【業界研究】生き残るメーカーの特徴・良さ・人気企業とは?

金融・商社・広告などなど、人気業界に絞ってしまってはいませんか?「年収が低い」「将来性が見えない」など、メーカーに対するイメージがあまり良くない学生もいるのでは?この時代だからこそどのメーカーがいいのか、メーカーで働く意義などを徹底解剖!

業界・企業研究 

2018.02.10

メーカーとは?

メーカーという言葉は、正直かなりアバウトな業界区分です。簡単に言えば「モノ作り企業」「製造業」を指しますが、どんな「モノ」を作っていてもひっくるめて「メーカー」と呼ばれます。
しかし同じモノ作りであっても市場規模のある建築業界は「建築メーカー」と呼ばれず、やや毛色の違うIT企業は「ITメーカー」とは言われません。言ってしまえば「多様なモノ作り企業」の集合体が、メーカー・製造業なのです。

モノ作りには上流から下流までの流れがあります。
例えば自動車を作るには、素材メーカーが鉄鉱石から鉄を生成し、更に加工品メーカーがその鉄から車のボディや各種部品を作った上で、完成品メーカーが自動車を組み立てます。トヨタやホンダなど完成品メーカーの名前は知っていても、上流・中流メーカーのことは知らなかったという人も多いでしょう。

メーカーの種類

一般的にはこの製品分野によってメーカー業界は分類されます。

例えば自動車メーカー、化粧品メーカー、製薬メーカーといった具合です。
さらにもう少し詳しく見ていくとメーカーは、素材メーカー、加工組立メーカー、自社生産・加工メーカーの3つに分類されます。

①素材メーカー

化学や鉄鋼メーカーなど、主に他の産業で使用される素原材料を供給するメーカーを指します。

②加工組立メーカー

加工組立メーカーは、素材メーカーが生産した素材材料と部品の加工との組合せによって製品を生産する、自動車・食品などのメーカーを指します。

③自社生産・加工メーカー

そして自社生産・加工メーカーは、素材となる材料の研究・開発・生産から、加工して最終製品に仕上げ、消費者に販売するまでを自社の中で一貫して行うメーカーになります。代表的な企業として化粧品メーカーや医薬品メーカーが挙げられます。

さらに企業別に分類してみます。

食品メーカー 

■概要
生鮮物などの原材料を購入し、工場などでそれらを用いて食品・飲料の製造を行い、製造した製品を販売することで収益を得るものをいいます。

■特徴
原材料・半製品・製品が生ものであるという点が最大の特徴。これを踏まえてさらに特徴を挙げると、生産数量が原料の豊凶に左右されることや安全性が厳密に求められることが挙げられます。

■主要企業紹介
<日系>:国内売上高ランキング(平成27~28年)
1位 日本ハム株式会社 1兆2,407億円
2位 明治ホールディングス株式会社 1兆2237億円
3位 味の素株式会社  1兆1,859億円

<外資>:
マース・ジャパン・リミテッド
ネスレ日本株式会社

化粧品メーカー 

■概要
化粧品の開発、製造、販売などを手掛ける企業を指します。化粧品の種類はスキンケア化粧品からボディケア化粧品まで様々です。

■特徴
化粧品メーカーは大手企業であれば、材料の研究や開発から商品企画、工場での製造、ブランドイメージの確立、販路の開拓までといったすべての工程を自社で手がける点が最大の特徴です。また、海外進出やECへ積極的な動きを見せていることも特徴として挙げられます。

■主要企業紹介
<日系>:国内売上高ランキング(平成27~28年)
1位 株式会社資生堂 7,630億円
2位 花王株式会社  6,076億円
3位 株式会社コーセー 2,433億円  

<外資>:
P&G Japan
日本ロレアル株式会社

自動車メーカー 

■概要
自動車メーカーは自動車の新規開発とエンジンなどの中核パーツを製造を行う一方で、多くの下請け業者からの部品供給を受けて、自動車を組み立てることが主な内容になります。

■特徴
素材メーカーから販売・サービス、金融まで関連する業界が多く、グローバル展開もしていることから、各国の景気に大きな影響を及ぼす業界であることが特徴です。

■主要企業紹介
<日系>:国内売上高ランキング(平成27~28年)
1位 トヨタ自動車株式会社 28兆4,031億円
2位 日産自動車株式会社  12兆1,895億円
3位 本田技研工業株式会社    10兆6,254億円

< 外資>:
フォルクスワーゲン
ゼネラルモーターズ

製薬メーカー 

■概要
製薬メーカーは医薬品の製造・販売が主な内容になります。

■特徴
製薬メーカーは潰れる可能性がほとんどない、安定した企業であることが最大の特徴です。一方で近年の製薬業界は合併や統合、買収などの業界再編が顕著になっており、就職活動の際は企業の財務状況や市場動向のチェックは重要だと考えられます。

■主要企業紹介
< 日系>:国内売上高ランキング(平成27~28年)
1位 武田薬品工業株式会社 1兆8,073億円
2位 アステラス製薬株式会社  1兆3,727億円
3位 第一三共株式会社    9,864億円

< 外資>:ファイザー、ロシュ

メーカーって理系が多いの?

一般的にメーカーと聞くと、どうしても開発などのイメージから理系が就職すると考えている人が多く、文系はメーカーに就職できないという噂を聞いたことがある人もいるかもしれません。

しかし、この疑問に対する答えはNOです!実際には文系でも多数の学生がメーカーに就職しています。これは日本最大のメーカーであるトヨタ自動車の2014年度の大卒男子採用数126名のうち、81名が文系で45名だったという事実からも明らかになっています。

というのも、メーカーは理系社員のみから成り立つものでなはいからです。例えばメーカーにとって必ず必要になるものが工場です。この工場を建設する際に必要なのものは、主に財務や経営といった文系の知識となります。

また直近では企業買収がトレンドになるつつある中で、法律の知識なども不可欠になってきます。このように、メーカーといえど文系の知識が求められる場面は多く存在し、ポジションによっては文系の方が向いていることも十分にあります!