トップ > 就活対策一覧 > 企業説明会で「満席」となっていても参加できる3つの方法

企業説明会で「満席」となっていても参加できる3つの方法

満席になっているからと言ってあきらめる必要はありません!

業界・企業研究 面接対策 マナー

作成日:2015年05月13日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • 企業に直接連絡
  • OB・OGに連絡
  • 当日アポなしで参加

はじめに

あきらめないで!!

「企業説明会の席を予約しようと思っても
 いつも満席で、選考に進めないんです。
 どうすればいいでしょうか…」

企業から説明会の案内が送られてから数秒後に
「満席」となっている、なんてことも
しばしばありますよね。

しかし、皆さん諦めないで下さい!

すぐに「満席」となっていても
企業説明会に参加できる可能性があります!

その方法を今からお伝えします。

方法1:企業に直接連絡する

「満席」と記載されていても
企業によっては若干の席を敢えて残している
という場合が多いです。
椅子が壊れたなどの何らかのアクシデント等に備えて
少し多めに席は確保しているのです。

ですから、企業に直接、
「満席と記載がありましたが、
 どうしても御社の説明会に参加したいです。
 どうにかなりませんか?」
といった内容の電話をしてみると、
特別に了承を得られることもあります。

方法2:OB・OGに連絡する

ある学生の話です。

企業の説明会で既に「満席」と記載があり
予約が出来なかったそうです。
しかし、OBさんに相談したところ、
説明会に参加することができ、
そのまま選考もうまく通過し
内定を獲得してしまったというのです。

勿論、OBさんと会った際に
「うちとはちょっと違うかも…」
と思われていたら難しいかもしれませんが、
その時点での評価が高ければ
人事部の方に相談してくれるかもしれません。

方法3:当日アポなしで参加する

「方法1」のように企業に直接連絡しても
「あなただけ特別扱いは出来ません」
と断られることもあるでしょう。

しかし、そこで諦めず
当日会場に行ってみても
意外と参加できたりするものだと
過去に担当した学生が話していました。

ただし、
参加証明書を提示しないといけない
という企業もあるので
必ず参加できるとは限りません。

「証明書を忘れてしまった」と伝えて
参加したというツワモノも!

おわりに

企業説明会を予約する際、
すぐに「満席」と表示されていても
あきらめる必要はありません!

志望度が高い企業に対しては
上記のようにして最後まで諦めずにお願いをすれば
もしかしたら参加できるかもしれません。

ぜひ、勇気を出して
行動してみて下さいね!

この勇気が内定を運んでくれるかもしれません。

人気セミナー