トップ > 就活対策一覧 > 留年生必見!!ポジティブシンキングで留年を強みに変えるポイント

留年生必見!!ポジティブシンキングで留年を強みに変えるポイント

実際に留年を経験した身である筆者が詳しく解説します!

業界・企業研究 面接対策

作成日:2015年05月14日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • 就活のネタを作るチャンス
  • 就活を終えた友達から実体験を聞ける
  • 面接で聞かれる質問を予測できる

今週開催のイベント

はじめに

「留年しちゃったけど就職活動に影響あるのかな…」

「友達は卒業旅行の話をしているけど
 自分はそのころ就活だしなぁ」

「はあ、来年もこの教授の
 授業とらなくちゃいけないのか…」

など、留年生に悩みは尽きないと思います。

かくゆうこの記事を執筆している私も
過去に留年という経験をしております。

私自身は、一浪で首都圏にあるとある国立大学に
入学して、サークルやアルバイトといった学外の
活動に注力した結果、本来取り組むべき学業が疎かに
なってしまい、3年の終わりに留年が決定し、
今年度も同じ学年を継続しております。

そこで疑問に感じた、世間一般には留年というものは
デメリットしかないと言われておりますが、
それは果たして正しいのかをまとめてみました。

①就活のネタをつくるチャンス

私自身も、3年の終わりに留年が
決定してから様々なことに挑戦しました。

例えば、設立3年のベンチャーで半年以上に及ぶ
長期インターンシップに参加し社会の荒波に揉まれ、
またある時はノリで関東から札幌まで
ヒッチハイクに挑戦しました。

留年する前はアルバイトとサークル活動しか
活動してこなかった私ですが、その頃と比べると、
かなり実りのある生活を送っています。


▼自己PRの方法もマスターしましょう!
自己PRの方法

②就活を終えた友達から実体験を聞ける

企業の選考情報に関してはそう毎年、毎年
変わるものではないので知っているか、
知らないのかではかなり差がでてきます。

先に就職活動を終えた友人の存在は大きく
話を聞けるのはかなり有意義です。

私の場合は、留年に加えて浪人もしていたので、
高校までの友人は既に社会人1年目として
バリバリ働いています。

そんな中で実際に1年目として働いてみて
どう思ったか等の本音の部分を、
同窓会といった一種のOB・OG訪問
で聞くように心がけております。

③面接で聞かれる質問を予測できる

これはわかりきったことかもしれないですが、
人事は何故留年したのかが当然気になるものです。

私も、サマーインターンの選考の面接の時に
色々と深堀りされた記憶があります。


学生「○○大学、○○○○です。
   本日はよろしくお願いします!」(着席する)
人事「○○君、こんにちは、ちょっと
   気になるんだけど、君はいつ留年したの?」
学生「はい実は…」

という風に開口一番まさかの留年に関する質問が
来るなど留年生が一番聞かれたくない質問が
きてしまい、上手く答えられずに
歯がゆい思いをしましたが、

その後の選考に備え自分なりに準備して望みました。
そのおかげでそれ以降は他の企業で聞かれても
動揺すること無く答えられるようになりました。


▼もちろん、王道の質問もマスターしましょう!
王道質問6選!面接対策

おわりに

今回は留年のメリットに焦点をあてて
書いてきましたが、いかがでしたか?

ポジティブに捉えてみると
意外とメリットもあるものです。

留年してしまった過去の事実は変えらませんが、
未来はあなたの行動次第
いくらでも変えることが出来ます。

皆さんの就職活動に有益な情報となれば幸いです。

人気セミナー