最後の関門・役員面接!代表的な質問例を徹底紹介

面接の合否を分ける最終関門、役員面接。 ここでの質疑応答で、これまで積み上げてきた努力を実らせるのも、水泡に帰すのもあなた次第です。 というとかなりプレッシャーを感じるかもしれませんが、やはり何事も事前に対策を練るのが一番。 代表的な質問例を網羅して、万全の状態で試験に臨みましょう。

面接対策 

2018.05.09

ざっくり言うと

  • 役員面接と他の面接の違いとは
  • どんなことを聞かれるか?代表的な質問例を押さえよう
  • 自信を持って堂々と臨もう!

役員面接とその他の面接の違い

最終面接となると、意思確認だけ、と思っているかもしれませんが大間違いです。
もちろん意思確認だけの企業もありますが、何しろ最終関門。
一次・二次面接まではふるいにかける意味合いもあり、最終面接では全員が社会人として最低限の能力を身に着けていると見なされます。
いわば、最終面接にしてようやく全員が同じスタートラインに立つわけです。
ここは企業が採用する学生を選ぶ場であり、ほんのわずかな差が合否を分けることも。
特に差がつきやすいポイントを3つにまとめました。

1.会社の理念と一致しているかどうか
学生の入社したいという想いはもちろん大事ですが、企業としては学生の想いと企業の理念とが一致しているかどうかが大切。
入社してから「思っていたのと違った」とすぐに離れて行ってしまっては困ります。
とはいえ企業も、企業の価値観を学生に押し付けたいわけではありません。
あくまでも学生の意見を尊重しています。
ここはしっかりと、自分自身が何を求めているかを伝えましょう。

2.一貫性があるかどうか
人の心は移り変わるもの…とはいえ、一次・二次面接のときと言っていることが異なっていては、信頼性が疑われます。
やはり一緒に仕事をするのなら、信頼できる人と一緒にしたいですよね。
一貫性を持っているかどうかで、企業は学生の想いが本気かどうか、またこの学生が信頼に足る人物かどうかを見ています。
役員クラスになると、そういった人を見る目も肥えていますので、ごまかしが効きません。

3.志望動機の本気度
一次・二次面接では他の企業の志望動機を使いまわしていた…なんて方はいませんか。
何度も面接を繰り返していると、ワンパターンになりがちです。
聞く側からすれば、そこに企業に対する本気度は感じられないでしょう。
その企業だけに伝わる、思いの乗った志望動機を伝えるのが大事です。

役員面接で鉄板の質問例

それではここで、役員面接でよく聞かれる質問を5つご紹介します。
質問の意図と、答え方を簡単に追記しているので、参考にしてみてください。

質問例1: 改めて、志望動機を教えてください
質問例1の狙い
志望動機は一次・二次面接で何度も答えてきたでしょう。
一次・二次の時と言っている内容に相違がないか、どれだけ本気で入社を希望しているのか。
前述したような信頼性と、学生の本気度が問われる質問です。
一次・二次で答えたことを踏まえながら、思いのこもった志望動機を伝えましょう。

質問例2:今の大学を選んだ理由はなんですか
質問例2の狙い
それまでの面接では「何をしてきたか」「何を学んできたか」が問われることが多かったのではないでしょうか。
役員面接では「なぜ」の部分を聞かれることが多くなります。
「なんとなく」という人もいるかもしれませんが、しっかりと自分自身を見つめなおせば、本当に本当の理由が見えてくるはず。
入念に自己分析をおこなって、軸のある答えを出しましょう。

質問例3:会社に入ったら、具体的にどんなことをしたいですか
質問例3の狙い  
入社後を意識した質問ですが、この質問が出たからといって内定が決まったと思い込むのは早計です。
自分がどういう仕事をしたい、という思いも大切ですが、どのように会社に貢献するか、をしっかりと伝えられるとベスト。
学生の希望と企業の希望がマッチしているかどうか、企業側はそこを知りたがっています。

質問例4:ほかに内定が出ている会社はありますか
質問例4の狙い
これは聞かれたらちょっと困る…と思うかもしれません。
企業としては、内定を出したら実際に入社するかどうかを知りたいのです。
まず、内定をもらっているのであればそこは素直に伝えておくこと。
そのうえで、第一志望であればその旨を伝えましょう。
嘘をつくのはよくありません。
もしかしたら万が一、役員面接まで進んだもののほかの企業と悩んでいる、という人もいるかもしれません。
その場合でも、素直にその気持ちを打ち明けたほうが好印象と言えます。
  
質問例5:何か聞きたいことはありますか
質問例5の狙い  
いわゆる、逆質問です。
「特にありません」はNG。本当に入社する意思があるのか、疑われてしまいます。
「入社までに勉強しておくことはありますか」「配属先はどこになりますか」など、入社後をイメージした回答がベスト。
この逆質問でも、学生の本気度が試されています。

ここまで面接をくぐり抜けてきた自信を胸に

目の前にいるのは、競争社会を生き抜き地位を築き上げてきた人生の大先輩。
どんな猛者であれ、緊張しないはずはありません。
ですが、役員面接までたどり着いた自分の道のりを思い出してみてください。
企業研究に始まり、自己分析、説明会への参加。説明会や途中の面接で出会ったライバルたちの顔。
それは決して生半可な道ではなかったでしょうし、相応の努力をしてきているはずです。
数々の役員面接の対応を述べてきましたが、面接を成功させる一番の秘訣は、いままでがんばってきた自分自身を信じること。
面接直前に、自分ががんばってまとめたノートを読み返してみてもよいでしょうし、スケジュール長を見返すだけでもよいでしょう。
大切に思っている周りの人と、連絡を取ってみるのもよいかもしれません。
あなたの頑張りを、必ず人は見てくれています。
そうして、ここまでがんばった自分をほめてあげて、もうひとがんばり、と喝を入れてあげましょう。
大丈夫と言い聞かせて、堂々と面接に臨めば、何もこわいことはありません。

タグ