OB・OG 訪問は重要?!志望する企業に大学のOB・OGがいないときの対処法

3月の就活解禁が近くなり、OB・OG訪問という言葉を耳にしているけどいまいち理解していない人、またはOB・OGに会うのが面倒くさくてやる気ない人、どのような手順で電話したり、メールを送ったりすべきかわからない人、必見です。OB・OG訪問がどれだけ大切かご説明いたします。

マナー 

2018.01.18

ざっくり言うと

  • OB・OG訪問は3月よりも早くやるべし
  • 内定が欲しければできるだけ多くのOB・OGに会うべし
  • 就活で面倒くさがったらそこでおしまい

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 自己PR・・・
 学生時代一番頑張ったこと・・・
 なぜ弊社に応募するのか・・・
 なぜ営業職を志望するのか・・・
 なぜSE職を志望するのか・・・
 なぜ企画職を志望するのか・・・

内定の取れるESには「はっきりとしたポイント」があります。
それを理解した上で書くと面白いくらい書類選考に通過しますよ?
【ES攻略セミナー】
延べ1万通以上の履歴書添削実績のある就活のプロと一緒に内定の取れるES書きませんか?

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

目次

1、はじめに
2、OB・OG訪問をやる意義
3、OB・OG訪問を始める時期
4、OB・OG訪問の仕方
5、さいごに

1、はじめに

みなさんは今このような気持ちではないでしょうか?

「就活解禁するし、OB訪問そろそろやらなきゃいけないころかな?
 でも、初対面でしかも社会人の人と会うなんて緊張するし、
 面倒くさいからやらなくていいかな?!」

確かにOB訪問はその志望する企業のOBの人と会うために大学のキャリアセンターで探して電話をかけ、連絡をとりあって、お互いの予定が合う日を調整するがゆえ、大変で面倒なこともあるかもしれません。

しかし、そこを面倒くさがってしまったが故に内定をとれなかった人を私は多く見てきました

2、OB・OGの訪問をやる意義

では、そもそもOB・OG訪問をやる意義はというと

①本選考において有利になる

リクルーターと呼ばれるその企業で働く社員さんから高評価をもらえると本来存在するはずの一次選考や二次選考を免除してくれることがあり、手間が省ける。

②社会人と話すことに慣れる

普段中々社会人と話す機会、ましてやビジネスに関するまじめな話をする機会はないと思います。
就活本番になってしかも面接で初めて社会人と話すようなことがあった時には少なからず緊張してしまうと思います。
そこで、言葉遣いを気を付けるという意味でも予め社会人と話すことに慣れておく必要があると思います。

③説明会やインターンでは聞きにくいことも聞きやすい

OB訪問では説明会やインターンほどきっちりした雰囲気ではなく得られる情報は多いと思います。そのため、その企業の懸念点など良いところだけではなく悪い部分など、そこで働く社員さんの本音が訊けるのがOB・OG訪問であると思います。

3、OB・OG訪問を始める時期

OB・OG訪問を始める時期はズバリ、、、
出来るだけ早いほうがいい

早い人は大学に入ってすぐ1年生のころから始め4年の3月までになんと100人以上のOB・OGの方と出会っている人も事実います!

ちなみにOB訪問のピークは3月から5月がピークになります。

当然その時期はOB・OGの方も毎日面談を行い、忙しくなるためと予定を合わせるのが難しくなり、面接直前に訪問しようとしてもできないこともあります。

また、3月より前にOB・OG訪問をするメリットは

時間に余裕があり、はじめの方なので一人一人に丁寧に対応してくれる
→4月ごろになってくると温治ような質問に答えることになってくるのでOB・OGの方は飽きてきます。

OB・OG訪問先でまた違う社員の方を紹介してくれる
→3月よりも前であれば紹介できる人も多いため

早くから動いているということで評価も高くなる
→早い段階から動いていればそれだけ志望度が高いとみなされ評価も高くなる

4、OB・OG訪問の仕方

・大学のキャリアセンターで訊く
志望する企業にOB・OGがいるかを確認したい場合一番手っ取り早いのが大学のキャリアセンターを利用することです。これによって瞬時にいるかわかります。


それで見つからなかった場合

・先輩または友達に知り合いの社員さんを紹介してもらう
どの企業にもOB・OGがいるとは限らないのでその時はあきらめず先輩や友達に聞いて、知り合いがそこで働いているのであれば紹介してもらいましょう。

・企業の人事の人に直接お願いし、訪問できるか確認する
最終手段はやはりその企業にまたは、
その企業の説明会に参加し、終わった後に直談判する

また、
●OB・OG訪問をお願いする場合は簡潔に丁寧な口調で頼むこと
●OB・OG訪問を実際に行う際、企業ページを見ればわかるようなことを訊かない
●事前の下調べは必ずする
●事業内容を理解した質問とそうでない質問とでは大きく印象変わる

上記のようなこと気を付けるべきです!

5、さいごに

いかがでしたか?

OB・OG訪問を就活で利用する学生は全体の4割と言われています。
これをするか、しないかそれだけで大きく変わります!

また企業研究や志望動機も深まるだけでなくその企業の社員さん一人でも多くと知り合うだけで人事の方、役員の方の耳にも入り内定にもつながりやすくなります。

極端な話、その企業の100人とお話したことがあるだけで面接でも話のネタにもなりますし、志望度が高いとみなされます

本当に今行きたい企業があるのであればOB・OG訪問をお勧めします!

就活生に利用していただきたいおすすめの就活サービスをご紹介いたします。

それは、毎年20,000人が参加するジョブ・トライアウトで有名なリアライブが提供している「リアライブの新卒紹介」です。

現在、リアライブの大学生のSNS上のフォロワー数は100万人以上もいます。

そして、会員登録するとこんな特典が、、、

就活のプロであるキャリアアドバイザーが就活の悩み・相談事を親身に聞いてくれる
企業から内々定をもらえる可能性が高い
リクルート出身の人事の方が企業の採用基準を教えてくれる
面接対策・ES対策が手厚い面接対策・ES対策が他のどの人材会社よりも手厚い

今後の就活選考における大きなサポートをします。
さらに驚くべきことに約2分で無料で会員登録が可能です。

ぜひ就活に役立ててください。

リアライブの新卒紹介は [こちら]

タグ