「リクラブ」で恋人も内定もゲット!メリット・デメリットも徹底解説

今や巷で話題の「リクラブ」。現在就活中の学生なら一度は聞いたことがあるでしょう。 果たして「リクラブ」は本当に就職活動に効果的なのか? ここでは「リクラブ」を様々な観点から探り、真に就活に活かしていくにはどうしたらよいか考えていきます。

マナー 

2018.02.27

ざっくり言うと

  • リクラブとは、「リクルートラブ」の略称!
  • リクラブにはメリットもあればデメリットも
  • リクラブを成功させる3つのポイントが気になる方は最後の章へ!

リクラブってそもそも何?

リクラブとは、「リクルートラブ」の略です。
文字通り就職活動中の恋愛のことで、現在就活生の間で話題に。
少し前の就活では考えられなかったことですね。
リクラブが発展したのには、主に3つの理由があります。

1.運命共同体!共にいる安心感
第一に、一緒に就活をしているという同志であることがキッカケのひとつとなるそうです。
同じ視線を潜り抜ける仲間がいるのは、心強いものですよね。
また、就職活動をしていれば否が応にもお互いの出自や専門分野などを知る機会が増えるので、相手の素性が知れているという安心感もあります。

2.吊り橋効果?いつもと違うシチュエーションに胸キュン
吊り橋効果、というのがありますよね。
吊り橋を渡っている時のドキドキを、そこで一緒にいる異性への恋心と勘違いしてしまうアレです。
これが、就職試験会場という非日常空間でも起きているようです。
不慣れな空間で緊張している時に、スーツをビシッと着こなす姿や、面接やディスカッションの答弁で生き生きと発言する姿を見れば、思わずキュン!これって…もしかして恋?!なんてことがあるようです。
そうでなくとも男性のスーツ姿は女性の心をつかむので、男性は腕の見せ所かもしれません。

3.割とドライ…後腐れがない
面白い理由の一つに、「後腐れがない」という点が挙げられます。
合同説明会などで話しかけると連絡先を交換できる可能性もあるし、失敗しても二度と会わない可能性が高いのでやりやすいのだとか…
確かに大学が異なれば、就職活動以外で顔を合わせることはまずありません。
別の会社に行ってしまえば「そんなこともあったなあ」で済ませられるくらい、気軽なものと捉えている人も多いのかも。

リクラブで就職活動もうまくいく?そのメリット・デメリットとは

因みにリクラブと一口に言っても、そのカップリングには様々な可能性があるようです。

1.運命共同体!就活生同士カップル
2.先を走る姿に一目惚れ!OB・OGがお相手
3.社会人の魅力にキュン!選考先の人事担当
4.サポートを受けるうちに近づく距離…リクルーター
5.落とせば勝ち?!:面接官

何だか夢の広がる話です。
ですが忘れてはいけないのは、あくまでも第一目的は就職活動であるということ。
リクラブで果たして就職活動もうまくいくのか?メリットとデメリットをまとめてみました。

メリット①:価値観・人生観を共有できる
実は、リクラブで始まったカップルは成婚率が高いのだとか。
就職活動を通して経歴やビジョン、将来設計を共有できるからだそうです。
確かに、結婚したらどうするか、決めた会社で子どもが生まれたらどうか、などイメージしやすいですよね。

メリット②:素の自分で関係をつくれる
リクラブで知り合った相手は、それまでの自分を知りません。
ですから、体当たりで就活を乗り切ろうとするありのままの自分で新しい関係をつくることができます。
逆に言えば、自分を偽って就活していると恋も就活もうまくいかないかも?

メリット③:就活の相談ができる
一番の利点はコレです。
就活はどうしても自分との戦いになりがち。共に悩み、乗り越えていくパートナーがいることは心強いですよね。
特に相手がリクルーターやOB・OGなら頼もしい。

デメリット①:片方が落ちると破局の可能性が
これは容易に想像できる気がしますが、就活生同士なら片方が落ちてしまうと気まずさを感じます。
一緒にまたここから頑張ろうよ!と受かっているパートナーに励まされても、イライラが募るだけかも。
相手がOB・OGだったり、リクルーターでも気まずいですし、もし面接官や人事だったりしたらいろいろとややこしいことになりそうです。

デメリット②:うまくいかない時の愚痴が大変
誰にでも愚痴を言いたいときはありますよね。
ですが、そのはけ口が家族ならともかく、リクナビでできたパートナーに向けてしまったらどうでしょう。
就活生同士なら、相手だって本当は愚痴を言いたいかもしれないのでストレスになるかもしれません。
社会人が相手でも、普段の業務で疲れているところに就活の重たい愚痴を聞くのはつらいものです。

デメリット③:周りとの関係
もっとも怖いのはコレ。
リクラブで知り合った同士だと互いの属するコミュニティが異なり、気付けば二股をかけられていた!なんてことも。
逆に、周囲に知られずお互いだけで付き合っていると、視野が狭くなり衝突することも増えてしまいがち。

こうして見ると、感情に振り回されるデメリットはありますが、却ってそこを乗り越えれば最強のパートナーシップと理想の就職先を両方手に入れられるかもしれませんね。

2chにまどわされない!リクラブを成功させるには

このままリクラブを続けていて本当に両立できるのか…?と不安に思った絶賛リクラブ中のアナタ。
もしくは、これからリクラブしちゃいたいと期待しているアナタ。
そんな皆さんの為に、リクラブでうまくいく3つのポイントを、成功体験をもとにご紹介します。

1.就職活動は出会いの宝庫!見られていることを忘れずに。
大学での面接講座、合同説明会、OB訪問、面接前の時間…
就職活動中は、意外にも出会いの宝庫です。
思い切って声をかけてみて、うまくいかなくても後腐れないですし、緊張をほぐす安心感もあってオープンになりやすいのだとか。
男女問わず、声をかけてみることは面接にもリクラブの始まりにも効果的のようです。
いつ声をかけられても良いように、身だしなみを整えておくことも大切かもしれません。

2.アピールできるのは、企業だけではありません。
就職活動において大切なのは、自分を売り込むこと。自分という存在にどれだけ価値があるかを知ってもらうこと。
恋愛だって同じですよね。
面接での応答や、グループディスカッションでてきぱきと立ち回る姿を見ているのは、面接官だけではありません。
グループのメンバーを立てたりと、周囲を立てる姿勢で異性にアピールすれば、面接官の目にも好意的に映るかも?

3.夢を語る姿勢に一目惚れ!自分のビジョンを大切に。
OB訪問で夢を語る先輩社員に惚れてしまった、なんて事例もあります。
いくつになっても夢やビジョンを持っている人は、輝いて見えるモノ。
面接官も異性も惚れさせる、夢を語れる人になりましょう。

リクラブで恋人も内定もゲットできるかどうかは自分次第!

タグ