Web適性検査をクリアして、面接への道を開こう!

エントリー後に待ち受けているWeb適性検査。検査と聞くとなにやら難しい感じがしてしまいますが、実は就活のなかでも対策がしやすいところです。Web適性検査の突破なくして面接への道は開けません。しっかり対策をしてスムーズに面接まで進みましょう。

SPI・WEBテスト対策 

2018.04.29

ざっくり言うと

  • Web適正検査は対策しやすい!
  • Web適性検査の種類は多数ある!各々で対策を
  • 対策方法は書籍だけでなく、Web上の練習問題でも可能

Web適正検査ってなぜやるの?

企業が学生にWeb適性検査を受けてもらいたい理由は3つあります。

1.実はふるいにかけている
大手企業ともなるとエントリー数は1万近くにもなります。すべての学生と会うことは不可能なので、Web適正検査をすることで、面接できる人数まで絞っています。一定レベル以上の学力や社会人としての適性がある学生のみを残すことができます。どんなに入社意欲が高くてもここで落とされてしまっては台無しですね。

2.自社に合った人材かどうかを見極める
学歴やエントリーシートだけではわからない、能力や性格を適正検査では、はかることができます。特に性格の検査は企業の求める人物像にあった人かどうかを客観的に見極めるのに使われます。例えば営業を募集しているのに、内向的な人をわざわざ選ばないですよね。社風に最低限なじめるかどうかも見ています。

3.面接時の参考にする
何も事前情報がない状態で面接するよりも、ある程度事前情報があれば面接がしやすくなります。そこで適正検査の結果を参考数値として活用しているケースもあります。良く見せようとし過ぎてしまうと入社後にミスマッチを起こすことにもなりかねないので、正直に答えたほうがのちのちを考えるとよさそうです。

Web適性検査の種類はこんなにある

Web適性検査といってもその内容はさまざまです。企業が導入しているWeb適性検査にはどのようなものがあるのでしょうか。今回はよく使われる代表的な4つをその特徴も含めて紹介します。

1.SPI
Synthetic Personality Inventory(総合適性検査)の略で、リクルートマネジメントソリューションズが提供する適性検査が提供する適性検査です。出題範囲は、性格適性検査、言語、非言語に分かれており、企業によってはこれにSPI英語が出題される場合があります。
またSPIには4つの実施形態があり、テストセンター、WEBテスティング、インハウスCBT、ペーパーテストがあります。

2.玉手箱
日本エス・エイチ・エル(SHL社)が提供するWebテストです。ペーパーテストの「CAB」や「GAB」などで知られていて、自宅のパソコンで受けることができます。
能力テストは、計数、言語、英語から構成されており、さらに性格テストがあります。
玉手箱には同じ問題形式では、1種類の問題が出続けるという特徴があります。


3.GAB
玉手箱同様、日本エス・エイチ・エル社が提供している適性テストです。ペーパー形式とWEB形式があります。WEB形式のほうが出題数が多く、制限時間が短く、難易度が高いといわれています。能力検査として言語と計数の2科目、性格検査とわかれています。
出題数に対して時間制限が短いので、素早く回答することが求められています。システム関連企業で導入されていることが多いです。

4.TG-WEB
最近導入している企業が増えてきているヒューマネージ社が提供する、自宅受検型のWebテストです。まだあまり知られていないせいか、難題が多いといわれています。言語、計数、英語、性格の4つの科目に分類されています。言語と計数は従来型と新型にさらにわかれていて、問題数が少なく難題の従来型を使用する企業が多いです。他のWeb適正検査とは違う独自の問題が多いため、しっかり対策をしたほうが良いです。

その他にもCAB、IMAGESなど多数種類があります。
どのWEB適性検査を導入しているかは企業ごとによって違います。
自分が志望する企業ではどの適性検査を導入しているかを調べて、早めに対策をしておくことが重要です。
Web適性検査は、対策をしっかりすれば通過率は各段にあがります。その先の面接にたどり着くためにも模擬問題などを解いておきましょう。

これが知りたい!Web適性検査の対策法

Web適性検査の種類がわかったところで、その対策法を書籍とWebの2種類をお伝えします。

書籍ではおすすめの3冊を紹介します。
1.『この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている! 【2019年度版】』洋泉社
さまざまな適性検査のなかから約70種種を紹介しています。有力、人気企業1300社の採用テスト一覧もあるので、志望する企業の対策ができます。
2.『これが本当のSPI3テストセンターだ! 【2019年度版】』洋泉社
SPIの最新版のSPI3に完全対応しています。
これ1冊で全検査の対策ができます。問題数も多く、図解もまじえてあるのでわかりやすいのが特徴です。

3.『必勝・就職試験! 【玉手箱・C-GAB対策用】8割が落とされる「Webテスト」完全突破法【1】【2019年度版】』洋泉社
玉手箱の対策問題集です。模擬形式ですべての問題形式に対応しています。
また企業ごとのWebテストの昨年度の実績が載っており、志望企業別に対策もできます。

Webサイトに関しては、『一般常識一問一答.com』https://jyosiki.com/spi/QA/3.html
というサイトがおすすめです。
SPI、玉手箱、TG-WEBだけではなく、Web適性検査に関して一覧でまとまっています。

書籍もWebサイトも多数ありますが、自分に合ったものを繰り返しやってみて、まずは1冊をマスターしましょう。