【就活生必読!】リクルーター面接を突破する3つの方法

「懇親会をするのでちょっとお話ししませんか?」と電話がかかってきたら、それはリクルーター面談のお知らせです。リクルーター面談とはなんなのか、何を気をつけたらいいのか。突然のリクルーター面談に慌てないように、しっかり準備をしましょう。

2018.06.22

ざっくり言うと

  • リクルーター面談は「面接」と思って臨むべし
  • 企業がリクルーター面談をやる理由とは
  • リクルーター面談を突破するために3つのポイントを押さえよう

【要注意!】リクルーター面談は「面接」です!

リクルーターと呼ばれる若手社員が学生数名と面談をするのがリクルーター面談です。面接のように堅苦しいものではなく、カフェや喫茶店などでフランクな雰囲気で行われます。学生の志望度を高めたり、優秀な学生を囲い込むために実施されますが、すべての学生に対して行うわけではないため、その存在すら知らない学生もいます。
銀行や保険業界などの金融やインフラ業界で実施されることの多いリクルーター面談ですが、その実態は「面接」です。若手社員との面談という軽い気持ちで臨むとせっかくの機会を逃しかねません。企業は売り手市場のなかで、学生を確保するために、リクルーターという制度を用いています。面談を学生に申し込むタイミングとしては、プレエントリー、自社会社説明会、エントリーシートの提出などです。地方出身、大学、関心の度合いなどから判断して、学生に個別にアプローチをかけています。
実際の面談では、優秀な学生がいたら志望度を上げて入社までの道筋を作ったり、他社に行かないように囲い込みを行ったりしています。その企業に興味を持った理由やどの業界をみているのかなど、面接に近い内容を聞かれます。このことからも直に選考に関わってくる選考過程のひとつとして臨みましょう。

リクルーター面接を突破する3つの方法

では実際に、リクルーター面談をすることになった場合、どうすれば面談を突破することができるのでしょうか。事前に対策をしておくとよい3つの方法をお伝えします。

1.身だしなみ・マナーに気をつける
面接の場と思えば、身だしなみはとても重要です。リクルーターは若手社員のため、第一印象がかなり大事になります。この第一印象で良い印象を残せるかどうかによって、その後の対応が変わってきます。第一印象を良くするためには、まず身だしなみをチェックしましょう。服装はスーツが基本です。シワがあるとだらしなく見えてしまうので、クリーニングに出したり、シャツはアイロンのかけられた清潔感のある状態にしておきましょう。
また、カフェや喫茶店で行われることが多いので食事のマナーにも気をつけましょう。飲食ばかりに気をとられていて、リクルーターとの会話がおろそかにならないようにします。話す際も言葉遣いは敬語を使い丁寧にして、先輩社員だからとつい素を出してしまいがちですが、印象が悪くなってしまうので、最低限のマナーは守りましょう。また話を聞きながらメモをして、きちんと聞いていますという姿勢を見せるのも大事です。

2.面接対策をしておく
先ほどもお伝えしましたが、リクルーター面談は「面接」の場です。事前に面接でも聞かれそうな内容の回答は準備をしておきましょう。
企業は自社に関心の高い学生を採用したいと考えています。そのために、会社説明会があれば積極的に参加したり、企業研究や業界研究は徹底的に行いましょう。
また自分自身に関して、自己紹介、学生時代に頑張ったこと、長所短所など一般的な質問がされます。リクルーター面談は就活の初期に行われることが多く、回答の準備をしていない場合もありますのが、この機会に回答を準備しておきましょう。

3.事前に質問を用意する
質問は10~15個は用意しておきましょう。リクルーター面談は通常の面接よりも時間が長いので、質問が尽きてその企業に関心がないと思われないのが大事です。企業研究や業界研究で、疑問に思ったことは書き溜めておいて、入社したいという熱意が伝わるような質問を用意しましょう。どの企業に対しても使えるような質問よりも、その企業に特化した内容だと一味違う学生という印象を残すことができます。ホームページや求人情報を見ればわかる内容、待遇や福利厚生などの質問は、あまり良い印象を与えないので避けるようにしましょう。

なぜ企業はリクルーターを使うのか

通常の選考過程とは別に、企業がリクルーターを使う理由はどこにあるのでしょうか。
リクルーターと学生がフランクに話すことによって企業が得られるメリットは3点あります。

1.母集団形成
近年売り手市場が続いている新卒採用市場では、母集団を形成するのにさまざまな手法をとる必要があります。通常の選考フローとは別に、他社との差別化を図り母集団を増やすために行います。また面接とは違ったフランクな場だと学生の本音も見えやすくなるので、リクルーターが感じた評価を選考に取り入れて採用に繋げていくという意味もあります。

2.部門との相性診断
部門で活躍している若手社員が直接学生と面談をすることで、部門でなじめそうな学生かどうかを判断しています。入社前にある程度見極めることができると、離職率を下げることにもつなげることが可能です。

3.自社PR&学生の志望度UP
リクルーターは若手社員が担うことが多く、学生に比較的近い立場から自社のPRをすることが可能です。ここでの面談の内容次第で学生の志望度を高めることもできます。就職先を決めるまでには必ず他社比較をしていくので、いかにして自社の魅力を伝え、入社意欲を高めるかがポイントになります。