これでバッチリ!おすすめSPI対策3選

SPIはリクルートがつくった適性審査。 性格面は直感で答えるし、通常の問題も基礎的な問題ばかりだし大丈夫、と思っているそこのアナタ! SPIも対策するかしないかで内定に大きく関わってきます。 ここでしっかりと対策を練って、周囲に差をつけてしまいましょう。

SPI・WEBテスト対策 

2018.03.30

ざっくり言うと

  • SPIを舐めてかかるな!
  • 対策はWeb や書籍などさまざま。自分にマッチしたものを選ぼう
  • オススメの対策は最後に紹介

舐めてかかるな!SPIは対策が必要

前述のとおり、SPIは適性を見る検査なので、ありのままの自分を出すことは大切です。
実際試験方法も会場のパソコンでできるもの、自宅のパソコンでできるもの、と自分の力を最大限発揮できる環境を選べるようになっています。
とはいえ、何も対策しなければ受かるモノも受かりません。

1.なぜ企業はSPIを使うのか
企業がSPIを導入するようになったのは、成績の良し悪しだけでなく人格を尊重しよう、という風潮が世間に広まったからだと言われています。
SPIを通して、どんな場面に遭遇するとどんな考え方をするのか、などを知るのが目的。
また、言語・非言語系の問題は教育を受けていれば答えられるような問題ばかり。
企業としては当たり前の基礎知識であるので、あまり点数が低いとあっさりばっさり切られてしまいます。
いわゆる足切りとして使っている企業も多いのですね。

2.企業の求める像にマッチした答えを
特に適性審査は「あてはまる・ややあてはまる・ややあてはまらない・あてはまる」といった項目を選択するものが多いです。
制限時間があるので直感で答えるのがオススメですが、可能であれば企業の求める像にマッチするように答えてみましょう。
例えば、SE系なら「細かい作業が得意」「論理的に考える」に「あてはまる」と答えた方が効果的ですよね。

3.いつ頃対策を始めればいいのか
理想は「いつ始めたら良いのかな?」と考え始めた頃。
遅くとも、企業の説明会が始まる3か月前には準備を始めたいところです。
説明会当日にそのままSPIを行う企業も多いですし、3か月もあれば一日の勉強時間も少なくとれます。
SPIについては万全な対策を心掛けたいところですね

SPI対策方法① Web

SPIの対策方法はたくさんありますが、そもそも受験方法が会場ないしは自宅のパソコンから受験できます。
ということは、やはりパソコンを使って答えることに慣れておく必要がありますよね。
そこで、webでできるSPI対策をまとめました。

1. StudyPro SPI無料学習サイト
http://saisokuspi.com/

カテゴリごとに問題が分かれているので、自分のやりたい問題を重点的に学ぶこともできます。
各カテゴリの問題の分野、その対策方法もシンプルでわかりやすく、対策の優先順位もついて実用的。
ポップなサイトデザインも可愛らしく、勉強が楽しくなりそうです。

2.WEB TEST対策
https://www.web-test.jp/spi2.php

SPI以外にも様々なWebテストを記載しています。
そっくり模試で、本番さながらの模試を受講できるのも強み。
実際のスピード感覚を体感できるので、受講した半数の人が参考になったと答えています。

3.マイナビ提供の「適性検査対策WEBテスト」
https://job.mynavi.jp/18/pc/forward/forwardMockTest/index

会員登録が必要ですが、簡単な練習問題から始め、本格的なwebテストも受講できます。
マイページで自分の弱点を把握したり、解説ページで出題傾向などを把握できるスグレモノ。
気になる方は、今すぐサイトをチェックしてみましょう。

SPI対策方法② 書籍

実践するならwebテスト、知識を増やすなら書籍、と言ったところです。
代表的な書籍をご紹介します。

1.主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応 これが本当のSPI3だ!
(SPIノートの会・津田秀樹・著)
毎年多くの就活生に支持されている、SPI対策書の決定版。
まだ自分の進みたい業界も定まっていない、初期の方から使える問題集です。
性格審査の解説も掲載され、多方面からSPI対策が可能な一冊。

2.催促マスターSPI3&Webテスト
(内定ロボット・著)
ペーパーテスト、WEBテスティングのSPIに対応した本書。
わかりやすく再現性が高いのは勿論、短時間でマスターできるスピード解法や、学生へのアンケートを基にした実際の企業でどれだけ使われているかなどコアな情報も満載です。

3.史上最強SPI&テストセンター超実践問題集
(オフィス海・著)
英語分野まで網羅した問題集です。
スピード解法の実践は勿論、最後に確認できる模擬テストも掲載。
テスト前の最終確認にもオススメです。

4.この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている!
(SPIノートの会・著)
1300社の企業情報をもとに、各業界・企業のテスト傾向を完全網羅。
同じ業界、同じ職種では同じSPIテストが使われる確率が高く、そこを押さえれば内定突破も夢ではない?!

SPI対策方法③ 模試

やっぱり実践に慣れるのが一番!ということで模試を受けられるのもたくさんあります。
Webサイトにも模擬試験を設置しているところがありますし、書籍でも模擬試験1回分をつけていることもあります。
ですが、同じ問題を何度も受けても意味がないですよね。
書籍の問題は更新されませんし、業種や企業によって異なるSPIをひとつのサイトでカバーするのは限界があります。
とにかく実践に実践を重ねて力をつけたい、という基準の高い方には、書籍や通常のWebサイトだと物足りないかも?
そんな方にオススメしたいのはこちら。

キャリタス就活
https://job.career-tasu.jp/2019/guide/exam/exam/

期間ごとに問題が変わるので、何度でもチャレンジできるのが特徴です。
全国平均点やランキングを見ることもでき、自身のモチベーションアップにも効果的。
問題は実際に受験した人の意見に基づいて作成されているので、より本番に近い状態で受験することができます。
この模試をやり抜けば、本番のテストはこわくない!

いかがでしたでしょうか。
自分にピッタリの勉強法で、SPIでもぐぐっと周囲と差をつけましょう。