調べ、自分の興味を持った共通点を上げてみる。

その出た共通点というのは自分が大切にしている価値観となります。

具体的な調べ方として

・セミナーや合同説明会に参加する
一番手っ取り早くかつ理解を深められる方法であり、一回でいくつかの業界のお話を聞くため、頭には残りやすい。

具体的におすすめするのがグループディスカッションの練習ともなり、特別選考権も獲得できる一石二鳥のセミナーはこちらです。

・本・書籍を利用する
よく書店で売っている業界地図を購入するのも手であると思います。図で示しているため、整理がつきやすく何度も見返すことができます。

・Webを利用する
例えば、ある業界団体が出しているHPを見て、その業界内について詳しく調べたり、業界天気図を見て、天気で表した各業界の動向や規模、主な代表企業の年収などについても調べることができます。

・新聞やニュースを利用する
書籍には載っていないある業界内で最近起きたことを知るためにはやはり新聞やニュースを見る必要があります。こういったリアルタイムな情報は面接の場などでも生きてくると思います。

・OB・OG訪問をする

一番その業界を詳しく知るためにはやはり現場で働いている人のお話を聞くのが早いと思います。ネットや本で調べただけではわからない現場で働く人だからこそ知る業界についての本音を聞けるはずですのである程度興味ある業界が絞れたら積極的に利用しましょう!

ポイント1:業界を広く、浅く研究する

業界全体を大まかに捉え、その業界の代表となりうる企業や業界全体の景気を把握しましょう

ポイント2:業界内を狭く、深く研究する

その業界の現在の状況からわかる今後の課題と動向をさらに詳しく調べます。また業界内における各企業の売上推移や利益率などを比較検討することで志望動機にもつながります。



4、業界研究のメリット


・業界の状況・その業界の将来性の理解
現在の業界の状況から将来性を考える事で成長する業界か否かを予測できる

・業界での各社の関係性の理解
 業界内で各企業において完全に競合他社なのか、はたまた一部では共同事業を行っているのか企業同士の関係性の把握ができる

・志望企業について競合他社との違いを把握
 志望企業の強みと弱みが同業界内の他企業と比べることにより浮き彫りになる。それによって志望企業が行っている差別化を理解し、志望動機につなげられる。



5、さいごに