就活女子必見!人事が好印象を持つ髪型とは

髪は女性の命。髪の質が違うだけでも女性の印象を大きく左右します。 せっかく普段から髪の質にこだわっているなら、髪型でさらにイメージアップを狙いませんか? また、髪の毛にいまいち自信がない人も、ここで人事に好印象な髪型を押さえて就活を有利にしましょう。

2018.03.20

ざっくり言うと

  • 髪型を作る時に押さえておきたい3つのポイント
  • 6つの髪型からベストなものを選ぼう
  • 髪型以外に注意すべきポイントは?

髪型を作るときに押さえておきたい3つのポイント

就活は身だしなみが大事、と言っても、髪型はどこまでこだわれば良いのか、またどこまでがNGなのかよくわからない!
そんな人のために、就活向けの髪型のために気をつけたいことを3つにまとめました。

1.髪の色は黒でなきゃダメ?
実のところ、髪の毛の色は企業によって許容範囲が異なります。
なので、必ずしも真っ黒でなければダメ、ということもありません。
黒がスタンダードですが、真っ黒に染めるのに抵抗がある人は、ピンク系ヘアカラーがオススメ。
室内では黒髪風に、光が当たると透明感を醸し出すので、重くなりません。
他にもディープブルーアッシュや、グレージュカラーも暗めなのでオススメ。
暗めの色もバリエーションが豊富なので、美容師さんと相談しながら自分の肌に合った色を選ぶと良いでしょう。

2.髪の毛はまとめないとダメ?
髪の毛は、ひとつにまとめないとダメなのでしょうか。
何も、必ずしも一つに束ねなければいけないわけではありません。
束ねるのには中途半端な長さでも、まとめ方や切り方でひと工夫。
これも、企業の雰囲気を知っておけば幅が広がります。                                           

3.前髪はつくらないとダメ?
前髪があるかないか、というよりは、清潔感があるかどうかが大切です。
前髪をつくっても、プライベートでは可愛いぱっつん前髪も、面接の場においては重たいだけ。
またフェミニンさを演出する長い前髪も、顔半分を隠してしまっては印象ダウンです。
表情をしっかり見せられる髪型を意識しましょう、

知っておきたい!就活女子の6つのヘアスタイル

ここで、就活女子にオススメのヘアスタイルを6つご紹介します。
普段使いと差をつける、就活ヘアスタイルのワンポイントも参考にしてみてください。

1.ロングのアナタにオススメ!①ポニーテール
もっともスタンダードなスタイルで、活発な印象を与えます。
前髪もオールバックにしたりポンパドールにしたり、横に流したりとアレンジ自在。
束ねる位置は耳の高さ辺りがベストです。それより高いとカジュアル過ぎ、低いと落ち着きすぎに見えるので注意。
シンプルな黒のゴムやシュシュで留めれば完成です。
アホ毛や後れ毛が飛び出さないよう、ワックスやスプレーでしっかりとまとめるのもポイントです。

2.ロングのアナタにオススメ!②シニヨン
凛とした印象を与えてくれるシニヨンスタイルは、時間が経っても崩れにくいという利点もあります。
通常のポニーテールより低めの高さにつくるのがポイント。高すぎると年齢が上に見えてしまいがちです。
スタイリング剤で毛先を整えれば、まとめやすくなります。
黒いピンやネットを使って、しっかりと留めましょう。

3.ミディアム・ボブのアナタにオススメ!③ダウンスタイル
その名の通り、髪を下ろしたスタイル。
楽だからといって手を抜かず、きちんとブローしてセットすることで周囲と差をつけましょう。
小顔効果で顔周りに髪の毛を残したい気持ちもわかりますが、就活の時は横の髪も耳にかけて顔を出す方がはつらつとした印象を与えます。
アメピンを耳の後ろで留めれば、顔を俯けても紙が落ちてくる心配もありません。
毛先にヘアアイロンを使ってゆるくワンカールすると清楚な印象にも。美容院でカールしてもらえば日々のセットも簡単になりますね。

4.ミディアム・ボブのアナタにオススメ!④ハーフアップ
好感度を上げ、清楚感を最大限に引き出すならハーフアップ。
上品な女性らしさも演出できるので、受付や事務など女性らしさが求められる職種にはオススメです。
耳の少し上あたりで髪を半分取り、ゴムでまとめます。髪を一束とってゴムの上に巻きつけ、上品な印象に。
巻きつけた先をピンで留め、全体にスプレーをかければしっかりとまとまります。

5.ショートのアナタにオススメ!⑤シンプルボブ・ショートボブ
あご下で、肩より上のラインの長さのスタイルがシンプルボブ、それより更に短めのボブがショートボブです。
どちらも明るい印象を与えるのに最適で、柔らかさをプラスしたいならシンプルボブ、活発さをプラスしたいならショートボブ、というイメージ。
ヘアスプレーやワックスで整えれば崩れにくく、セットもカンタンです。

6.ショートのアナタにオススメ!⑥ベリーショート
意外に好印象なのがベリーショート。
すっきりとした清潔感のある印象を与え、「デキる女」のイメージを演出できます。
寝癖が付きやすいヘアスタイルでもあるので、セットは入念に。

就活で内定を獲るために髪型以外にもこだわろう

せっかく髪型にこだわったのであれば、髪型以外の見た目にもしっかり気を配りましょう。
上記にも記載しましたが、髪の色も自分の肌に合ったものを選ぶのがオススメ。
他にも、こんなところにこだわってみてはいかがでしょうか。

1.眉
眉毛は、上がり下がりで表情を左右する大切なパーツです。
好印象を与えるには、カラーは自然に見えることが第一条件。
黒やグレー、こげ茶がオススメです。黒もあんまり濃すぎるとキツく不自然な印象になるので要注意。
カタチは眉頭と眉尻の高さを揃え、眉山に向けて緩やかに弧を描くように。
この角度が急すぎるとキツい印象になりますし、あまり平らにしてしまうとシャープでおとなしい印象になります。
眉毛の色やカタチだけで印象は大きく変わるので、しっかり時間をかけてメイクするのがオススメです。

2.仕草
せっかく髪型を整え、眉もメイクも整えたのに、前髪をいじったり爪をいじったりするクセのある人は要注意。
それだけで自信のない印象を与えてしまいます。
身だしなみを整えたなら、姿勢にもしっかり気を配りましょう。
こうしたクセは自分でも気が付かなかったりするので、身近な人に聞いてみるのも一つの手です、

いかがだったでしょうか。
ちょっと面倒に感じることもあるかもしれませんが、これらはいわば就職活動限定。
できるのは今だけ、と思って楽しんでみては?