トップ > 就活対策一覧 > 【日東駒専向け】就活で失敗しないために、まずやること

【日東駒専向け】就活で失敗しないために、まずやること

初めまして、借金玉です。 みなさん就活をどう、お過ごしでしょうか。 コロナによる危機がきてますね。 この原稿が世に出る頃、コロナ禍がどうなっているのか想像も出来ませんが、きっとまだ社会は混乱の中にあるんじゃないかと思います。

志望動機 業界・企業研究 就活とは何か キャリアプラン

作成日:2020年05月25日  更新日:2020年06月02日

ざっくり言うと

  • 就活では自己分析こそが最も重要
  • 世間でいう「ブラック・ホワイト」より適正のマッチングがその後を決める
  • 自分の適性をしっかり把握してから就活のテクニックを手に入れよう

このタイミングで就活をすることになった学生諸氏は本当にしんどいことでしょう。

そんな時に「就活で、まずやること」なんてのんびりしたテーマのコラムを読むのは些か不愉快かもしれませんし、まして僕はこれから「自己分析こそが最も重要だ」という話をします。

「ふざけんなよおっさん」と感じたあなたの気持ちはよくわかる。
実は僕もリーマンショック直撃世代です。

あの頃の僕が「就活においては自己分析が最も重要だ」という文章を読んだら、やはりふざけんなという気持ちになったと思います。

しかし、それでも僕は言いたい。
就活において最も重要なものは、自己分析です。
 

就活で失敗したこと


さて、本題に入る前に僕の自己紹介を少ししたいと思います。
僕は借金玉と名乗って文章を書いて暮らしている人で、名前の通り2000万ほどの借金があります。

新卒で入った職場を辞めて数千万円の出資を搔き集めて起業し、見事に大失敗したため人生がこんなザマになってしまいました。
30歳を迎える年に経営していた会社を破綻させ、それからは不動産営業を経て現在の作家業をやっています。

今でも不動産の仕事はしますし、文章以外にもわりといろんなことをして暮らしています。
プレイボーイ誌でコラム連載をさせていただく傍ら、コーヒー屋さんと組んでコラボブレンドを売ったり、飲食店経営の経験を生かして某人気料理漫画家と誌上料理対決をしたりもしました。

それと、ADHDという障害を持っておりまして、社会生活があまり上手くありません。 そういう感じの本も書きました。

まぁ、そんな人です。

さて、そんな僕ですがファーストキャリアは金融業、それも営業ではなくバックオフィス寄りの業務でした。

金融事務というやつです。

大量の数字や書類を正確に捌いていく、非常に難度の高い専門職ですね。

そう、ADHDという障害についてご存知の方ならわかると思いますが、これは僕にとって全く適性のない仕事です。

ADHDというのは、集中力や注意力に大きな問題を抱える障害ですので、ミスの許されない細かい仕事を絶え間なく続ける職場に向くわけがありません。

実際、僕はなにひとつ仕事が出来ないまま心底使えないポンコツとして職場を去ることになりました。
 

就活でやることは自分を偽ることではない


ここで問題にしたいのはこういうことです。

就活で自分を偽ると入社後地獄を見る。

僕を採用したちょっと特殊な部類に入る職場は、ものすごく採用に力を入れているところでした。

具体的に言うと、面接は計6回あり、それぞれ平均して2時間以上はかかったと思います。

僕は夏採用というイレギュラーなのでやや短めですが、メインとなる採用の場合は8回以上の面接があると聞きました。

要するに、「適性のない奴は取らない」という強い気持ちのある組織です。

しかし、そんな組織がこれだけの手間とコストをかけて、僕を採用してしまったのです。



結論はこういうことになります。
就活で自分は偽れるし企業を騙せるのです。

志望する会社のカルチャーを読み取り、採用したい人物像を把握し、もちろん適性検査の回答はそれに合わせて対策した上で、面接という舞台で上手に踊ることが出来れば、自分に全く適性のない業種であっても内定を勝ち取ることは十二分に可能です。

これは、就活というのは非常にテクニカルなものであり、同時にひどく悪い表現をすれば非本質的な茶番だということです。



これを「クソ」と切り捨てるか「工夫のし甲斐があるじゃないか」と受け取るかは人それぞれでしょう。

それはともかく、僕は就活でやることの選択を間違えて自分を偽った結果、入社後に地獄をみました。

今思えば僕の適性は明らかに営業職にありました。

実際、その後僕は不動産営業を経て人生を立て直すことになるのですが、学生時代の僕は営業職=ブラックと決めつけていたのです。

僕が最初に就職した組織は、世間一般では極めてホワイトな職場だとされていました。

しかし、僕はその職場をクソミソになって退職しました。

そして、生まれて初めて「この仕事は楽だ」と感じたのは、世間からブラック職種の典型とされている不動産営業職だったのです。
適性というのは本当に恐ろしいものです。

 

まずやることは自分の適性を把握すること!


勉強も苦手じゃないし、どんな仕事でも人並みくらいには出来るだろう。

学生時代の僕にはそういった確信がありました。

ですから、僕は就活において自己分析なんて一つもやることリストに入れていませんでした。 むしろ、全力でやったのは企業分析の方です。

これは当然です、面接で「採用される人物」を演じるには企業を知る必要があります。 最初は上手くいかなくてもひたすら数をこなし、分析を続けるうちにそれは出来るようになりました。

大企業であればあるほど「採用方針」というものは明確に存在し、そこにピッタリ嵌る人間がやってくれば採用する他ないのです。

逆に、小規模なベンチャー企業などは採用の権限が非言語的な形で現場に投げられており採用方針が読みにくく、内定を取るのが難しかった覚えがあります。

僕は今年34歳になります。

この年齢になって気づいたことは、僕は「安定した職場」に存在してはいけない人間だということです。

というのも、僕には安定した生産性というものが全くないのです。
個人の性質としても、あるいは障害特性としても。

間違っても自分が事務職に就いてはいけない人だと僕は30歳を過ぎてやっと気づきました。

さて、世の中には実に様々な職業があります。
その中にはあなたの天職と呼べるものもあるかもしれないし、一方で僕にとっての金融事務のような「鬼門」もあるでしょう。

就活において、自分の適性をしっかり把握することが何より重要です。

即ち、自己分析が大事になるのです。


その上で、主体的選択として自分を偽り適性のない職場を狙うなら、それはそれで「アリ」です。


適性があることがやりたいこととは限りませんからね。

 

それなら就職した後「だめだった」となった時も、改めてまた別の道を探すことが出来るでしょう。
僕はそれが出来ず、「自分はとことんダメ人間だ」と考えてひどく回り道をしてしまいました。


「自分に勤め人なんてやれない、起業で一発逆転しかない」と考えて崖から落ちたおっさんの話です。

 

最後に就活のメッセージ


いかがでしたか?

僕は30歳を過ぎて、ふと就活生用の自己分析を色々やってみましたがやはり「学生の時にちゃんとやっておけばよかった」という気持ちになりました。

もちろん、愚にもつかないものもありますが、何冊か本を読んでやってみるとそれなりに適性というのは見えてくるところがあるのです。

最早就活生のみなさんからみて立派なおっさんである僕が、「自己分析をちゃんとやっておけばよかった」と後悔しているんだからザマありません。

こんな社会情勢です。

就活生のみなさんが焦る気持ちはよくわかります。
かつての僕も、いきなりリーマンショックが降ってきて本当に焦りました。

しかし、まずは自分自身を知るところから始めてみてください。
それでこそ、就職活動の「テクニカル」な部分も上手くやれます。

自分を偽るなら、自覚がある方が上手く行くに決まっている。

そういうことです。

まずは自分を知りましょう。

そして、上手いことやりましょう。
皆さんの成功を心より祈念しています。

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、
誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

・記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!
・無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

この記事を書いた人

1985年生まれ。診断はADHD(注意欠如・多動症)の発達障害者。
幼少期から社会適応ができず、紆余曲折を経て早稲田大学を卒業後、金融機関に就職。
まったく仕事ができず逃走した後、一発逆転を狙って起業。
一時は調子に乗るも大失敗し、借金玉となる。
現在は営業マンとして働きつつプレイボーイ誌連載など文筆業を中心に活動。
著書に『発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』。
ブログ:発達障害就労日誌