【よくあるQ&A・質問まとめ】~採用側の本音を大公開~

就活は裏側が多くあります。そんな多くの質問や疑問に人事目線でお答えします。面接・グループ選考・ES・筆記テストなど就活生のやることは多岐にわたります。就活のこのフローに意味はあるのか?と疑問を持つ学生も多いと思います。採用側はそれぞれの選考フローで何を見ているのかなど、選考突破のために知っておくべきことを大公開します!

志望動機  エントリーシート  面接対策 

2018.02.03

ざっくり言うと

  • 身だしなみは面接官の第一印象!
  • ESもグループ選考も選考官はろくに見てない?
  • 面接は相手・会社の意図を読み取ろう!

【もくじ】

1.はじめに

2.身だしなみの疑問 

Q:「服装自由は何着ていく?」


3.ESの疑問 

Q:「ESってどこまで読まれてどれだけ重要なの?」


4.グループ選考の疑問 

Q:「グループ選考はどこを見られてるの?」


5.面接の疑問 

Q①:「選考序盤で志望動機聞く意味あるの?」
Q②:「「何か質問ありますか?」は重要?」

6.おわりに

【はじめに】

いよいよ就活の時期真っ盛りといったところですね。

周りの友達を見ると、
インターンや合同説明会に行き、着々と準備を始めていますね。

しかし、準備をしているといっても不安なことだらけではないでしょうか?
焦りを感じ始める人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、
就活生の皆さんが多く持つ疑問について、
人事の目線で質問にお答えしようと思います。

選考の本質や実態を理解することは非常に重要です。

意外な部分もあり、選考の姿勢も変わる可能性があるので、
よく読んで活かしてください。

【身だしなみの疑問】

まずは、選考云々の前に見た目の疑問から入りましょう。

「所詮見た目でしょ?」

この発言は非常に危険です。されど見た目です。
心理学で人の判断はほぼ第一印象で決まってしまうと言います。
一目でこの学生は仕事ができそうだと思わせることができれば、
面接官も興味を持って質問することになるでしょう。
よって、身だしなみは非常に重要なポイントなのです。

さて、身だしなみについての質問は、こちらです。

Q:『服装自由って何を着ていったらいいの?』

採用側の本音は…
↓↓
A:これは企業によって全く違います。会社の特性を見極めることが大事です。

私服は私服でも、清潔感のある私服が条件です。
もちろん、スーツを着ていくのも自由なので、自信がなければスーツで行きましょう。

ただ、わざわざ「私服で」と指定しているということは、企業としては私服の姿を見たいということも考えられます。
特にアパレル系は多いです。

同日に別の選考が入っていて、どうしてもという場合はスーツでも良いと思いますが、
「私服でお越しください」
と、指定されている場合は指定の服装で行くことをお勧めします。

【ESの疑問】


誰もが苦労して書くES。
せっかく書いているにも関わらずそもそもという疑問ですが、

Q:ESって実際どこまで読まれてるの?どのくらい重要なの?

採用側の本音は…
↓↓
A:これは企業によって変わってきます。


1.学生の学校名、属性によってふるいにかけるため。

2.筆記、適性検査やGDを通過した人のモノだけ読む。

3.本当にしっかり読み込み書類審査している。

1,2,3、どの方法で一番多く読まれていると思いますか?

残念ながら、多くの会社が1か2です。
2のほうが多いかもしれません。

大手や人気企業になるとESだけで1万以上の応募があります。
大手企業が学校名だけで不採用にしてしまうと色々な問題が発生します。
なので「書類選考の結果」という理由を用意するためのものとして、
ESが使われる場合があります。

2の場合は一旦、全エントリー学生に筆記、適正試験を受けさせ筆記合格者のみESを読むというものです。
また不合格者に連絡する時には、
「筆記試験と書類による審査により不合格」
とした方が学生の納得感があるからです。

ではよく読んでいる企業なんてないのでしょうか。
3の企業もちろんあります。

そういった企業のESの特徴は設問内容に現れます。
「大学時代がんばったこと」「自己アピール」「志望動機」のような一般的な内容しか設問にない場合はおそらく1か2の可能性大です。

ちょっと捻った設問が多くある企業。
なんでこんな質問?と思うような企業、
回答文字数が異常に多い企業のESは
おそらく企業が試したい「何か」をESで図っています。

3にしても筆記試験がある企業は筆記試験 合格者のみESをしっかり読み込む
ということの方が多いこともあります。

適性テストや筆記試験の大切さもここでわかってきますね。
SPIなどは努力して点数が上がるものなので、
点数が低いと努力できないと判断されてしまいます。

【グループ選考の疑問】