トップ > 就活対策一覧 > 【コロナ対策/WEB選考】これさえ押さえておけばOK!事前設定ポイント10選

【コロナ対策/WEB選考】これさえ押さえておけばOK!事前設定ポイント10選

コロナの影響で外出規制が進むなか、本選考にWEBツールを使用する企業が急激に増えています。OBOGたちの経験談も少なく、不安要素になりやすい「WEB選考」。ひとりでも多くの学生たちが安心して自分のチカラを発揮できるよう、必要最低限押さえておきたいポイントを10点にまとめました。 少しの工夫と事前準備で、あなたの印象がぐっと変わります。

作成日:2020年04月03日  更新日:2020年04月04日

ざっくり言うと

  • WEB選考前に必ず設定しておくべきこと10選
  • 事前準備さえ抜かりなく行えば、問題なく進めることができる!

WEB選考前に設定しておくべきこと10選

コロナの影響で外出規制が進むなか、本選考においてWEB面接が課される機会が増えています。
本来の対面形式とは異なり、指定されたWEBツールへの理解と事前準備がとても重要になります。

WEB面接に挑むにあたり、一人でも多くの学生たちが安心して自分のチカラを発揮できるよう、必要最低限押さえておきたいポイントを【10点】にまとめました。

【1】出来る限りPCで接続する

スマホの場合、急な電話やメール・LINE系アプリのプッシュ通知により接続が切れやすい傾向にあります。PCで接続し、ネット接続を安定させることが望ましいでしょう。

PCを使用するメリットは他にも挙げられます。

①画面が大きくお互いの表情がわかりやすく安心できる
②企業人事よりスライド資料を共有された場合に大きな画面で閲覧できる
③画面が固定化される・ブレない

PCが手持ちにない場合は、最低限下記設定を行いましょう。

・スマホ用スタンドを事前に用意し、デバイスを固定化。(100円均一で購入可能です)
・iPhoneの場合は、ドライブモードに設定。(電話が来ても受付拒否することができます)
・LINEやメールなど(頻繁に通知が来やすいアプリ)は、設定よりポップアップ通知をOFFにしておく。

【2】ネット環境の確認

一口にWEB面談といっても、使用するサービスによって消費量は大きく変わるようです。
代表的なWEBツール別に、1時間接続した場合に消費するデータ通信量を調べてみました。

Skype:約2GB
googleハングアウト:約1.5GB
ZOOM:約200〜300MB
LINE:約300MB

(※使用デバイスや画質設定によって変動はありますので、あくまでの参考値として把握してください)

どのWEBツールを使用するかは、事前に企業側より連絡が入るはずです。
使用デバイスに通信ギガ制限がある場合は、消費見込みを事前に把握しておき、通信が一番安定化しやすいものを選択しましょう。

また、コワーキングスペースやカフェのWi-Fiを使用する場合は、使用時間によって自動的に通信解除となる場合がありますので、注意が必要です。

【3】印象の良さをアピール!部屋の明るさと背景を工夫

部屋の電気は極力明るくしておきましょう。

また、背景(壁)は白基調が望ましいです。印象が良くなります。
極力、家具や本棚などが映り込まない場所を選択することが望ましいですが、事前に片付けも忘れずに行っておきましょう。

【4】表情やカメラの角度・距離感を事前にチェック

画面に映り込むご自身の顔の大きさも確認しておきましょう。
できれば下記構成比だととても印象がよくなります。

【5】通常よりゆっくり・丁寧に話す

各デバイスに内蔵されているマイク機能は大きく改善されているとはいえ、対面と比較すればどうしても聞き取りづらくなります。
通常よりも急がずややゆっくりと、丁寧に話すことを意識しましょう。

可能であれば、マイク内蔵のイヤホンを使用することもおすすめです。
PC・スマホ内蔵マイクよりもご自身の声も拾いやすく、企業側も声も聞き取りやすくなります。

【6】アカウント登録情報を見直しておく

各社専用のWEB面接ソフトの導入を進めているケースは多いですが、一方で学生側の利便性を考慮し、SkypeやFacebook、LINEでの接続を指定するケースも多々あります。

その際に登録してあるプロフィール情報は予め確認しておきましょう。

・名前
企業側が把握しやすいように、本名で設定しておきましょう。

・プロフィール画像
「加工の強い画像」や「芸能人・アニメアイコン」は避けましょう。
ご自身の顔写真が望ましいですが、ない場合はサービス側で用意されたデフォルト画像を使用しておくことが無難でしょう。

【7】テレビ音量や音の出るものは消しておく

最近のマイクは些細な音も拾う高性能なものが多いです。
些細な音も雑音となったり、会話を遮るものとなります。極力静かな場所を用意し、挑みましょう。

・テレビやオーディオ機器は消す
・家族がいる場合…掃除機や音の出る機器の使用を控えていただくように事前に伝えておく
・雑音を拾わないよう、極力個室で対応する

【8】遅くとも約束時間の10分前には起動をしておく

余裕をもって、事前に指定のWEBツールにログインしておきましょう。
音量調整や画面への映り込みチェックもできますし、なにより「事前準備がしっかりしている」とい印象UPに繋がります。

【9】万が一通信が途切れた場合の連絡先を聞いておく

ある程度事前準備を徹底したとしても、やむを得ない事由で通信が途絶えることもあるでしょう。
万が一に備えて、WEB面談のはじめに通信が切れた場合の連絡先を事前に必ず伺っておきましょう。

【10】服装に手を抜かない

WEB・対面かかわらず、服装・メイク・髪型はきちんと整えましょう。
むしろ対面よりもWEBカメラによって表情や髪型ははっきり画面に出るので、身なりは丁寧にチェックしておくことが重要です。

事前準備はぬかりなく、内定を掴み取ろう

WEB選考の導入によって、家でも就活を進めることが叶い、通常よりも多くの企業へエントリー&選考機会を獲得できるようになりました。

対面選考とWEB選考はネット環境やWEBサービスへの理解こそ必要ではあるものの、それ以外は大きく変わるものではありません。

上記の10項目を押さえて、自分のチカラを最大限発揮できるようにしましょう。

人気セミナー