リファラル採用ってなに!?就活生のメリット・デメリットをまとめてみた

世の中にはさまざまな採用手法があります。これまで海外の大手企業を中心に広がっていたリファラル採用が、日本でも注目され始めています。就活生にとってリファラル採用はどのような影響があるのかをまとめました。

面接対策 

2018.11.02

ざっくり言うと

  • リファラル採用のメリット・デメリットとは
  • 人材採用に積極的な会社ほどリファラル採用を重視
  • リファラル採用の鍵は大学のOB・OG

リファラル採用とは

そもそもリファラル採用とはどのような採用手法なのでしょうか。
リファラル採用とは、リファラルリクルーティング、社員紹介採用ともいわれるように、自社の社員に人材を紹介や推薦してもらう採用手法のことです。「リファラル(referral)」の語源は英語で、紹介・推薦という意味があります。要は社員の人脈を活用した採用手法です。
社員から直接自分の友人や知人を紹介してもらうため、求人広告を出したり人材紹介を活用するといった採用コストを抑えることが可能です。
また社員から自社の特徴や魅力、社内の雰囲気、風土などを、よく知っている友人や知人に伝えることができるので、その人にあった情報を効果的に伝えることができます。情報がきちんと伝わりやすいのでマッチング率もあがり、結果として離職率が低くなるのが利点になります。
類義語として「縁故採用」がありますが、推薦を前提としているリファラル採用とは少し違います。縁故採用は「コネ採用」ともいわれることがあるように、紹介者の親族、血縁関係者を中心に採用が行われます。そのため適正やスキルが不十分であっても、仕方なく採用するというケースもあり、マッチングとしては制度が低くなってしまう場合もあります。

リファラル採用のメリット・デメリットとは

では、リファラル採用を活用した場合のメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
【メリット】
1.選考フローが短くなる
ある程度身元がはっきりしていたり、事前にその人の情報を知ることができるため、必要最低限の選考フローですすめることができるため、従来の選考方法より短くすることが可能です。
2.採用コストの削減
社員からの推薦になるので、外部での求人掲載や紹介会社から採用した場合の紹介料を抑えることができます。
3.市場に出てこない人材との接触
これまでどこかの企業に所属しており採用市場に出てこなかった人たちと接触することが可能です。

【デメリット】
1.内定後に断りにくい
仮に内定が出た後に辞退したいとなった際に、友人や知人からの推薦であるため手前、内定を断りににくいです。
2.紹介者の認識不足によるミスマッチ
紹介者が推薦する人のことをよく知っていたらいいのですが、あまり良く知らないまま紹介してしまった場合、ミスマッチが起こる可能性があります。
3.同じような人が集まりやすくなる
類は友を呼ぶというように、友人知人を推薦した場合、同じような人が集まる傾向が高くなります。企業にはある程度の多様性が必要なのですが、似た人材ばかりになってしまいます。

リファラル採用が注目される理由とは

このようにメリットもデメリットもあるリファラル採用ですが、今なぜ日本では新しい採用手法として注目されているのでしょうか。
ここ最近採用が売り手市場な状況が続いていて、採用競争は激化する一方です。その中で各企業はあらゆる採用手法をとっています。求人広告はもちろん、合同説明会や面接会などに積極的に費用をかけています。しかし売り手市場が影響して、公募での募集では企業が十分だと思うほど、母集団を形成できなくなっています。応募者の数が足りないと、企業が求める人材を確保していくのが難しい状態になってしまいます。
また苦労して採用した人材も、いざ入社してみたら適性があわなかったり、入社前とのギャップが原因で早期退職に繋がり、人材の定着は大きな課題となっています。
そこで注目され始めたのが、自社の社員からの推薦による「リファラル採用」です。日本ではベンチャー企業を中心に広まってきています。信頼でき社員からの推薦であれば、適性も社員からの情報でわかりやすいですし、入社前とのギャップも社員がすすめることで軽減することができます。その結果定着もしやすくなります。採用コストも従来の採用手法からするとコストが削減できるので、今後はより広がりを見せていくでしょう。

リファラル採用で入社するには

最後に就活生がリファラル採用で入社するためにはどうしたらいいのかをお伝えします。
まずは大学のOB・OGなどを調べてみましょう。そこで自分が興味ある企業で働いている先輩がいないどうかをチェックします。もし該当する先輩がいたら、OB・OG訪問を行って、実際に働いている企業がどうなのかといった話を聞きます。ここで大事なのが、自分がその企業に推薦してもらえるようにアピールをすることです。一次面接と同じような感じかもしれません。OB・OGが自社に紹介して一緒に働きたいと思われるような人材である必要があります。ここの第一関門を突破できるかが大きな鍵になっています。
その他にも友人、知人のツテを使って、気になる企業で働いている人を紹介してもらうという方法もあります。しかし人脈が必要となってくるので人によっては厳しいかもしれません。
まずは自分の大学のOB・OGを当たってみてリファラル採用をしている企業に勤めている先輩を探してみましょう。そのうえで、自分の志望とマッチしたらリファラル採用に挑戦できます。そこでの面接に通過すれば入社することができます。
就活の新しい手法として考えてみるのもいいかもしれないですね。

タグ