OB訪問を最大限活用する!訪問マナーや質問を徹底解説

OB訪問という言葉はよく聞きますが、実際のところ、実施しているのは就活生全体の約4分の1だそうです。 しかし実行している人が少ないからこそ、これは周囲と差をつけるチャンス! しっかりとその意味、マナーを理解して、自分の就活に最大限活かしていきましょう。

自己PR 

2018.03.14

ざっくり言うと

  • OB訪問には3つのメリットがある
  • 質問でOBに積極アピール!
  • OB訪問で内々定に一歩前進

なぜOB訪問を!?その理由を考える

OB訪問の実施が4分の1という少数であるのには、理由があります。
主に「知らない人に会うのが面倒」「自分から連絡するのが面倒」という意見から、毎年少数派にとどまっているのです。
ですが、それらをクリアすればOB訪問にはメリットしかない!
どんなメリットがあるのでしょうか。多数ありますが、ここでは3つにまとめてみました。

1.リアルな職場を体験できる
これはOB訪問ならではのメリットです。
説明会や面接でも会社のことを知ることはできますが、当然ながら良い話しか聞くことができません。
OB訪問なら実際に会社に赴くことになるので、ありのままの会社を見ることができます。
説明会では残業ゼロと言っていたが本当か?
職場の平均年齢はどれくらいなのか?
もちろん学生が来るとなれば企業側も受け入れる準備はするでしょうが、会社の空気というのはその場で取り繕えるものではありません。

2.社会人慣れできる
OB・OGとはいえ、就活生の自分より一足先に社会で活躍している社会人です。
OB訪問はそんな社会人と接することに慣れる絶好の機会。
ここで社会人のマナーや付き合い方を体験しながら学べば、社会に出たとき一歩リードできることは間違いありません。

3.選考に有利!
何よりも最大のメリットはコレです。
そもそもOB訪問の実施が少数なのは、「やらなくても良い就活」だからです。
しかも自分からアポイントを取る、少々面倒なモノ。
志望順位の低い会社に対して行うとは考えにくいですよね。
企業側もそれをわかっているので、OB訪問をするだけであなたのその会社への本気度を伝えることができるのです。

好感度抜群!押さえておきたいマナー

だったらやってみよう!ということでOB訪問の流れを簡単に紹介しながら、押さえておくべきポイントをご紹介します。
まずはキャリアセンターや説明会、サイトなどをつかってOBの連絡先を手に入れましょう。


1.訪問まで
OBの連絡先を手に入れたら、早速アポイントメント。
アポを取るのは、メールでも電話でも構いません。どちらでも、以下のポイントを盛り込んで効果的に進めましょう。
・メールの場合は、件名をわかりやすく。「OB訪問のお願い」という具合にシンプルに。
・基本的なことですが挨拶をしっかり。相手の名前を書く時・呼ぶときは「会社名」「部署名」「名前」の順に。
・自分の名前を名乗ります。連絡先を入手した経緯をきちんと伝えること。
・要件をシンプルに伝えます。「〇〇様にOB訪問させていただきたく、連絡させていただきました」
・詳しい説明に入ります。なぜOB訪問をしようと思ったのか、なぜその業界・会社に興味を持ったのか、など。
・日程の提案。こちらから何日か候補を挙げると相手も予定を組みやすいです。
・メールなら返信のお願いをします。電話ならその場で日程を確定できる可能性も。

いずれにしろ、相手は忙しい中対応してくれていることに感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

2.訪問当日
当日も、社会人として当然のマナーを心掛けましょう。
・待ち合わせ:基本は10分前。コートなどは脱いでおく。挨拶は基本中の基本!
・名刺の受け取り方:社会人になったら必要ですから、今のうちに本などで学んでおくこと。
・食事:まずは軽くお茶でも、という流れになりやすいので、座る位置、注文、会計のタイミングなど、こちらもマナー本などでおさらいしておきましょう。
・会話:返事はもちろん、積極的にメモをとったり、相手の目を見て話を聞いたりと、ちょっとしたことでやる気が伝わります。

3.訪問後
訪問後は必ず24時間以内にお礼のメールをしましょう。
早ければ早いほど、好印象です。

好感度さらにアップ!こんな質問をするヤツはできる

さて、一通りのマナーがわかったなら、実のある時間にしていきたいですよね。
ここでさらに差をつけられるのが質問です。
OB訪問は質問ですべて決まるといっても過言ではありません。
「おっ!この子は何か違うぞ」と向こうに思わせたらこっちのもの。
効果的な質問はいくつもありますが、3つの観点で質問を考えるとうまくいくかも?

1.会社の内情について
ネットや本では知ることのできない、会社の中身を聞いてみます。
配属は希望のところに行けるのか、会社独自の文化はあるか、など前向きなもので、ちょっと踏み込むくらいが良いでしょう。
といっても「給与体系」や「有給休暇の有無」など、デリケートな話題はNG。
特に休みについての質問はやる気がないように捉えられてしまうので、注意が必要です。

2.働きやすさについて
「今の仕事は楽しいか」「女性社員の割合はどれくらいか」というような、働いている人の体感を知れる質問も有効です。
仕事を楽しんでいる自分をイメージできますし、女性社員が多い会社というのは制度が整っていたり、繊細な女性でも働きやすい空気ができているということです。
あえて「嫌なことは何か」「やめる人の割合はどれくらいか」というネガティブな質問も突っ込んでみましょう。
会社に入ってから理想とのギャップに苦しむことがないようにすることも大切です。

3.内定獲得について
「どうしても御社に入りたいんですけど、どうしたらよいですか」。本当に本気ならこの質問は有効です。
OB社員ならどんな選考をどのように突破したのか体験を教えてくれますし、うまくいけば内定につながる人を紹介してもらえる可能性も。
質問をうまく活用して、内定への最短ルートを狙いましょう。

OB訪問は選考のつもりでやる!

これまでの内容を見て、やっぱりOB訪問は面倒そう…と思われた方も多いかもしれません。
実際、社会に出ている人もここまですべてやりきっている人というのはなかなかいません。大手企業やきちんとした役職の方くらいでしょう。
ですが、たかがOB訪問、されどOB訪問。ここは是非、選考本番だと思って隅々まで気を張って挑むことをオススメします。
その理由は主に以下の3つ。

1.OB訪問は内々定への最短ルート
OB訪問をしっかり行えば、内々定はほぼ獲得できるようなものです。
マナーがしっかりしていれば、OB社員が選考通過の秘訣を教えてくれたり、内定につながる人物を紹介してくれる可能性も高くなります。
しかもOB訪問の時期は基本的に就活がスタートしてすぐの頃。早いうちから動けば決まるのも早いという訳です。
OB訪問だけで就活を終わらせる、というくらいの気持ちで臨むのが良いでしょう。

2.入社後も有利
OB訪問は、入社前に会社の人とつながりを持つチャンスでもあります。
企業を動かすのも人ですから、つながりが深ければ配属希望なども通りやすくなったりします。
完全にアウェーな職場で4月から働くのは精神的に厳しいかもしれませんが、入社前にホームになっていれば働きやすいですよね。

3.ちょっと美味しい体験も?
OB訪問では、話のついでに美味しいご飯をもらえたりもします。
企業としても学生には来てほしいですから、大抵はちょっと良いご飯をごちそうしてくれます。
だからといってマナーがなっていない学生には、企業だってお金を出したくありません。
頑張ったらご褒美があると思って、全力で臨むと良いかも?!

タグ