【例文あり】OB訪問で押さえておきたいメールの書き方

OBから話を聞いてみたい!と考える人は多いかと思います。実際に職場で働いている先輩から話を聞くことは、入社後のギャップを減らしたり、志望動機のひとつにもなったりします。では、実際にOB訪問をしようとなったときにどのように依頼をすればよいのでしょうか。

マナー 

2018.04.27

ざっくり言うと

  • OB訪問のメールはチェックされている
  • 例文を見て、メールのポイントを把握しよう
  • メールマナーは社会人でも必須!

ここから選考が始まっている!?OB訪問の依頼メール

OB訪問の依頼メールを単なる依頼だけだと思っているとしたら、非常にもったいないです。ここできちんとした依頼メールを送ることができれば、企業に良い印象を残すことができます。いわば、このOB訪問依頼メールから選考が始まっているといっても過言ではありません。
なぜそんなに重要かというと、社会人としてメール対応は必須でよく使用するからです。どんな仕事に就いたとしてもメールを使用しないということはあまりないので、今のうちからマスターしておくと、社会に出てからも活かしていくことができます。
企業は毎日何十通とメールのやりとりしているプロです。メールにはマナーがあり、友人同士とのやり取りとはまったく異なります。企業やOBは最低限のマナーをもっているかどうかをとの依頼メールのやりとりで実はチェックをしています。
宛名、自己紹介の仕方、敬語、OB訪問の依頼内容、メールを送る時間帯、誤字脱字がないかどうかなど、メールひとつでもチェックする項目はたくさんあります。やり取りとなると返信のスピードも大事になります。送ったメールに対して2、3日返信がないと心配になりますよね。すぐ返事をすることも大事なマナーです。覚えてしまえばずっと使えるマナーなので、ぜひ今のうちに覚えておきましょう。

これを参考に!OB訪問の依頼メールの書き方

では、実際にメールを書くという段階になった際には、どのような内容で送ればいいのでしょうか。ここではOB訪問の依頼メールを例文で紹介します。

【件名: OB訪問のお願い(〇〇大学・山田太郎)】

株式会社〇〇
〇〇部 〇〇課
〇〇 〇〇様

突然のご連絡失礼致します。
私は〇〇大学〇〇学部〇〇学科3年の山田 太郎(ヤマダ タロウ)と申します。

現在、20××年の新卒入社に向けて就職活動をしております。
様々な企業を調べていく中で、貴社の経営理念に興味を持ち、実際に働かれている方のお話しを伺いたいと思いご連絡致しました。
大学のキャリアセンターを訪ね、OB名簿に記載された〇〇様の連絡先を教えていただきました。

〇〇様には、貴社で働いてみて良かったことや社風、現在のお仕事の詳しい内容などを、
伺えましたら幸いです。

つきましては、下記日程でご都合のよろしい日時はございますでしょうか。

〇月〇日(火) 10:00~15:00
〇月〇日(水) 13:00~19:00
〇月〇日(木) 10:00~19:00

お忙しい中、大変恐縮ではございますが、
ぜひともご検討くださいますようお願い致します。

なお、どうしてもご都合がつかない場合は、
再度日程調整させていただければと存じます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

-----------------
〇〇大学〇〇学部〇〇学科
山田 太郎
電話番号: 00-0000-0000
携帯番号: 090-0000-0000
E-mail: yamada-taro@×××××.ne.jp
-----------------


いかがでしょうか。
例文のポイントは3つあります。

1.件名で何の内容のメールかがわかる
1日にたくさんのメールを受け取っている企業からすると、件名はとても大事です。
件名によってすぐ見る見ないを決めています。また件名がわかるやすいとあとで検索もしやすくなるので、一発で何のメールかわかる件名を意識しましょう。

2.OB訪問したい理由を伝える
ただ会いたいといわれるよりも、具体的にこういう話が聞きたいということを伝えるのがポイントです。またその企業に興味を持った理由も伝えると、入社意欲も伝わり効果的です。

3.具体的な日時を複数あげる
候補日は3つぐらいが適切です。こちらから日程を提示することで、その日程だったら調整できそうだとOBも時間を作りやすくなります。

上記ポイント以前の話ですが、作成後は見直すことをオススメします。
内容も大事ですが誤字脱字がないということ最低限のマナーです。

メールマナーは社会人にとって必須

たかがメール、されどメールというようにメールマナーはとても重要です。
メールは場所や時間にとらわれず気軽にやり取りすることができ、非常に便利なツールです。だからこそ守るべきマナーがあり、家族や友人に送るメールとはまったく違います。ビジネスメールにはある程度決まった形式や文面があるので、社会人としてふさわしい内容を書けるように身につけていきましょう。
特にメールは相手の顔が見えず、文字だけのやり取りになるので、文章だけで伝わるかどうか送信前に必ず見直しましょう。
また相手にどのような印象を与えるのかといったことも考える必要があります。
今回のOB訪問のメールも、依頼のメールのみで終わるのではなく、訪問後にお礼のメールを送ったり、内定のお礼などまですると、OBは時間を作って良かったと思います。
メールは文字のみですが、結局は人と人とのやり取りなので、コミュニケーションツールだという認識を持つと良いでしょう。
社会人になると社内はもちろん、社外の人ともメールをする機会がたくさんあります。
メール一本で誰とでも連絡がとれる時代です。ぜひ上手にメールを活用して、円滑なコミュニケーションがとれるようになりましょう。

タグ

他のオススメ就活対策記事

もっと見る