面接で聞かれる「学生と社会人の違いは?」に対応するために

面接でよく聞かれる質問のひとつに「学生と社会人の違いを述べてください」という質問があります。今はまだ学生で社会人のイメージがあまりないかもしれませんが、これから社会人になっていくうえで、その違いを知っておくことは就活をしていくのにも大事な要素になります。この機会に両者の違いを考えてみましょう。

自己PR 

2018.09.05

ざっくり言うと

  • 「学生と社会人の違い」この質問の意図とは
  • 質問の回答を予め文章でまとめておく
  • わからない人は例文を参考にしよう!

なぜこんなことを聞くのか?

そもそも面接の中で、「学生と社会人の違い」を聞くのはなぜなのでしょうか。面接では意味のない質問はしませんので、その質問をする意図は大きく3つあります。

1.社会人になる覚悟があるかの確認
いつまでも学生気分でいると社会出て通用する人間にはなれません。学生と社会人の違いを意識することで、社会人になるための覚悟ができているかどうかを面接官は読み取ろうとしています。ここで覚悟を示す必要があり、自分はこれから社会人としてやっていくのだという強い意志を伝えることが重要になります。

2.社会人のイメージを確かめる
学生がどのような社会人をイメージしているかによって、将来どんな社会人になろうとしているのかの確認をしています。このイメージによって社会人としてどのように会社で活躍していくつもりなのかを見て、自社に合う人材かどうかをチェックしています。

3.自分で責任を持てるかの確認
学生と社会人の大きな違いに責任の重さがあります。学生の間はまだまだ社会に守られているという要素が強いですが、社会人になると自分のことは自分で責任をとる必要があります。社会人になる前に責任をきちんととるという意識を持とうとしているかが面接では問われます。

「学生と社会人の違い」を文章にまとめる

学生と社会人の違いを面接で聞かれた際の回答を、いろいろと頭の中で考えていてもあまりはっきりしないときには、文章にしてみるのがおすすめです。まずは箇条書きで思いつくままに両社の違いを書いていきます。ある程度出尽くしたら、それを作文にしてまとめていきます。この一見手間に見える作業をすることで、より違いが明確になったり、新たな違いに気づいたりします。
面接できちんと回答できるようになるためには、文章にすることで自分自身がまずきちんと違いを理解することが重要です。頭の中で考えているだけですと、同じような考えがずっと頭に残りやすいので、違いを深く理解するのが難しくなってしまいます。
また文章化することで、視覚的に理解もしやすくなります。作文にしたものを読み上げることで、文章として成立しているかどうかの確認もできます。足りない部分をあとから追記したり、同じような内容はまとめたりすることもできるので、一度作文にしてみることをおすすめします。

【例文】学生と社会人の違いはこうだ!

最後に、面接で「学生と社会人の違いを述べてください」と言われた際の例文と解説を紹介します。

<例文1>
私は学生と社会人の違いは自立にあると考えています。
今私は両親から学費を出していただいて大学に通っています。それは本当にありがたいことで、両親のも感謝をしていますが、まだ自立をしていないと思います。アルバイトもして学費の足しにはしていますが、学費をすべて自分自身で払うことはできていません。ましてや日々の生活費や家賃などはすべて両親がまかなっています。
それが社会人になるということは、自分で働いて得たお金で生活をしていくということです。私は社会人になったら一人暮らしをしようと考えています。その理由は、本当の意味で自立するために、一人で生活できるようになりたいと考えたからです。私は社会人になっただけで自立するとは考えていません。いただいたお給料のなかで、家賃や生活費をやりくりして自分ひとりでも生活をしていくことができるのが自立だと考えています。
このような考え方から、学生ではまだ自立しきれていないと思うので、社会人になって仕事でもプライベートでも自立した人間になります。

もうひとつ例文を紹介します。

<例文2>
私は学生と社会人には立場の違いがあると考えています。
学生の場合は、授業料を支払うことで学校に通っています。つまりお金を払うことによってサービスを受けています。そしてお金を支払わなければサービスを受けることができません。
それに対して社会人の場合は、会社に勤めて給与をいただくという状態になります。その分それ相応の労働力という価値を提供する必要があり、自分が提供できる労働力によっていただくお金の価値が変わります。
このように学生は「お金を払って価値をもらう立場」、社会人は「お金をもらって価値を提供する立場」に分けられると思います。私が社会人になったら、より多くの価値を提供することで社会に貢献していきたいと考えています。それはお金をもらう立場として当然の責任だと思うので、その責務がきちんと果たせるように、常に成長を続けていく所存です。

これらの文章のポイントは、まず結論から述べられていることです。面接ではどんな質問に対しても、結論を優先して話すことが大事です。結論から入るとこの話しをするということが最初に相手に伝わるので、安心して話を聞くことができます。
また自分自身の実体験が盛り込まれているので、イメージがしやすくなります。そして最後は社会人になることの覚悟やこうしていきたいという自分の意見で締めくくられており、学生気分が抜けているとことも伝えることができています。
これで面接でこの質問をされても、上記の例文を参考に回答すればバッチリですね。

タグ

他のオススメ就活対策記事

もっと見る